このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

マスクの口臭の原因は?生臭いニオイを防止する方法【口臭予防も】

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月11日

マスクについた自分の口臭を不快に思う方は多い。その臭いで、もしかしたら自分は口臭がきついのでは?と不安になる方もいるのではないだろうか。仕事で日常的にマスクをする生活を送っている方は、少しでも臭いを軽減したいと思うはずだ。快適にマスクを使用するために、マスクにつく口臭を防止する方法や口臭を軽減する方法についてご紹介しよう。

1. マスクにつく生臭い口臭の原因は?

マスクが原因で口が臭くなる

マスクをすると口や鼻周りに呼気が充満し、湿度が上昇する。湿気を好む細菌は口腔内で繁殖し、生臭い口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物を発生させてしまう。この臭い物質がつくことで、生臭いマスクなってしまうのだ。

それぞれの体質やライフスタイルによって、口腔内細菌の種類や数は異なる。それによって口臭の強さや生臭さにも差が生まれてしまうのだ。マスクに生臭い臭いがない人や、口臭がない日があるのは、そのときどきの体調の違いによるものだと覚えておこう。

2. 自分のマスクにつく口臭を防止する方法

それでは、気になるマスクにつく口臭対策として、お役立ちグッズや防止方法をご紹介しよう。効果はそれぞれの口腔環境によって異なるので、まずは試してみるのが一番だ。

消臭マスクを使う

消臭剤や消臭効果のある活性炭が配合されたマスクが存在する。数社から販売されているので、自分に合ったマスクを選ぼう。

香りつきマスクでカモフラージュ

香りつきのマスクで、マスクの口臭をカモフラージュするという手もある。不快な臭いを防止し、よい香りを楽しめるのが魅力だ。

マスクをこまめに交換する

唾液が付着したマスクは口臭菌の温床なので、マスクをこまめに交換しよう。マスクを清潔に保つことで、根本からマスクの口臭を防止できるはずだ。

3. マスクをつけても口臭は周りに漏れるの?

ここからはマスクによって、食べ物などが原因の口臭を周囲に漂わなくさせることができるかについて紹介する。既に経験している人もいるかもしれないが、他人のマスクから漏れる口臭を不快に感じている人は少なくない。実は人間には、誰にでもある臭いである生理的口臭を許容できる距離と言うものがあり、その距離は30cm〜50cmと言われている。

つまり相手から30cm以内の距離にいる場合、マスクをしていても相手を口臭で不快にさせる可能性があるのだ。逆を言うと、50cm以上離れた場所にいれば、普通に会話したりする程度では口臭は伝わらない。ただし、この距離は風向きや口臭のきつさによっても左右されるので、必ずしも50cm離れたから安心だとは言えない。

4. 口臭を予防してマスクや息を快適に保とう

マスクから漏れるほどきつい口臭は、きちんと予防する必要がある。相手に不快感を与えてしまうので、こまめにケアしマスクへの悪臭付着や口臭を防ごう。

薬用マウスウォッシュを使う

市販のマウスウォッシュをこまめに使い、口臭を予防しよう。数社から販売されているので、自分が気に入ったものを選ぶといいだろう。携帯用を持ち歩きトイレのたびに使用すれば、口臭を手軽に防げるはずだ。

口臭外来を利用する

相手に気付かれるほど口臭がきつい場合は、口臭外来を利用するのも方法のひとつである。また、胃の疾患が疑われる場合、独特の口臭がする。口臭の原因を正確に測定し、専門家の診断によって的確な予防や改善方法を導き出してもらおう。自分の口臭の原因がわからない場合、一度相談するのもおすすめだ。

結論

マスクの口臭は、マスクを清潔に保つことで防ぐことが可能だ。消臭マスクの利用や、こまめに取り替えるなど工夫して快適に維持しよう。マスクから漏れてしまうほどの口臭は、マウスウォッシュでこまめにケアしたり、口臭外来を利用したりすることをおすすめしたい。きちんと口臭をケアして、快適にマスクを使おう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ