このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
黒オリーブのチーズタルト

とろけるチーズと好相性!黒オリーブのチーズタルトの作り方

投稿者:金谷優美子(かなたにゆみこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

時計アイコン調理時間:90分

鉛筆アイコン 2022年5月 2日

しゃれた輸入食品の並ぶお店は店内を歩いているだけで楽しい。使いこなせるかどうか分からないけど、つい買ってしまった、という食材も各家庭に多々あるのではないだろうか。オリーブのびん詰めもその一つかもしれない。日本人にとって美味しいのか美味しくないのか、でもお店の棚からなくならない不思議な食材だ。チーズと好相性なので今回、一気に消費できるレシピを考えてみた。

  

材料

13㎝型1個分

  • 【タルト生地】
    薄力粉

    90g
  • バター 25g
  • 砂糖 8g
  • ひとつまみ
  • 冷水 大さじ2.5
  • 【チーズフィリング】
    黒オリーブ

    15個
  • 飾り用黒オリーブ 8個
  • 米粉 大さじ1/2
  • モッツアレラチーズ 30g
  • ピザ用シュレッドチーズ 80g
  • ベビーチーズ 30g
  • 溶き卵 1個分
  • 醤油 小さじ1/4
  • 黒コショウ 少々
  • オリーブオイル 少々

作り方

Step.1 タルト台を練り、型に入れて軽く焼く

薄力粉、塩、砂糖は混ぜ合わせておく。大きめのボウルに入れて有塩バターを加え、粉がポロポロになるまで手早く混ぜ合わせる。水を少しずつ加えて大きくまとまるまで少し練り、丸くまとめてラップをかけ、冷蔵庫で30分程度寝かせる。タルト生地はタルト型よりふた回り大きく真円状にめん棒で伸ばす。型に敷き込んだらはみ出した部分は切り捨てず、内側に巻き込むようにする。ヘラでSTEP2の写真のような格子模様をつけ、底にフォークで穴を開けたら200℃に予熱しておいたオーブンで12分焼く。

Step.2 そのほかの材料を下ごしらえする

オリーブは1個を縦2つ、横2つに切り、米粉をまぶしておく。飾り用はそのまま。チーズを下ごしらえする。モッツァレラチーズは小さくちぎり、ベビーチーズは1cm角に切る。溶けるチーズであれば、配合を好みでアレンジしてもよい。卵は溶いておき、好みで醤油を加える。

Step.3 タルト台にフィリングを入れる

写真のように、シュレッドチーズ以外のすべてのフィリング材料をタルト台に盛り込む。 黒コショウをひいてふりかける。

Step.4 オーブンで焼き上げる

フィリングを入れたら最後にシュレッドチーズ、飾り用オリーブを写真のように置く。飾り用オリーブの上にオリーブオイル少々を回しかけ、190℃に余熱しておいたオーブンで20~21分、200℃に温度を上げてさらに4~5分、こんがりと焼き目がつくまで焼く。

完成!

焼きあがったらチーズが冷めないうちに、すぐに食卓に出す。冷蔵庫で2~3日はもつので、電子レンジで加熱できる場所があればお昼のお弁当にもよい。ピクルスなどを添えて。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー1142kcal
  • たんぱく質47g
  • 脂質71g
  • 炭水化物85g
  • 食塩相当量6.4g
  • 食物繊維5g
  • 糖質30g
  • 更新日:

    2022年5月 2日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧