このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ノンイーストのもちもち中華まん

特大サイズだから一つで大満足!ノンイーストのもちもち中華まんの作り方

投稿者:金谷優美子(かなたにゆみこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

時計アイコン調理時間:60分

鉛筆アイコン 2022年4月20日

冬になるとコンビニに中華まんやあんまんが並び、会社員がおやつに買い求める姿は、もはや風物詩。しかし1個ではちょっと足りないなという方も多いだろう。自宅で作ればビッグサイズのものも自由自在。グルテンの多い強力粉や製パン用イーストを使わず、薄力粉とベーキングパウダーで美味しい生地になる。生地を寝かせる時間も必要ないので、ぜひ一度試してみてほしい。

  

材料

1人前

  • 茹でたうずら卵 1個
  • 白菜の葉 中1枚
  • クッキングペーパー 10cm角
  • 【生地の材料】
    薄力粉

    40g
  • 中力粉 20g
  • 米粉 10g
  • 砂糖 7g
  • ベーキングパウダー 3g
  • 36cc~40cc
  • 【あんの材料】
    鶏ひき肉

    120g
  • 青ねぎ 15g
  • ニュートリショナルイースト 小さじ1
  • ごま油 小さじ1/2
  • 塩こうじ 10g
  • しょうゆ 小さじ2

作り方

Step.1 あんを作り、白菜を下ごしらえする

あんの材料をすべてボウルに入れ、粘りが出るまでよく混ぜる。白菜は葉の元の部分から10cmくらいまで、縦に浅く切り込みを入れてから600Wの電子レンジで1分半加熱する。冷めないように保温しておく。

Step.2 生地をこねる

3種類の粉は、全部合わせてふるっておく。まな板の上に粉を土俵形に置き、中央に砂糖を入れて水を加える。水と粉がざっと混ざった段階でベーキングパウダーをふり入れる。2〜3分、全体をよくこねてからめん棒で楕円形に伸ばし、縦に2本の浅い切り目を入れてくるくると巻く。生地を90度回し、また楕円形に伸ばして2本の切り目を入れて巻く。これをもう一度、計3回繰り返す。

Step.3 生地を伸ばす

生地を一つの丸いかたまりにまとめ、めん棒で真ん中から外に向かって真円形に伸ばす。写真の状態は直径15〜16cmだが、もう一回り大きく18〜20cmまで伸ばす。生地の薄さは2mm程度。

Step.4 あんとうずら卵を白菜で包む

写真のように白菜の上にあん、うずら卵を乗せる。

Step.5 生地で包める大きさにしっかり白菜を巻いて整え、生地で包む

写真のように白菜を丸くまとめる。左の手の平に生地を取り、中央に白菜を置いたら、右手でひだを作りながら包んでゆく。

完成!

クッキングペーパーを敷いた上に中華まんを乗せ、湯気の上がっている蒸し器に入れて20〜25分蒸す。取り分けておいた青ねぎのみじん切りを天盛りにしてできあがり。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー584kcal
  • たんぱく質33g
  • 脂質19g
  • 炭水化物74g
  • 食塩相当量3g
  • 食物繊維4g
  • 糖質70g
  • 更新日:

    2022年4月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧