このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ヒゲに似合う髪型とは?年代別のイメージやもみあげの手入れも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月27日

男性が身だしなみを整える際に気にするのが、ヒゲや髪型ではないだろうか。マメに手入れをしないと清潔感がなくだらしない印象になりがちだが、ヒゲに合う髪型を考えることはなかなか難しい。それぞれ個別で整えることはあっても、ヒゲと髪型を同時に考えることは少ないだろう。そこで今回は、ヒゲに似合う髪型やもみあげ、そして年代別の髪型を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ヒゲや髪型の決め手はもみあげ

ヒゲを生やした際に気になるのがもみあげだろう。もみあげはきちんと処理しなければ、ボサボサの伸び放題で見た目的にもよろしくない。まずはもみあげの手入れ方法などを解説していく。

手入れに必要な道具

  • シェーバー
  • はさみ
  • バリカン
  • コーム
もみあげを手入れする際は、事前に道具の準備が必要だ。理想とするもみあげの形によって使い分けが必要だが、この4つがあるとキレイに仕上がる。

もみあげの整え方

  • バリカンで長さを整える。
  • コームとハサミで長さを微調整。
  • シェーバーでキレイにする。
もみあげの整え方は、順序をおさえればそれほど難しいものではなく、上記の手順を守れば理想のもみあげに近付けるだろう。バリカンを使用する際は、アタッチメントで長さを調節してほしい。また、気を付けなければならないのが左右対象になるようにカットすることだ。必ず左右のバランスを確認しながらもみあげを整えよう。

もみあげの長さで印象は変わる

もみあげの長さで相手に与える印象は大きく異なるとされている。もみあげを長くするとワイルドで男らしい印象に仕上がるし、ヒゲと繋げれば個性が強めの髪型として一気に垢ぬけるのではないだろうか。ただしヒゲと繋げる場合はこまめに手入れすることが前提となる。汚らしい風貌にならないように心掛けが大切だ。

反対に短めのもみあげは、ナチュラルで爽やかな印象となりさまざまな髪型にマッチするが、短髪と合わせればなお清潔感が増すのでおすすめだ。もみあげの全剃りは、誠実な印象を与えられる。仕事にスーツを着用するビジネスマンに適しているもみあげだ。

2. 30代におすすめのヒゲと髪型

年代ごとに似合うヒゲや髪型は異なる。30代におすすめしたい髪型は、七三ツーブロックだ。きちんと感を残した七三に、サイドを刈り上げ爽やかさをプラスしたビジネスシーンにも相応しい髪型である。

刈り上げは見た目にもすっきりしているため、基本的にはどのようなヒゲも似合うだろうが、30代という年齢に相応しいビジネスマナーを考慮すると、あごヒゲと口ヒゲに留めるのが最善だ。髪型がいくらすっきりとしていても、顔がヒゲだらけでは不潔な印象を与えかねない。30代で清潔感をアップさせたいならヒゲの面積を少なくするとよい。

3. 40代におすすめのヒゲと髪型

30代よりも清潔感を大切にしたい40代は、刈り上げショートがおすすめだ。サイドを刈り上げ、トップも短めに整えると、爽やかな40代を演出できるだろう。耳周りや襟足に髪がかかると、一気にだらしない印象になるので、すっきり感を意識してほしい。

そしてヒゲを生やす場合は、フェイスラインに沿った短めのヒゲが40代に最適だ。フェイスラインのヒゲは顔に陰影がつくため、小顔効果も生まれる。その際ヒゲの長さは均一にし、伸ばしすぎないように気を付けよう。

結論

ヒゲをつくる際は、髪型やもみあげにも気を配る必要がある。もみあげが与える印象は大きくその人のイメージをも左右しかねないので、もみあげは正しい手順で手入れをし、見た目にも美しい仕上がりを目指そう。また、30代、40代と年代に合ったヒゲや髪型を実践することも重要だ。年代に見合った清潔感で、ヒゲのオシャレを楽しんでほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ