このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ミルフィーユ豚丼

薄切り肉がブロック肉に大変身!食べ応え満点!ミルフィーユ豚丼の作り方

投稿者:金谷優美子(かなたにゆみこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

時計アイコン調理時間:60分

鉛筆アイコン 2022年4月26日

豚の肩ロース肉は適度に脂身もあり、美味しい部位だ。かたまり肉だと脂の塊をしつこく感じるときもあるが、薄切りだと赤身の部分に脂気が行き渡って肉全体を柔らかくしてくれる。大きなトレイに入って安く販売されていることも多い。とんかつ屋さんで女性に人気の「ミルフィーユかつ」ならぬ「ミルフィーユ豚丼」を考えてみた。

  

材料

2人前

  • 豚肩ロース薄切り 400g
  • 乾燥にんにく 2g
  • じゃがいも 2個
  • オリーブオイル 小さじ1/2
  • 粗びき黒こしょう 少々
  • 小さじ1
  • 青ねぎ 15~20cm
  • ごはん 1.5合
  • 【付け合わせ】
    白菜の浅漬け

    100g
  • 茹でたうずら卵 4個
  • ブロッコリー 小房4個
  • 【ソースの材料】

    大さじ3
  • 醤油 大さじ1
  • 砂糖 5g
  • 片栗粉 小さじ1
  • 100cc
  • 粉末中華スープ 小さじ1

作り方

Step.1 じゃがいもの下ごしらえをする。

じゃがいもは5mmの薄切りにし、600Wの電子レンジで3分加熱しておく。固茹でになったじゃがいも(の短い辺)を縦に半分に切る。ブロッコリーは同じく600Wで1分半程度加熱し、白菜の浅漬けは幅1cmの細さに切ってごま油少々(分量外)で炒めておく。
まな板にラップを敷き、写真のように薄切り肉を並べて横22cm×縦35cmのサイズにまとめる。肉は3枚だけ別に残しておく。 乾燥にんにく1g、粗びき黒こしょう、塩もここで全体にふりかける。

Step.2 じゃがいもを包み込んで巻いてゆく

肉の手前から3cm程度のところに、まずじゃがいもを一列並べて巻き込む。一回巻くごとにじゃがいもを並べ、次々と巻いてゆく。

Step.3 残り3枚の肉は縦に巻く

巻き上がってかたまりになった肉をラップの手前寄りに引き戻し、写真のように残しておいた肉3枚を縦に並べ、向こうに転がしながら全体を包む。ラップで肉全体を巻いて端をねじり、しばらくまな板の上で落ち着かせる。最終的な肉のサイズは幅22cm×厚さ5cm程度になる。

Step.4 肉をオーブンで焼く

肉からラップを外してアルミホイルを敷いた天板に乗せる。オリーブオイルを肉の上から点々とふりかけるが、肉にだけかけ、プレートに落とさないよう注意する(焦げるため)。乾燥にんにく1gを上からふり、230℃のオーブンで12分焼く。アルミホイルをかぶせてさらに10分焼く。そのまま余熱で5分間置き、肉に完全に火を通す。

Step.5 肉を切り、ソースを作る

酒、醤油、砂糖をフライパンに入れて煮立たせてから、肉を入れて30秒転がしすぐ取り出す。その後、水100ccに中華スープと片栗粉を溶き、フライパンに加えて煮詰める。肉は斜め切りで8等分しておく。

完成!

ごはんをボウルに盛り、肉と付け合わせを形よく盛り合わせる。青ねぎの斜め切りを天盛りにしてできあがり。付け合わせについては、今回は白菜の浅漬けのごま油炒め、茹でたブロッコリー、うずら卵のしょうゆ漬けを盛り合わせたが、各自お好みで工夫していただきたい。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー2055kcal
  • たんぱく質100g
  • 脂質86g
  • 炭水化物231g
  • 食塩相当量13g
  • 食物繊維19g
  • 糖質212g
  • 更新日:

    2022年4月26日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧