このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

白髪染めで髪の悩みを解消!白髪になりにくい方法もチェック

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月16日

同じ年齢でも、白髪が目立つ人とそうでない人がいる。白髪があるだけで断然老けて見えるので、できるだけ目立たないようにしたいものだ。そのためには、生活習慣を見直したり、白髪染めを検討したりするのもいいだろう。そこで今回は、白髪を解消するために日常生活で注意すべき点や、おすすめの白髪染めの色などを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 白髪になる理由とは?日常生活で注意しておきたいこと

白髪は、一般的に35歳くらいから生えてくるといわれている。しかし40代でも、白髪があまり目立たない人もいるものだ。つまり、白髪の理由は年齢だけの問題ではない。日常生活で注意できることがあれば、できるだけ気を付けよう。

そもそも白髪とは

黒髪と白髪の違いは、メラノサイト(色素生成細胞)で作られる黒褐色の「メラニン色素」が関係している。実は、毛母細胞で作られたばかりの髪は白く、メラニン色素を頭皮から出てくる前に取り込むことによって、黒髪として生えてくる。しかし、何らかの原因でメラニン色素が作られなくなると、色がつかないままの髪、つまり「白髪」として生えてくるのだ。

白髪ができる主な原因

白髪ができる原因は、主に次の4つだ。年を取ることだけが理由ではない。

1.加齢

加齢などが原因でメラノサイトの働きが衰え、白髪が増えてくる

2.遺伝

白髪になりやすい人や若白髪の人は、遺伝的な要因が強いといわれている

3.ストレス

過度のストレスが続くと、血行が悪くなる。そして血液の循環が悪くなることで、メラノサイトの働きが弱り、白髪が増えてしまう。

4.生活習慣の乱れ

食生活の乱れによる栄養不足や睡眠不足などが、頭皮環境の悪化を引き起こし、白髪の原因になることもある。

加齢や遺伝は仕方がないが、生活習慣の乱れは日頃から注意することで解消できそうだ。ストレスのない生活というのは難しいが、ストレスをためこまないよう注意して、適度に解消していきたい。

2. 若白髪が気になる若者におすすめの対処法

10代の学生や20代でも、白髪に悩む人がいる。気づいた時点で白髪を抜く人も多いようだが、髪を抜くと頭皮を痛めてしまうので、抜くよりは根元からカットした方がいい。しかし白髪の本数が増えてくると、1本ずつカットするのは難しくなってくる。その場合、白髪染めやヘアカラーを検討するかもしれないが、白髪染めやヘアカラーの中には、髪へのダメージが大きい成分が配合されているタイプもある。

白髪の量がそれほど多くないのであれば、まだ学生のうちは、できるだけ白髪染めやカラーリングは避けた方がよいだろう。

髪へのダメージを抑えながら白髪を目立たなくするなら、「白髪染めトリートメント」を使うという方法もある。即効性はないが、使っているうちに徐々に色が染まって、白髪が目立たなくなっていく。また、地肌に優しいことも魅力のひとつだ。地肌にダメージを与えてしまうと、将来的に薄毛の原因となってしまう可能性があるので注意しよう。

白髪染めトリートメントなど、若白髪の対応商品を利用しながら、これ以上白髪が増えないように対策をしてみよう。また、学生の若白髪の原因には、遺伝やストレスの他に、栄養不足や睡眠不足も関係あるといわれている。若白髪には「タンパク質」「ミネラル(亜鉛、銅、カルシウム、ヨード)」「ビタミン(ビタミンB12、ビタミンEなど)」が効果的といわれているので、不規則な食生活や無理なダイエットはやめて、栄養バランスのよい食事を意識しよう。

3. 白髪染めの色は黒だけじゃない!最近人気のグレイヘア

前述のように、白髪は35歳くらいから増えてくるというが、目立つようになったときは白髪染めを考えたい。白髪は自然なものだが、放置していると身だしなみに気を遣わない人と思われてしまうこともある。何より実年齢より老けて見えることがあるので、白髪染めをするのもいいだろう。ところで、仕事に差し支えない男性用の白髪染めというと、黒が一般的だが、最近はグレーも人気がある。

白髪がかなり目立ってきたとき、いきなり真っ黒に染めると、白髪染めをしたことが周りにすぐわかってしまう。それは少し恥ずかしいと感じる人も多いだろう。白髪の量がさほど多くないのであれば、染める色は黒やダークブラウンでもかまわないが、かなり白髪が多い場合は、いきなりのイメチェンに周りも驚いてしまう。

白髪の量が多いなら、グレイヘアにすることで、白髪をぼかして目立たなくすることができる。また黒に染めると、伸びてきた根元の白髪が目立ちやすいが、グレイヘアなら白髪が伸びても目立ちにくいというメリットがあるので、頻繁に染めたくない人にもおすすめだ。染める際は、ホームカラーを使うと色ムラになる可能性があるので、なるべく美容院で染めてもらう方がいいだろう。自分の白髪の量に合わせて、染める色を決めてはいかがだろうか。

結論

白髪があると老けて見られたり、清潔感がないと思われたりすることもある。白髪の悩みを解消するには、学生など若い人には白髪染めトリートメントが、白髪の量が増えてきた30代以降の男性には、白髪染めがおすすめだ。白髪の量がかなり増えてきたら、グレイヘアにするのもよいだろう。おしゃれな色を楽しみながら、白髪の悩みを解消してもらいたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ