このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

浴衣の着方知ってる?ホテルでのマナーや帯の結び方も紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月28日

浴衣の着方をご存知だろうか?浴衣をうまく着こなすには、着崩れしにくい着方や帯の結び方を知っておかなければならない。また、ホテルや旅館などで浴衣を着用する際には、そのマナーにも注意したいものだ。そこで今回は、浴衣を着るうえで大切なポイントをお伝えしていこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 浴衣と寝巻きの違い

浴衣と寝巻きの違いは何なのか?と気になる方も多いだろう。寝巻きは寝間着とも書くことがあるが、そもそも寝巻きとは何なのかを説明していこう。寝巻きは、元は和服や着物の下に着るもの、つまり下着の役割を果たしていた。しかし、明治維新後の文明開化で洋服を着用する機会が増えたことから、寝る時にのみ身に着ける機会が多くなり、寝巻きや寝間着とされるようになった。

寝巻きと浴衣との違いは、厳密に言うといくつか存在する。たとえば、寝巻きは浴衣に比べて衿(えり)が短く作られており、生地を無駄にしないように工夫されている。また、袂(たもと)がないのでゴミが溜まりにくく、洗濯がしやすいのが特徴だ。つまり、寝巻きは浴衣に比べると簡単な作りであるといえよう。

また、寝巻きは誰でも着やすいように少し大きめのサイズで作られている。そのほか、縫い合わせの仕方などで柔らかく着心地がよいことから、浴衣よりも寝返りが打ちやすい。しかし、パジャマが利用される以前は、一般家庭の寝巻きは古くなってしまった浴衣を寝巻きとして活用していたことも多かった。浴衣と寝巻きの違いを紐解けば、ホテルや旅館で使われている浴衣は、どちらかといえば寝巻きに近いといえるだろう。

2. 浴衣をホテルで着るときのマナー

今は浴衣が用意されているホテルも多いが、あなたは利用したことがあるだろうか?先にお伝えしたように、スエットタイプのパジャマよりも柔らかさがあって寝心地がよいのが浴衣の特徴だ。そのため、ホテルで準備されている浴衣を着れば、快適に旅の疲れを癒すことができるし、普段とは異なる雰囲気にちょっとだけ気分も楽しくなるのは間違いない。

ただし、注意したいのは、ホテルで浴衣を着るときのマナーだ。もちろん、自分の部屋から一歩も外に出ないのであれば、浴衣をどんなふうに着ていようと構わないだろう。しかし、ホテルでは自分の部屋以外で朝食会場が用意されている場合もある。また、大浴場などがあるホテルでは、必然的に自分の部屋から出る機会も増えるものだ。そういった人前に出る機会がある場合は、ホテルでの浴衣の着用マナーに注意しよう。

具体的には、まず部屋に置かれている「ホテルの利用案内」に目を通しておこう。ホテルによっては、浴衣のみで部屋の外に出ることを禁止しているところもある。一方で、浴衣で部屋以外を歩くことができる場合は、その旨が記載されていることも多い。浴衣でホテル内を歩くことについて、とくに明記されていなければ浴衣で歩いても問題ない。ただし、浴衣がはだけて肌が見えるような着方をしていてはマナー違反だ。浴衣が着崩れしないように、しっかりと帯を結ぶ必要がある。

3. 浴衣の帯の結び方

浴衣が着崩れしないようにするためには、正しい着方をする必要がある。なかでも重要なのが帯の結び方だが、まずは浴衣の着方を順を追って説明していこう。はじめに、浴衣を着る前に、Tシャツやランニングシャツを着るようにしよう。なぜなら、直接浴衣を着ると浴衣に汗ジミができやすいからだ。

次に、浴衣を羽織って背骨と浴衣の中心を合わせる。右側の衿を持って左の腰骨に当てるようにし、その上に左側から右の腰骨に向けて浴衣を重ねよう。浴衣を着る際にどっちが上か迷うこともあるが、このように左側が上になるように着るのが正解だ。

そして、衿先が腰骨からずれないように注意して腰紐を締める。続いて、帯の結び方だが、男性なら小粋に見える「浪人流し」の結び方がおすすめだ。手順は以下の通りである。
  • 半分に折った帯の端を山の部分が下になるように右手で持ち(手先)、右の腰に当てる。
  • 手先を少し残しながら、もう一方の端(垂れ先)が手先より長めに残るように、左手で帯を二重、三重と巻いていく。
  • 垂れ先を手先の下から差し込み結ぶ。
  • 上方にきた垂れ先を二重に巻いている帯の間に差し込む。
  • 結び目を時計回りに後ろへ回したら完成。
そのほかの帯の結び方に比べると、浴衣を着慣れていない人でも結びやすいため、まずは浪人流しの結び方にチャレンジしてみよう。ただし、足を大きく開いて座ったり、マッサージをうけたりすると、どうしても浴衣は着崩れしやくなる。着崩れしてきたら、早めに帯を締め直すようにするのがよいだろう。

結論

浴衣の着方は、ポイントを押さえておけば着崩れしにくく、見た目も美しく着ることができる。せっかく浴衣を着るのなら、かっこよく着こなそう。また、ホテルなどでのマナーにも注意し、気持ちよく快適に浴衣を着てみよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ