このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ゴアテックスの靴の手入れ方法と、手入れに必要な道具とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月 8日

近年人気を集めている素材のゴアテックス。ウェアに使用されている印象が強いが、ゴアテックス素材の靴も多く販売されている。ゴアテックスは撥水性や耐久性が高く、正しい手入れをすることで長く愛用することが可能だが、ゴアテックスの手入れ方法を知らない人も少なくない。そこで今回は、ゴアテックスの靴の正しい手入れ方法を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ゴアテックスの靴の手入れに必要な道具

まずはゴアテックスの靴の手入れをするために必要な道具をみていこう。正しい手入れをするためには適切なケアアイテムを揃えることが重要だ。
  • 靴用クリーナー
  • ブラシ
  • 防水スプレー
  • タオル
まずは上記の道具を用意しよう。靴用クリーナーについては、ゴアテックス専用の商品が販売されている。ブラシは、靴のアッパー部分を傷付けないように柔らかいシューズブラシを使うのが好ましく、靴底はたわしでもよい。また、防水スプレーは、防水性に加えて撥水性のある商品がおすすめで、ゴアテックスの撥水性を保持してくれる。タオルはクリーナーを拭き取る際に使用しよう。

2. ゴアテックスの靴の手入れ方法

ゴアテックスの靴を手入れする手順を紹介しよう。

ホコリや汚れを落とす

まずは靴紐を外してからブラシでホコリを落とし、ゴアテックス専用のクリーナーを付けて汚れを浮かそう。細かい汚れが多く付着している場合も多いため、丁寧に作業することが大切だ。汚れはアッパーや靴底など色々な場所にみられるため、さまざまな角度から細かく確認をしよう。

ゴアテックスの靴は金具付きのものが多く、金具付近には汚れが溜まりやすいため、入念にブラッシングなどを行おう。ホコリや汚れを落としたら水で十分にすすぎ、タオルで優しく拭いてあげよう。

防水スプレーを吹きかける

乾かして綺麗になったゴアテックスの靴に防水スプレーを吹きかけよう。ゴアテックスは撥水性が魅力の素材であるため、防水性だけでなく撥水性能も維持できるスプレーがおすすめだ。必要であれば靴の内部に除菌消臭剤を使用してもよい。撥水性能ありの防水スプレーを使うと、水だけでなく汚れも弾きやすくするため、より美しい状態を保つことができる。

3. ビジネスに使えるゴアテックスの革靴と手入れ方法

ゴアテックスの靴は登山などアウトドアシューズのイメージがあるが、最近ではファッションシューズやビジネス用の革靴にも採用されている。撥水性がよく雨の日でも問題なく使用できることから、ビジネスマンに好評だ。革靴は通気性が悪く蒸れてしまうことが難点であるが、ゴアテックスは通気性のよい防水透湿性素材なため蒸れにくく、雨の日だけでなく夏でも活用できることが高く評価されている。

注意点として、革靴は靴底のみを交換して長く愛用することが可能だが、ゴアテックスの革靴は靴底の交換が不可となる商品もあるので、普段からの手入れが重要となる。手入れ方法はいたって簡単なので、ここからはゴアテックスを使用した革靴の手入れ方法を紹介していこう。

ブラシで磨く

革をブラシで磨く。汚れなどを落とすと同時に付着したホコリも除去しよう。革を傷つけないよう柔らかい素材を使うのが好ましい。

クリームを塗る

ブラシで磨いたら革にクリームを塗り、潤いを与えよう。革靴専用のクリームが販売されているので、それを使用することで綺麗で自然な光沢がでる。革靴表面の傷にクリームが浸透して補色もしてくれるので、ビジネスシーンで重要になる見た目の清潔感も増す。

グローブクロスで拭く

グローブクロスは、手にはめて使用する革靴磨きの道具である。革を優しく磨いてツヤを生むためのもので、仕上げ作業には必須のアイテムだ。最後に撥水スプレーを吹きかけて完了となる。

ゴアテックス生地は革靴の内側に使用されているため、手入れ方法は通常の革靴とほとんど同じだ。ビジネスシーンでは、靴の手入れはクライアントや上司などからの評価にも関わることもあるため、こまめに手入れすることをおすすめする。

結論

ゴアテックスの靴は、素材のメリットを活かすためにも日々の手入れが大切である。手入れの方法も誰でも簡単に実践できるものなので、手順や必要な道具を把握して、ゴアテックスの性能を落とさないように、汚れが目立つ前に意識して手入れをしよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ