このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
意外な盲点!?葬式参加時の『ヒゲ』マナーと濃い人の対策法

意外な盲点!?葬式参加時の『ヒゲ』マナーと濃い人の対策法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月14日

故人を見送る葬式では、身だしなみのマナーというものが存在する。ヒゲに関しても、フォーマルな場であるということを意識し、整えなければならない。つい見落としがちなヒゲのマナーだが、遺族や参列者に不快感を与えないよう、事前のチェックが必要だ。今回は、葬式におけるヒゲのマナーについて解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 葬式でのヒゲのマナー

葬式でヒゲが生えているのは、基本的にNGだ。フォーマルな場である葬式では、清潔な身なりが求められる。いくら服装や髪型を気にしていても、ヒゲが生えているだけで、周囲に不潔な印象を与えてしまうことが多い。

とくに親族で参列する場合は、なおさら身だしなみに気を遣わなければならない。親族は参列者へ挨拶をするなど、顔を見せる機会も多いのだ。参列者が不快感を覚えるようなヒゲは、マナー違反といえるので注意しよう。また、友人や知人として参列した場合も同様である。

ただし、一部例外もある。長年ヒゲを生やしていてトレードマークとなっている年配者や、キレイに手入れされているヒゲは、必ずしも剃らなければならないという訳ではない。伸ばしっぱなしの無精ヒゲはNGだが、清潔に整えられたヒゲであればマナーの範囲内だ。ヒゲを生やして参列する場合は、だらしなく見られないよう服装マナーなどにも細心の注意を払う必要がある。

葬式は、故人との最後の別れの場だ。故人に敬意を払うという意味でも、身だしなみを清潔に整えるのは当然である。心安らかに故人を見送るためにも、清潔感のあるヒゲを心がけてほしい。

2. 受付でのヒゲのマナー

葬式の受付は、誰がやらなくてはならないという決まりはない。受付は葬式の規模やその土地の習慣によるなどさまざまだが、ご近所の方や少し遠い親戚に依頼するケースが一般的だろう。

ただし受付を行う人物は、参列者にとって親族同然とみなされ、故人と顔見知り程度であっても、親族としてのふるまいやマナーが求められる。ということは、もちろんヒゲのマナーも同様に注意しなければいけない。

参列者と多く顔を合わせる受付を行う場合、不快感を与えるようなヒゲはNGである。無精ヒゲはもとより、整えていないヒゲも避ける必要がある。もし受付を依頼されたのなら、失礼に当たらないようヒゲのマナーチェックも欠かさず行おう。

3. ヒゲのマナーとして脱毛もあり

葬式のマナーとしてヒゲを剃ったものの、青ヒゲになり悩んでいるのなら脱毛がおすすめである。とくに濃いヒゲに悩んでいる人は、毛量が減少するだけで圧倒的に処理が楽になる。また、剃り残しや肌荒れが減りキレイな肌をキープすることもできる。

これまで悩みの種であったヒゲを排除するだけで、驚くほど清潔感はアップし好印象になるだろう。冠婚葬祭などマナーを重視しなければならない場でも、身だしなみに苦労することが減るに違いない。

現在では、男性も脱毛を考える時代だ。脱毛方法などもクリニックによってさまざまなので、自分に合うタイプを選ぶことができる。マイナスイメージを持つ人が多いヒゲだが、普段からヒゲの手入れに苦労しているのであれば、ヒゲ脱毛を検討してもよいのではないだろうか。

結論

葬式でのヒゲのマナーは、フォーマルな場に相応しい清潔感を心がけよう。故人の親族はもちろん、友人の立場であってもヒゲはキレイに剃り上げる、あるいは細部まで整えることが重要だ。また受付を依頼された際は、親族と同様の立場であるという認識を持ち、マナーを順守してほしい。そしてヒゲの処理に悩んでいるのなら、脱毛という手段も選択肢に入れるといいだろう。葬式では、しっかりとしたマナーで故人を見送ってほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >