このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

髭を伸ばす途中はお手入れが大事!オシャレに見える整え方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月 3日

ワイルドで男らしい雰囲気に憧れて髭を伸ばし始めたのに、気が付いたらボサボサの無精髭になってしまってはいないだろうか。オシャレな髭スタイルを目指しているのであれば、ただ放置するだけではなく、適切なお手入れをすることが必要だ。そこで今回は、伸ばしかけの髭をオシャレに見せるお手入れ方法を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 髭を伸ばしている期間はどれぐらいのペースでお手入れが必要?

髭を伸ばしている期間は特にお手入れの必要がないように思えるが、それは間違いである。オシャレなスタイルの髭をつくるためには、髭を伸ばしている期間も長さを整えておくことがポイントだ。おすすめの髭の長さとしては3~6mmが丁度いいだろう。それ以上の長さは不潔でだらしない印象を与えてしまうため、定期的にお手入れを行ってほしい。

具体的にどれぐらいのペースで髭のお手入れを行えばよいか、1日に伸びる髭の長さを参考にして考えてみよう。髭が伸びるスピードは年齢や体調によって個人差があるが、平均すると1日あたりに0.2~0.4mm程度伸びるといわれている。だいたい半月から1ヵ月の期間で6mmほど髭が伸びるので、それくらいのタイミングでキレイに整えておこう。

2. 髭を伸ばしているときの正しいお手入れ方法

髭のお手入れに必要なアイテム

  • クシ付き髭ハサミ
  • 髭トリマー
  • T字カミソリ
  • 電動シェーバー
髭を伸ばしている途中は、普段のお手入れと違って長さを残しておくことがポイントとなる。そこで準備しておくと便利なのが、上記のアイテムだ。すべてを用意する必要はないが、持っておくと髭の形を整えるときに役立つので、参考にしてみてほしい。

髭のお手入れ方法

  • まずはクシ付きハサミや髭トリマーなどを使って、髭の長さを整えよう。長さを調整するときは、髭が乾いている状態のときがおすすめだ。もし濡らした髭をカットする場合は、乾いた際に長さが変わることを想定しておこう。
  • ある程度長さを整えたら、髭が左右対称になっているかチェックしよう。髭が左右非対称になっていると、不自然な仕上がりになってしまう。オシャレに髭を伸ばすためにも、鏡を使ってきちんと確認を行おう。
  • 次はT字カミソリや電動シェーバーを使って不要な髭を剃っていこう。なお、髭を剃る際は、カットの後に洗顔や蒸しタオルで髭を柔らかくしておくと、肌トラブルの防止に繋がるのでおすすめである。T字カミソリを使用する場合は、一緒にシェービング剤も使うとスムーズに髭剃りを行うことができるだろう。
  • 髭剃りが終わったら洗顔をして髭の状態を再確認しよう。問題がなければ、あとは化粧水や乳液でアフターケアをしてお手入れ完了だ。乾燥した肌は吹き出物などのトラブルに繋がりやすいため、髭剃り後はなるべく保湿効果の高いアイテムを使おう。

3. 髭を早く伸ばしたいときは途中経過で肌のケアも行おう

髭を早く伸ばしたいのに、なかなか思うように生えてこないという人は、途中で肌のケアもおこなってみよう。髭の下に皮脂や角質が溜まっていると、新しい毛が生えにくくなってしまう。場合によっては均等に髭が生えてこなくなってしまうこともあり得るので、普段から洗顔で髭周りを清潔に保ったり、途中で角質ケアをしたり、髭の下に汚れを溜めないように気を付けてほしい。

また、髭を伸ばす途中で行ってほしいのが埋没毛の確認だ。埋没毛とは、肌の中に埋まっている状態の毛のことである。埋没毛は口周りが汚く見えるうえ、均等に髭を生やすことができなくなってしまう。もし肌表面に埋没毛があった場合は、ピーリング剤などで角質を取り除いて対処しよう。

結論

髭は伸ばせば伸ばすほど、お手入れが難しくなってくる。今回は初心者でも実践しやすい髭の伸ばし方について紹介したが、さらに髭を長く伸ばしたいという人も出てくることだろう。もし、今後長さのある髭スタイルに挑戦したいと考えているのであれば、適当に生やすのではなく部分剃りをしてメリハリのある髭に整えてほしい。そうすることで、長い髭でも清潔感を保つことができるだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ