このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

コンタクト洗浄液の新常識!旅行時はコンビニが活躍?代用品はある?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月29日

コンタクト使用者が切っても切り離せないのが、コンタクト洗浄液だ。ドラッグストアに行くと、さまざまな種類の洗浄液が並んでいる。普段使うコンタクト洗浄液といったら、大きめのボトルタイプだろう。大容量でお得だが、旅行時の荷物としてはかさばる大きさだ。また、液体の持ち込みが厳格化されている飛行機に、コンタクト洗浄液は持ち込めるのだろうか。そこで今回は、コンタクト洗浄液にまつわる新常識を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 旅行時に便利!コンタクト洗浄液はコンビニで買える

旅行や出張に行った際、コンタクト洗浄液を忘れたという経験はないだろうか。つい荷物に入れ忘れ、いざ使おうとして初めて気づくケースもあるだろう。コンタクト利用者からすると、洗浄液の持ち忘れはかなり痛いできごとだ。コンタクトを洗浄保存できず、つけっぱなしの状態は目に負担がかかり、目のトラブルを招く恐れがある。

そこで救世主となるのがコンビニだ。ほとんどのコンビニでは、コンタクト洗浄液を販売している。しかも洗浄液だけではなく、使い捨てのケースも付属されているのだ。1回のみの使い切りタイプで、洗浄液は洗い・すすぎ・消毒・保存とすべてまかなえる量が入っている。1回分なので無駄にならず、価格も100円代で購入が可能だ。

そのうえ持ち運びしやすいコンパクトなサイズ感も便利だ。旅行だけではなく、出張や入浴施設、プールなど、さまざまなシーンで活躍できるだろう。日頃からカバンに忍ばせておけば、目やコンタクトレンズの急なトラブル時でも焦ることはないだろう。

また、コンビニではミニボトルタイプの洗浄液も販売している。数日間の旅行にはミニボトルタイプが最適だ。いますぐコンタクト洗浄液がほしい!そんな時、まずはコンビニに駆け込むと間違いないだろう。

2. コンタクト洗浄液は飛行機に持ち込める?

飛行機に乗る際、気になるのが手荷物としてコンタクト洗浄液を持ち込めるかどうかだ。とくに国際線で長時間フライトする場合は、飛行機内でコンタクトを外すこともあるだろう。持ち込みルールを事前に把握していれば、手荷物検査もスムーズに通過できる。

コンタクト洗浄液は化粧品類に分類され、国内線、国際線ともに持ち込み可能だ。ただし、それぞれに条件が設けられている。国内線は、1容器あたり0.5㎏あるいは0.5l以下であり、1人当たり合計2㎏または2lまでだ。

一方国際線では、コンタクト洗浄液を100ml以下の容器に移し替え、総容量1lまでを密閉できるジッパー(縦横の辺の合計が40cm以内)へ入れなければならない。ジッパーは1人につき1袋までであり、手荷物検査場では検査係員に提示する。

機内に持ち込む際は、使い捨てタイプのコンタクト洗浄液やミニボトルタイプであれば、別容器に移し替える必要もなくおすすめだ。飛行機でコンタクトの着脱が不安であれば、メガネで搭乗するといいだろう。

3. コンタクト洗浄液の代用品はある?

コンタクトを洗浄しようと思いきや、手元に洗浄液がない場合は代用品で対処できる。ただし活用するのは、コンビニやドラッグストアが近くになく、やむを得ずの緊急時のみとしてほしい。

まず代用品として思いつくのが、水道水ではないだろうか。水道水はハードコンタクトには有効だが、ソフトコンタクトにはおすすめできない。水道水を代用品として使用すると、成分を吸収しやすいソフトコンタクトは、含水率が変わり変形してしまう可能性がある。またハードコンタクトは、コンタクトへのダメージは少ないといわれているが、細菌の繁殖が進みレンズの寿命を短くしてしまう恐れがあるので注意が必要だ。

代用品として最も適しているのが生理食塩水だ。洗浄液としてドラッグストアでも販売されているが、緊急時には自作も可能である。市販されているペットボトル入りの水500mlに対し、食塩4.5gを入れて溶かすだけで完成だ。これら代用品は、あくまでコンタクト洗浄液がなかった場合の緊急時のみ利用して、常用は避けよう。

結論

コンタクト洗浄液は、いまやコンビニで手軽に入手できる。旅行時には、携帯に便利な1日使い捨てタイプが万能だ。また、コンタクトレンズ洗浄液には、ソフトレンズ、ハードレンズそれぞれ専用の洗浄液があるので間違えないよう注意しよう。洗浄力や潤い力などはメーカーによって異なるので好みのものを選ぶといい。コンタクト洗浄液でしっかりケアしてクリアで清潔なレンズをキープしよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ