このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

シャンプーが泡立たない!と悩んでない?原因と対策を紹介

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月12日

シャンプーが急に泡立たなくなった、そんな経験はないだろうか。シャンプーが泡立たない理由はいくつかあり、対策もさまざまある。そこで、シャンプーが泡立たないと悩みを抱えている人に、原因や対策を解説していく。

1. シャンプーが泡立たない理由とは?

シャンプーが泡立たない理由はいくつか考えられる。

●お風呂に入ってない
●整髪料を大量につけている
●シャンプーの量が足りない
●予洗いが足りない
●泡立たないシャンプーを使っている

シャンプーは油(脂)が多いと泡立ちにくくなるので、何日かお風呂に入っていなければ皮脂がたまり、泡立ちにくくなる。整髪料も油分が多いので、シャンプーが泡立たない理由になる。ほかにも、使用するシャンプーの量が少なければ泡立ちが悪くなることも考えられる。

また、シャンプーによって元々泡立ちにくいタイプのものもある。シャンプーを変えたら急に泡立たなくなったのであれば、シャンプー自体に原因があることも考えられるだろう。これらの理由が当てはまらないのに泡立たないときは、予洗いが足りていない可能性もある。

予洗いで皮脂や汚れが落ちていない、シャンプー、水、空気のバランスがとれていない、といった場合もシャンプーが泡立たない要因にもなるのだ。

2. シャンプーが泡立たないことに髪質は関係している?

髪質が原因でシャンプーが泡立たない場合もある。髪質が固い人は髪に水分が含みにくく、水を弾きやすいことから、シャンプーが泡立ちにくくなる。またシャンプーが泡立たない理由は髪質以外にも、頭皮が影響している場合もある。

頭皮が汚れているとシャンプーが泡立たない?

頭皮は汗をかいたり乾燥しやすい季節になると、皮脂量が増える。皮脂が汚れと混ざり合うと皮脂汚れとなり、シャンプーが泡立たない原因にもなる。それを防ぐためには、お風呂の前に髪をとかし汚れを落とすとよい。

3. 急にシャンプーが泡立たなくなることってある?

シャンプーも変えず普段通りに洗っているのに、急に泡立たなくなった、という場合は髪の状況が影響していることも考えられる。

髪が傷んでいるとシャンプーが泡立たない?

髪の長い女性が気になるのが、髪のダメージだろう。髪は傷んでいるとシャンプーが泡立ちにくくなる。ヘアカラーやパーマ後急に泡立たなくなったのであれば、髪のダメージが影響している可能性が高い。

髪が傷むとキューティクルが開き、水を吸収しやすくなる。するとシャンプーに水分量が行き届かなくなり、泡立ちにくくなるのだ。

薄毛が原因の場合

シャンプーは髪の量が少なくなると、泡立たない原因にもなる。急にシャンプーが泡立たなくなったら、髪の量が減っていないかチェックすることも大事だ。薄毛が気になる場合は、手でシャンプーをよく泡立ててから髪を洗うとよい。

4. シャンプーは二度洗いするとどうなる?

シャンプーが泡立たないとき、髪や頭皮が汚れていると思い二度洗いする人がいる。しかし、二度洗いにはメリットだけではなく、デメリットも存在する。

二度洗いのメリット

汚れをしっかり落とし整髪料のトラブルを防ぐなど、二度洗いにはメリットがある。また頭皮汚れでシャンプーが泡立たない場合、毛詰まりや、頭皮のにおいの原因になることもあるのだが、それも二度洗いすることで改善につながる。ほかにも、ワックスなどの整髪料が原因でシャンプーが泡立たないときは、二度洗いすることで対処できるかもしれない。

二度洗いのデメリット

二度洗いをすると、シャンプーの洗い残しが起こりやすく、頭皮も乾燥する。また強いシャンプーだと頭皮トラブルが起こる、などのデメリットもある。二度洗いすることでシャンプーの使用量が増えるため、洗い残しにつながるのだ。洗い残しは頭皮トラブルの元なので、しっかりすすぐこと。さらに、二度洗いすることで頭皮に皮脂が足りなくなり、頭皮の乾燥を引き起こすこともあるようだ。特に洗浄力の強いシャンプーは、頭皮のトラブルを引き起こす可能性が高い。

結論

シャンプーが泡立たないのは、髪質や頭皮の汚れ、整髪料の付けすぎなど、いくつかの理由が考えられる。原因を知ることで、正しい対処法が可能だ。髪の健康を守る毎日のシャンプーは、頭皮のトラブルを防ぐためにも注意点を守るよう心がけよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ