このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

髪色で面接や就職は有利になる?メンズの白髪染めも徹底解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月10日

髪染めが一般的となった現在、企業の面接にはどの程度の髪色が好印象なのか疑問に感じたことはないだろうか。とくにこれから新卒として社会人となる学生には、知っておきたい情報だろう。今回は、面接や就職に効果的なメンズの髪色や白髪染めについて解説するので、参考にしてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 面接で好印象な髪色とは?

面接に相応しい髪色は、シンプルに黒色がベストといえる。黒色は、誰からも好印象を持たれる無難な髪色なのだ。面接では、TPOに合わせた身だしなみがチェックされると考えておこう。

髪色は8トーン以下を選択

黒色に染髪する際の色段階の目安は、8トーン以下が最適だ。8トーンは、黒色よりもワントーン明るいナチュラルな髪色に仕上がる。ただし完全な黒色を目指すのなら、7トーン以下がおすすめだ。

髪色の自由度が高い企業もあり

企業の社風によっては、単に黒色がよいともいい切れない。ヘアメイクやアパレル関連の企業であれば、個性を大事にした髪色が好印象ともなり得るのだ。面接に臨む際は、企業をリサーチし、社風に合った髪色を選択してほしい。

2. 新卒で就職後の最適な髪色とは?

新卒で就職した場合、気を付けてほしいのが入社後の髪色だ。入社が決定したからといって、すぐさま髪色を変えるのは危険といえる。特に新卒での就職は、フレッシュさと清潔感が求められるため、気をつけたい。

面接時と同レベルがベスト

最も安全なのは、面接時と同じ髪色だ。当時の髪色で就職が決定したということは、その企業に相応しいと判断されたことになる。突然髪色を変えて出社してしまうと、マイナスの評価をされることに繋がりかねないのだ。

就職後2ヶ月は髪色を変えない

どうしても髪色を変えたい際は、就職してから最低2ヶ月は待とう。新卒は社内でも常に注目されやすい。社会人としてのマナーや常識を備えているという意識を見せるためにも、就職後の髪色には細心の注意を払ってほしい。

3. メンズの白髪染めはあり?

加齢に伴い出現してくる白髪。最近ではエチケットとして、メンズの白髪染めも一般的となっている。髪に白髪が出始めると、メンズでも老けた印象になり、周囲の目が気になってくるものだ。白髪染めには主に3つの方法があるので、それぞれの特徴を挙げていこう。

ヘアカラー

ヘアカラーは髪の内部にまで浸潤させ、髪色を変える手法だ。髪色は、メラニン色素によって構成されているため、ヘアカラーによって色素を脱色し、新たな色を入れ込む。ヘアカラーは内部までしっかりと色を入れるので、およそ2ヶ月~3ヶ月持続する。ただし、パッチテストの必要があり、髪や頭皮へのダメージが懸念される点がデメリットだ。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアはヘアカラーと異なり、髪の表面のみをカラーリングする手法である。髪の内部まで色を入れないため、2~4週間ほどしか持たず、持続性には期待できない。また、シャンプーするたびに色が落ちてしまうのもデメリットだ。しかし、髪へのダメージはほとんどなく、アレルギーが心配な場合も安心して使用できる。

白髪染めシャンプーやトリートメント

毎日の入浴で白髪を染めてくれるのが、白髪染め用のシャンプー・トリートメントだ。一般的なシャンプー・トリートメントと同じ様に使用するだけという手軽さが特徴である。髪への負担は、3つの方法の中で最も少なく、キレイに染まりやすいのもメリットだ。ただし、髪に色が入るには時間がかかり、すぐに白髪を染めたいという人には不向きである。

4. こんな髪色はNG?

極端に明るい髪色

社会人として当然ともいえるが、極端に明るい髪色はあまり好まれない。とくにメンズで金髪や明るすぎる茶髪の場合は、不真面目に見られやすい傾向がある。これから面接や就職を迎える人は、今一度髪色のチェックをしてほしい。

メッシュやムラのある髪色

髪全体ではなく、部分的なカラーリングもマイナスな印象となり得る。また、黒染めしたものの、キレイに染まらずムラになっている髪もあまり好ましくないだろう。面接や就職時に、最も必要な清潔感が失われてしまう。ムラ染めが心配な場合は、美容院で染めてもらうのが安心だ。

結論

就職活動中や面接時の髪色は、誰もが好印象を持つ黒色がベストといえる。また白髪が気になる場合は、メンズ用の白髪染めで早急に染髪してほしい。髪色は、その人を判断する上で非常に大切な情報となる。清潔感を第一にした髪色で、身だしなみを整えよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ