このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

爪のマナーとは?サラリーマンとしての心得や手入れの頻度を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月 6日

爪にも、服装などと同様にマナーがあるのをご存知だろうか。とくに会社勤めのサラリーマンは、仕事で人と接する機会が多く、指先まで整えておく必要がある。身だしなみを清潔に保つことは、社会人としてのマナーといえるのだ。しかし、サラリーマンにどのような爪が理想的なのかは、あまり知られていない。そこで今回は、仕事上での爪のマナーについて紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. サラリーマンの爪のマナーとは

仕事上で何かと手先を見せることが多いサラリーマン。取引先との名刺交換、書類や資料を提示する際など、指先に視線が集中する場面は多々ある。仮に爪が伸びたままや、ゴミがはさまっていて変色しているなど、不衛生極まりない爪の状態は、相手に不快な感情を抱かせるだろう。

サラリーマンの身だしなみマナーは、第一印象を大きく左右することになる。だらしなく不潔な身だしなみでは、仕事にも悪影響を及ぼしかねない。意外と視線を集めやすい爪の手入れは、必要なマナーとして怠ることはできないのだ。

サラリーマンの爪は、短く整えることが基本だ。短いといっても、極端な深爪やガタガタと不揃いな爪ではなく、清潔感を与える爪であることがマナーの原則となる。難しそうに思える爪の手入れだが、実は4ステップで手軽に処理できるので紹介する。
  • 爪切りで短く切る。
  • やすりで爪の先を整える。
  • 甘皮を取り除く。
  • クリームで保湿する。
爪の長さは、手のひらを見た時に爪先がうっすらと見えるか、見えない程度が理想だ。短すぎてもよくないので、適度な長さを心がけよう。また、やすりでなめらかに仕上げることによって、二枚爪の防止にも繋がる。やすりは現在、100均でも取り扱っているので手軽に入手できる。

甘皮の処理は、無理に取り除こうとすると逆に傷めてしまう可能性があるので注意しよう。できるだけ甘皮を柔らかくし、専用器具などで安全に処理してほしい。最後は保湿クリームを塗り込んで潤いを与え、ささくれや爪の乾燥を防げば基本的なケアは完了だ。

2. 爪のマナーを守るための手入れの頻度

爪のマナーについて知り得たところで、次に重要なのが手入れの頻度だ。1度ケアしても、爪はまた直ぐに伸びてくるので日頃の手入れは欠かせない。

爪のケアは、およそ1週間に1度を目安と考えるといいだろう。個人差はあるが、爪は1日に0.1mmほど伸びるため、長くならない状態で手入れするのがマナーだ。ケアするタイミングは、爪が柔らかくなるお風呂上がりがベストだといわれている。爪はもちろんだが、とくに甘皮のケアに適しているタイミングなのだ。

ただし甘皮のケアは、2週間に1度を目安にしてほしい。高い頻度で処理してしまうと、爪を傷める原因ともなり得る。爪のケアは、頻度とタイミングを見計らい実践しよう。

3. 仕事中に爪を切るのはマナー違反

いくら爪のケアがマナーだからといって、仕事中に爪を切るのは非常識ととらえられるだろう。仕事中に隣のデスクから、パチンパチンと音が聞こえてきたら、不快な気分になる人は多いはずだ。爪の手入れは身だしなみの一つであって、自宅でケアすべきことである。いくら爪が気になったとしても、仕事中の爪切りはマナー違反である。

ただし、突如爪が割れたり、欠けてしまった場合は、応急処置として爪を切るのは仕方ない。その際は、トイレなど周囲に対して迷惑にならない場に移動して、処置を行おう。万が一のために、コンパクトな携帯用爪切りを持ち歩くと便利だ。

結論

サラリーマンとして、爪のケアは忘れてはならないマナーの一つだ。手先は思いのほか、視線を集めやすい箇所である。ビジネスマンとしての評価を上げるためにも、爪のケアは怠ってはいけない。およそ1週間に1回のケアを目安とし、清潔感のある手先を保つことが重要だ。ただし仕事中のケアは、マナー違反となるので気を付けよう。爪をキレイに整えて好感度の高いサラリーマンを目指してほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ