このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

コンタクトレンズの種類を知ろう!自分に合ったレンズ選びのポイント

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月 5日

コンタクトレンズの種類は、大きく分けてソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズがある。ソフトコンタクトレンズは、初心者でも慣れやすくてずれにくいなどの装着感の良さから、多くの愛用者がいるだろう。ソフトコンタクトレンズは、ワンデータイプや2weekタイプなど種類が豊富でレンズ選びに迷うという方も少なくない。そこで今回は、ソフトコンタクトレンズの種類や選び方のポイントを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ワンデーコンタクトレンズの特徴とは?

ワンデータイプのメリット・デメリット

ワンデータイプのコンタクトレンズは、その名の通り1日使い捨てるコンタクトレンズだ。1日装着し、翌日には新しいコンタクトレンズに交換するという使い方だ。そのため、常に新しく清潔なレンズを装着することができ、衛生的というメリットがある。また、レンズに傷がついても1日で使い捨てられるので安心だ。毎日新しいレンズに交換し使い捨てるので、毎日のケアが不要なのもメリットの一つである。

しかし毎日装着する場合は、2weekタイプよりもワンデータイプの方が、費用が割高になることが多い。コストパフォーマンスの面では、毎日使う方よりもときどき使うという方の方が向いていると言えるだろう。

ワンデータイプはこんな方におすすめ

ワンデータイプの魅力は、やはりケアが不要で手軽に使用できる点だ。コンタクト初心者や、忙しくてケアをする時間がなく時短できる方がよいという方には最適だろう。また、普段の生活は眼鏡を使用しているが、スポーツする時や旅行の時など、決まったシーンでときどきコンタクトレンズを使うという方にも手軽で便利だ。目の病気などが心配で、衛生的にコンタクトレンズを使いたいという方にもワンデータイプがおすすめである。

2. 2weekコンタクトレンズの特徴とは?

2weekタイプのメリット・デメリット

ワンデータイプは1日で使い捨てるのに対し、2weekタイプのコンタクトレンズは2週間同じレンズを使用する。交換日が来たら、新しいレンズへと交換する使い方だ。そのため毎日の洗浄や消毒が必要となり、ケア用品をそろえる必要がある。よってワンデータイプより手間がかかり、面倒に感じることもあるかもしれない。

しかし、毎日装着する場合を考えると、ワンデータイプを毎日使うよりも安価になるため、コストパフォーマンスの面では2weekタイプの方が優れていると言える。また、レンズのケア用品も、1本で洗浄消毒が出来るタイプのものなど、以前に比べて比較的簡単になってきている。そのため、コストパフォーマンスとのバランスを考えて2weekタイプを選ぶ方も多いようだ。

2weekタイプはこんな方におすすめ

ワンデータイプに比べてコストパフォーマンスの優れた2weekタイプは、毎日コンタクトレンズを装着するという方におすすめだ。ワンデータイプは1箱30枚入りで片目1ヶ月分なのに対し、2weekタイプのコンタクトレンズは1箱6枚入で片目3ヶ月分と1箱の使用期間が長いため、費用を極力抑えたい方にも向いている。また、2週間連続で装着するため、頻繁に買い直す手間を省きたいという方にもおすすめだ。

3. コンタクトレンズの度数の決め方とは?

ソフトコンタクトレンズの種類、ワンデーや2weekの特徴についてお伝えしてきた。次にコンタクトレンズを作る上で必ず必要となるのが、視力検査による度数の決定だ。

よく見えているからといって、度数を高くしすぎてはいないだろうか。遠くがよく見えるようにと度数を高くしてしまうと、近くのものを見るのが非常に辛くなり、眼精疲労の原因となってしまう場合がある。コンタクトを快適に使うためには、自分のライフスタイルに合わせた適正な度数を知ることが大切だ。

では、適正な度数とはどのように決めるのだろうか。たとえば運転することの多い方やスポーツをする方は、遠くがしっかり見えた方がよい。一方、オフィスワークの方や本や楽譜をよく見る方、近くを見ることが多い方は、少し弱く度数を設定すると目が楽に感じるだろう。

コンタクトレンズの度数を強くしすぎると、近くのものを見るときに焦点を合わせるために目の筋肉を多く使う。そうすると常に筋肉が緊張した状態が続き、疲れ目や視力低下、さらには頭痛や肩こりなどを引き起こす原因となることもある。自分に適正な度数のコンタクトレンズを作るためには、自己判断で決定せずに眼科医とよく相談した上で購入するようにしよう。

結論

ワンデータイプ、2weekタイプともにそれぞれの特徴や、レンズ選びのポイントをお伝えした。コンタクトレンズの種類や特徴を知っておけば、自分のライフスタイルと照らし合わせて、適したコンタクトレンズを選ぶことができる。ぜひ自分に合ったコンタクトレンズを見つけて、快適な生活を送ってほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ