このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

コンタクト初めてガイド!注意点や装着法、お手入れ方法をチェック

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月21日

明るく自然な視界が得られる、邪魔にならないなどメリットが多いコンタクト。メガネから乗り換えようと思ってるけれど、痛みがあるのでは?選び方がわからないなど、不安も多いはずだ。そこで今回は、コンタクトを初めて使う方に向けて、購入する際の流れや注意点について解説。装着方法やお手入れ方法についても紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コンタクトを初めて買うときは眼科医による処方箋が必要

コンタクトを初めて購入する場合、眼科を受診してきちんと検査をした上で、処方箋の処方を受けなくてはならない。眼科での大まかな流れは以下の通りだ。

1.まず初めに問診を受ける。目の状態やコンタクトを利用したい理由などを聞かれるはずだ。
2.続いて眼の検査を行う。視力検査を行ったり、目の健康状態を診察したりして、コンタクトを身につけて問題ないかを眼科医が確認する。
3.コンタクトを試着し、自分に合った度数のものを見つける。
4.コンタクトの装着の仕方や外し方、使用上の注意点やお手入れ方法などについて指導を受ける。

一般的に受診にかかる時間は30分から1時間ほどだ。

2. コンタクトの装着法

コンタクトはソフトコンタクトとハードコンタクトに大きく分けることができる。それぞれに特徴があり、取り扱い方も異なる。ここでは装着法について解説しよう。

ソフトコンタクトの装着法

1.はじめにコンタクトの表裏を確認する。端に丸みがあるのがおもてで、反り返ったようになっているのが裏だ。
2.利き手の人差し指の先にコンタクトをのせる。指が湿っていると装着しづらいので、乾拭きしてから行うのがおすすめ。
3.コンタクトにゴミが付着していないか、傷がついていないかをチェックする。
4.利き手でないほうの人差し指で上まぶたを、コンタクトを持っている手の中指で下まぶたをそれぞれひっぱりながら目を大きく開く。
5.コンタクトをゆっくり目に入れる。
6.コンタクトが目に入ったら、やさしく目を閉じて違和感がないかチェックする。

ハードコンタクトの装着法

1.ケースから出したコンタクトに洗浄液などをつけて軽くこすり、水でよくすすぐ。
2.コンタクトを利き手の人差し指の先にコンタクトをのせる。
3.利き手でないほうの人差し指で上まぶたを、コンタクトを持っている手の中指で下まぶたをそれぞれひっぱりながら目を大きく開く。
4.鏡を見ながらコンタクトを黒目にやさしくのせて、ゆっくり目を閉じる。
5.コンタクトがきちんと黒目にのったかどうか確認。もし違和感があればいったん外して水ですすいでからもう一度入れる。

3. コンタクトのお手入れ方法

コンタクトを使用するといろんな汚れが付着してしまう。汚れを放置したまま使用するとコンタクトが見えにくくなったり、つけ心地が悪くなったりするだけでなく、目にダメージを与えてしまうこともある。適切なお手入れ方法でのメンテナンスが欠かせない。ソフトコンタクトとハードコンタクトそれぞれのお手入れ方法は以下の通り。

ソフトコンタクトのお手入れ方法

1.初めに石けんを使って手を洗い清潔な状態にする。
2.コンタクトにMPS(コンタクトの洗浄や消毒を行うための消毒液)を勢いよくかけてすすぐ。
3.コンタクトを装着したら、コンタクトケース内のMPSを廃棄し流水を使ってよく洗う。
4.清潔なティッシュペーパーなどの上にキャップを外した状態でケースをおいて乾燥させる。

ハードコンタクトのお手入れ方法

1.コンタクトの前面を下に向けて手のひらにのせる。
2.洗浄液を少量たらす。
3.手のひらのうえで人差し指を使って30回ほどコンタクトをこする。中央だけでなく周辺もよく洗う。
4.人差し指の腹を使ってコンタクトの内側の汚れをかき出すように洗う。
5.コンタクトを水ですすぐ。

結論

コンタクトを初めて使う場合は、まず眼科を受診しなくてはならない。正しい装着法やお手入れ方法をきちんと習得すれば、痛みを感じることはないし事故も起こりにくくなる。メガネから乗り換えようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ