このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

寝癖の原因は寝る前にある?朝の10分でできる理想の髪ケア紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月 7日

髪の乱れは清潔感を損なうので、毎朝セットしておきたいものだ。髪をセットしておけば、初対面の相手にも自信を持って接することができるだろう。1日を気分よく過ごすためにも、手早く髪をセットする方法を身につけよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. まずは髪をしっかり濡らす。タオルドライの仕方に注意

髪を完全に乾かさずに寝てしまうと、朝起きたときに寝癖がついていることもあるだろう。髪には水素結合という性質があり、髪の内部のタンパク質は水に濡れると、結合が切れてしまうが、乾くとまた結びつく。髪は乾くときにクセがつくため、濡れたまま寝ると、枕に押しつぶされて曲がったままの状態で乾き、寝癖がついてしまうのである。そのため寝癖を直すには、髪をしっかりと濡らすことが重要だ。

このような仕方は手間に思えるかもしれないが、寝癖は根元がつぶれていることも多いため、髪の毛先だけでなく、根元まで濡らすことがポイントだ。また、ドライヤーで思い通りの髪にセットするためにも、髪の根本を濡らしておく必要がある。髪をしっかり濡らしたら、十分にタオルドライしておこう。

このとき、ゴシゴシと拭いては髪のキューティクルを剥がし、ダメージを与えてしまうので注意が必要である。タオルドライの仕方は、最初にタオルで頭皮の水気を吸いとり、それからタオルで髪を挟んで優しく水気を吸収させる。丁寧にタオルドライしておくことで、ドライヤーをかける時間を短縮できるので、熱による髪のダメージを軽減できる。傷んだ髪では清潔感が損なわれるので、タオルドライの仕方をしっかり確認しておこう。

2. ドライヤーで効果的に髪をセットする

髪のセットでもっとも大切なのが、ブローである。前述のように、髪は乾くときにスタイルが決まる。また、髪の熱が冷めるときに形がキープされる。スタイリング剤のブローの段階で、イメージ通りの髪型になるよう土台作りをしておくことが大事だ。

ドライヤーは、根元から乾かしていくのが基本である。乾かす順番は、バック、トップ、サイド、前髪というように、後ろから乾かしていく。ドライヤーは髪から20cm程度離し、1ヵ所に集中して温風があたらないよう、振りながらあてよう。

また、パーツ別にボリュームを出したいところや、抑えたいところを意識してブローするのがポイントだ。バックはボリュームがないと絶壁に見えてしまうため、ブローでボリュームを出しておこう。ボリュームが欲しい部分を持ち上げて、根元にドライヤーの風をあてる。また、トップにボリュームが欲しい場合は、根元が立ち上がるように髪を持ち上げて、根元にドライヤーの風をあてよう。一方、サイドなどボリュームをすっきり抑えたい場所は、前から風をあてるとボリュームが出てしまうため、上から下に毛流れに沿って風をあてるのがよい。

最後に、ドライヤーを冷風にして、ヘアスタイルを固定しよう。冷風はキューティクルを引き締める効果もあるため、髪にツヤを出すこともできる。

3. ワックスで髪に動きをつける

髪型をナチュラルに仕上げたいなら、ブローだけで十分だ。しかし、髪にツヤを与え、動きを出したり、フワッとさせたトップを長時間キープしたいのなら、仕上げに「ワックス」をつけるのがおすすめだ。

ワックスのつけ方

商品に記載されている適量を手のひらに取る。適量の記載がない場合は、小豆1粒分程度にしておこう。手のひらと指の間にワックスを伸ばし、後頭部、サイド、トップの順番に揉みこむようにつけていく。バックやトップなどボリュームを出したい部分は、根元から持ち上がるように、下から上に持ち上げながらつけていこう。

サイドはやや上の部分に手を入れ、根元を持ち上げるようにしてボリュームを出す。最後に、手に残ったワックスを前髪につける。髪全体にワックスをつけ終わったら、毛束感を出したいところや、髪に動きを出したいところを調節して、シルエットを整えておこう。

髪に合うワックスの選び方

メンズ用のワックスはたくさんの種類があるので、髪質や毛量に合ったものを選ぶようにしよう。剛毛の人や毛量が多い人、パサつきやすい人には、油分の多いファイバーワックスがおすすめだ。一方、髪が柔らかい人や毛量が少ない人は、油分の少ないドライワックスが向いている。髪の量が普通の人は、万能タイプのクリームタイプがおすすめだ。

結論

髪をセットするには、根元までしっかり濡らしてからブローすることが肝心だ。少し手間はかかるが、寝癖が復活することもないので、身だしなみに自信が持てるだろう。1日を快適に過ごすためにも、朝の10分を髪のセットの時間に充ててみてはいかがだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ