このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ノンシリコンシャンプーはなぜ人気?従来のシャンプーとの違いを解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月24日

ノンシリコンシャンプーという言葉を聞いたことがあるだろうか。「ノン」と付いていることから、余計なものが入っていなくて髪によさそうという印象を持っている人もいるだろう。ノンシリコンとは何か、どんな効果があるか、そして従来のシャンプーとの違いは何かを知れば、選択の幅が広がりヘアケアにおおいに活かせるはずだ。今回は、ノンシリコンシャンプーの人気の理由を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーの違いとは

シリコンとは何かをまず解説しよう。

シリコンとは

シャンプーにおけるシリコンは、ケイ素を含む化合物を配合したコーティング剤だ。シャンプーの成分表示に「ジメチコン」と書いてあればシリコンシャンプーということである。

ジメチコンは質感をよくするために使われる。滑りや伸びがよく、シャンプーだけではなくファンデーションのような化粧品や、洗濯に使用する柔軟剤にも含まれている。シリコンを原料とする身近なアイテムではキッチン用のシリコンスチーマーが有名だ。シリコンが生活に密着していることがお分かりいただけるだろう。

シャンプーにおけるシリコン

シリコン配合とノンシリコンでは、どのような違いがあるのだろうか。具体的には次のような違いが挙げられる。
  • 泡立ちがよい
  • 髪にツヤを出す
  • 髪がまとまりやすくなる
このように、シャンプーの使い心地や髪の扱いやすさに差がある。ノンシリコンも使った経験がある人はその違いを実感しているだろう。

ではメリットの多いシリコンシャンプーではなく、ノンシリコンシャンプーに人気が集まっているのはなぜだろうか。

2. ノンシリコンシャンプーの効果に期待

ノンシリコンシャンプーはシリコンを含まないため、髪の見た目を重視する際にはおすすめできない。しかし、髪ツヤや指通り、まとめやすさよりも、ノンシリコンで得られるメリットに期待が高まっている。その効果を紹介しよう。

パーマやカラーが長持ちする

シリコンシャンプーのコーティング効果は髪を保護する反面、パーマやカラーの薬剤が髪に浸透するのを妨げてしまう。一方のノンシリコンシャンプーは髪に壁を作らないため、薬剤の効果をしっかりと行き渡らせることができる。

髪が軽やかになる

シリコンによるコーティングがない分、髪がペタッとなりにくい。ふんわりとした仕上がりが期待できる。

頭皮トラブルが少ない

シリコンシャンプーは、シリコンのすすぎ残しによって頭皮トラブルを起こし、かゆみやフケの原因になることがある。ノンシリコンシャンプーでは頭皮トラブルは比較的少ない。

3. ノンシリコンシャンプーはメンズにこそおすすめ!

シャンプーにこだわるのは女性だけではない。ノンシリコンシャンプーを使うことは身だしなみを整えることにつながり、男性にもおすすめだ。

ノンシリコンシャンプーがメンズにおすすめの理由

頭皮トラブルが減る

気が付くと肩にフケが落ちているという場合は、ノンシリコンシャンプーを試してみるといいだろう。かゆみやフケが発生しにくくなり、清潔な頭皮を保つことができる。

髪がふんわりと立ち、ワックスをなじませやすい

ノンシリコンシャンプーは髪に軽さを与える。髪の根本が立ち上がりやすくなるので、ヘアワックスを使ったスタイリングがしやすくなる。

ノンシリコンのメンズシャンプーも増えている

頭皮ケアができる、メンズ用ノンシリコンシャンプーのラインナップも充実している。頭皮の悩みがある人にはおすすめだ。

結論

ノンシリコンシャンプー、シリコンシャンプーともに利点がある。それぞれの特徴を理解してシャンプーを選ぼう。髪や頭皮に悩みがあるなら、まずは今使っているシャンプーの成分表示を確認しよう。頭皮トラブルが気になる場合は、買い換える前にすすぎを十分に行うことを心がけてみてほしい。髪に自然な雰囲気を出したりパーマやカラーを維持したい場合は、ノンシリコンシャンプーを使ってみるといいだろう。シャンプーを上手に選び、美と健康を兼ね備えた髪を目指してほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ