このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
春菊のアジアンサラダ ベーコン醤油ドレッシング

ナンプラーを使いこなす!春菊のアジアンサラダの作り方

投稿者:金谷優美子(かなたにゆみこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

時計アイコン調理時間:30分

鉛筆アイコン 2022年4月19日

スーパーでもよく見かけるようになったナンプラーやニョクマムといったエスニック調味料。つい買ってしまったけれど、使いこなせず冷蔵庫の隅に置いたまま、という方も多いのではないだろうか。これらは共に「魚醤」、原料は魚の汁であるため、しっかり火を通せば生臭さも和らいで使いやすくなる。今回は生姜をたっぷり使ったエスニックドレッシングに仕立ててみた。香り高い春菊と合わせることで個性的なサラダになった。

  

材料

2人前

  • 春菊 1わ
  • ベーコン 70g
  • 白ごま 大さじ1
  • 【ドレッシングの材料】
    ナンプラー
    大さじ3
  • 醤油 大さじ1
  • チューブ入りしょうが 小さじ2
  • リンゴ酢 大さじ1
  • 植物油 大さじ1
  • 白こしょう 少々

作り方

Step.1 春菊を洗って切る

春菊はよく洗って汚れた部分を手で取り除き、根を切り取る。柔らかい葉の部分は細かく切らず、大きなままざっくりと切る。軸の部分のみ4~5cm程度の長さに切り揃えておく。

Step.2 ベーコンを切って炒める

ベーコンは1cm角に切って冷たいままのフライパンに入れ、火をつけて中弱火で4~5分、こんがりと焼く。焼きあがったら小皿に取って冷ましておく。

Step.3 ナンプラーを煮詰める

小鍋にナンプラー、しょうが、醤油を加えて火にかける。強火にして煮立ったらそのまま20~30秒、写真のような状態で一気に煮詰める。火から下ろして冷ます。

Step.4 ドレッシングを仕上げ、春菊と和える

大きなボウルを用意し、STEP3で煮詰めたナンプラー大さじ2/3、リンゴ酢、植物油(米油など)、白こしょうを加えて泡立て器で乳化させ、ドレッシングを作る。ここに春菊を全部入れて和える。春菊の葉は柔らかいので、葉の形をつぶさないよう、ざっくりと和えること。

完成!

サラダボウルに春菊を移し、真ん中に焼いたベーコンを置いて完成。好みで白ごまを上からふりかける。
【 余ったナンプラーの活用方法 】
挽き肉を炒めてナンプラーで味付けし、火から下ろす際に細かく切ったバジルやパクチーを加える。熱いごはんに乗せるとおいしい。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー299kcal
  • たんぱく質19g
  • 脂質21g
  • 炭水化物12g
  • 食塩相当量7.4g
  • 食物繊維7g
  • 糖質6g
  • 更新日:

    2022年4月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧