このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
野菜の鶏焼き汁びたし しょうがはちみつ味

今夜は野菜が主役!【野菜の鶏焼き汁びたし】しょうがはちみつ味の作り方

投稿者:金谷優美子(かなたにゆみこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

時計アイコン調理時間:40分

鉛筆アイコン 2022年3月20日

西洋料理には砂糖を使わない代わり、デザートはたっぷり甘いものを食べるのだという話を聞いたことのある方も多いだろう。確かに肉じゃが、照り焼き、煮豆など量の多少はあっても日本のお惣菜には砂糖が入っていることが多い。ごはんの「甘さ」と相性がいいからだろうか。今回はそんな巷間の言い伝えに素直に、優しい甘さの和風サラダを考えてみた。

  

材料

2人前

  • 鶏もも肉ぶつ切り 250g
  • 大さじ1/2
  • キウイ 1個
  • 塩コショウ 少々
  • しょうが 15g
  • はちみつ 大さじ1(21g)
  • 醤油 大さじ1
  • さやいんげん 50g
  • にんじん 100g

作り方

Step.1 鶏肉をキウイと共に漬け込み、合わせ調味料、野菜の下ごしらえをする

人参はさやいんげんと同じ太さ、長さに揃えて切る。
野菜は硬めに茹でておく。
鶏肉は酒をふりかけてからバットに入れ、上からキウイの薄切りを乗せる。キウイにはタンパク質分解酵素が含まれており、肉を柔らかくする効果がある(※1)。
鶏肉は冷蔵庫に入れて1時間、漬け込む。しょうがはみじん切りにし、はちみつ、醤油と合わせておく。

Step.2 鶏肉を焼く

鶏肉からキウイを外し、焼く直前に塩コショウする。
金属製の平皿にアルミ箔を敷いてから鶏肉を乗せる。アルミ箔に穴が開いていると焼き汁がこぼれるので注意。
魚焼きグリルを250℃に熱し、皮目にしっかり焦げ目が付くまで13~15分焼く。

Step.3 鶏の焼き汁とはちみつしょうが醤油を合わせ、野菜を和える

焼き上がった鶏肉は大きめの一口大に切る。平皿には焼き上がった鶏肉から出た焼き汁が溜まっているので、はちみつしょうが醤油と合わせる。
しょうがは穴あきスプーンですくいとり、別皿に移す。
大きなボウルに野菜、鶏肉を入れて合わせ調味料で軽く和える。

完成!

大皿に盛り、しょうがをところどころ散らしてできあがり。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー617kcal
  • たんぱく質45g
  • 脂質36g
  • 炭水化物32g
  • 食塩相当量3.8g
  • 食物繊維4g
  • 糖質28g
  • 更新日:

    2022年3月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧