このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【オーダースーツの選び方】種類やポイントは?相場はいくら?!!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月21日

男性にとってスーツは単なる衣類ではなく、魅力を倍増させる武器にもなる。実際「男はスーツで3割増し」という言葉もあるほど、スーツの着方次第で印象は大きく異なるものだ。安さや見た目だけでスーツを選んでいる人も少なくないが、オーダーで作られた特別なスーツを1着持っておくと、いざという時に役立つだろう。そこで、オーダーの仕方や失敗しないためのポイント、そして気になる相場について紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. オーダーの仕方は3種類!希望に合わせたスーツ作り

同じ身長でもなで肩やいかり肩、腕の長さ、ウエスト周りは人それぞれ違う。そのため既製品のスーツではしっくりくるものがなかったり、多少妥協している部分があったりするかもしれない。そこでおすすめなのがオーダースーツだ。

オーダースーツは「価格」「納期」「補正範囲」をポイントに、仕立て方法が3種類に分けられる。素材も選べるので、着心地のよさを追求したい人にもおすすめだ。

パターンオーダー

既成の型紙を元に作るパターンオーダーは、1着2~5万円ほどとオーダースーツの中でもリーズナブルだ。

パターンオーダーは「ゲージ服」と呼ばれるスーツサンプルを試着し、採寸したサイズに合わせてスーツを仕立てる。補正できる範囲は袖丈、着丈、ウエスト、裾丈の4つのみでほかのオーダーに比べると選べるデザインは限られる。そのため、細部までカスタマイズしたい人にとっては物足りなさを感じてしまいがちだ。しかし実際に試着しながら調整するので、パターンオーダーでも体型に合ったスーツを作ることはできるし、既製品とは違った特別感もある。初めてオーダースーツを作る人におすすめだ。

イージーオーダー

体型にもっとも近い既成スーツの型紙にサイズ調整を加え、型紙から作るイージーオーダーは、パターンオーダーよりも細かいところまで体型補正が可能だ。着丈、袖丈、腰周り、裾丈、全体の横幅の微調整もできるので、なで肩やいかり肩などの変更にも対応できる。

ちなみにイージーオーダーにはパターンオーダーに近いものから、フルオーダーに近いものまで種類豊富にある。基準としては型紙の制約が多いか少ないかになるが、どのイージーオーダーを選ぶかによって仕上がりの精度も予算も大きく異なる。

フルオーダー

3種類のオーダーの中でも制作の自由度がもっとも高いフルオーダーは、細部にわたってカスタマイズが可能だ。

テーラーと呼ばれる紳士服の専門家が採寸し、手作業でオリジナルの型紙を作りスーツを仕立てるので、まさに世界で1着しかないスーツを作ることができる。調整する範囲に制限はなく、納得できるまでサイズ調整が可能だが、すべての工程が手作業なので納期は1ヵ月以上と長く、予算も20万円を超すことが多い。

2. オーダースーツで失敗しないためのポイント

オーダースーツを作るなら満足できる仕上がりにしたいものだ。しかし、時に失敗してしまうケースもあるので、仕立てる前にポイントを押さえておこう。

こだわるべきポイントはさまざまあり、どこを重視するかは人によって違うもの。オーダースーツでの失敗を防ぐことを前提に考えるなら、まずは目的を明確にして予算を立てておくことが重要だ。たとえば目的ではビジネスシーンで着用するにしても夏用なのか、それとも冬用なのか、そして頻度はどのくらいなのかによって適している素材は異なる。

また予算に関しても、下は2万円代とリーズナブルなものから20万円以上する高価なものまで幅広い。事前に予算を立てておくことで、オーバーするのを防ぎ、賢い買い物ができる。分からないことなどはテーラーに直接聞き、納得した形でオーダーするとよい。目的と予算、この2つのポイントを押さえておけばほぼ失敗することはないだろう。

3. オーダースーツの相場は?いくらが基準になる?

スーツの料金はオーダーの仕方や生地、ボタンの数、種類によって決まるので、オーダースーツの相場の幅は広い。とくにオーダー方法と生地は料金に差が付きやすく、予算を立てる時にも基準になりやすい。

オーダー別に見ると相場はそれぞれ、パターンオーダーが2~5万円、イージーオーダーが5~20万円、フルオーダーに至っては20~100万円以上する。さらに生地別の相場は、スーツの定番であるウールとポリエステルの混紡は3万円前後、国産ウール100%やシルク素材、ストレッチ素材は5万円前後、そしてイギリスやイタリア製の高級インポート生地は7万円からとなっている。

こだわりたい人は100万円を超すこともあるオーダースーツだが、自分の体型に合うスーツであればよいと考える人にとっては既製品と変わらない値段で購入できる。相場は予算を立てる際に役立つので、覚えておくとよい。

結論

一言でオーダースーツといっても、オーダーの仕方によって調整できる範囲や料金は異なる。初心者はまずオーダースーツがどういうものなのか、既製品スーツとどれほど違うのかを確かめる意味も含め、リーズナブルなパターンオーダーもしくはイージーオーダーがおすすめだ。納期と予算に余裕があれば、フルオーダーも検討してみよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ