このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
髭のデザインやお手入れ方法を解説。カッコいい男を目指そう

髭のデザインやお手入れ方法を解説。カッコいい男を目指そう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月23日

毎日生えてくる髭を、おしゃれにお手入れしてみたいと考える男性は多いのではないだろうか。しかし自分に似合う髭スタイルがわからないという方も少なくない。そのような方のために、今回は髭のデザインや、お手入れ方法まで徹底解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 伸ばしっぱなしはNG!おすすめ髭スタイル

髭を生やすといっても、お手入れされていない伸ばしっぱなしの髭はNGだ。だらしなく見られることもあるため、全体の印象として清潔感をしっかりと維持できていることが大前提になる。ここでは髭の形を整えるにあたり、髭のスタイルの名称や相性のよい輪郭をご紹介しよう。

面長の方におすすめのスタイル

面長の方におすすめなのは、口髭を生やさず顎髭のみで作ったオーソドックスなスタイルのゴーディだ。強く男らしい見た目を演出し、顎の部分に目線を集中させるため、顔のバランスがよく見える。口髭スタイルも顔の中心に目線が集まりやすいため、面長のようなほっそりした顔型の方に向いている。

丸顔・四角型の方におすすめのスタイル

丸顔・四角型の方は口髭を伸ばし、顔の中心に存在感を出すようなスタイルがおすすめだ。また、口髭と顎髭をつなげた口周りを四角に囲うスタイルをショートボックスと言うが、こちらのスタイルは輪郭にメリハリを作る。ショートボックスをベースに顎髭をトリミングしたバルボも、全体的に引き締まった印象を与えることができるため、おすすめのスタイルだ。

ビジネスマンにおすすめのスタイル

ビジネスシーンでは、無造作に髭を伸ばすことがNGな場合もある。デザインやスタイルに悩んでいる方も多いのではないだろうか。

ビジネスマンが髭を伸ばす場合は、生やすエリアは口髭と顎髭にとどめ、長さは主張を控えるよう薄く整えるようにしよう。フジ髭やショートブランなど、顎のみに髭を生やすスタイルも、ビジネスシーンでも違和感がないだろう。

お手入れされていない伸ばしっぱなしの髭はNGのため、清潔感を損なわないようなスタイルを心掛けよう。

2. 髭のお手入れに必要な道具を揃えよう

髭のお手入れをするための道具とは、どのようなものが必要なのだろうか。お手入れのための必需品から、より丁寧にこだわってお手入れするために、あると便利なものまでご紹介しよう。

カミソリ(シェーバー)

不要な髭を処理するための必需品である、カミソリやシェーバー。髭のお手入れをする際に、まず思い浮かぶ道具なのではないだろうか。電気シェーバーは刃が直接肌に当たらないためお肌に優しく、広い範囲を毎日剃るにはとても便利なアイテムだ。しかし深剃りしづらいため、その場合はT字カミソリがおすすめだ。細かい部分の髭を整えるには、I字のカミソリが使いやすい。

髭トリマー

髭トリマーとは、いわゆる髭用のバリカンのことだ。アタッチメントを調節することで、髭を好きな長さに整えることができる。初心者でも簡単に髭を整えることができる、便利な道具だ。最近ではシェービング機能の付いた髭トリマーも登場しているようだ。

コーム・ハサミ

髭の毛並みを整えたり、長さを整えたりするのに使うのがコームやハサミだ。コームは目の粗いもの、ハサミはなるべく小さいサイズのものが扱いやすくておすすめ。コーム付きのハサミも販売されているためチェックしてみよう。

シェービング剤

髭を剃る際に肌への負担を減らしてくれるシェービング剤。肌荒れのリスクを軽減してくれるため、カミソリ派の方はぜひとも使用して欲しい。シェービング剤を手に入れることができない方は、石鹸を泡立てて利用するのもいいだろう。

3. 髭の上手なお手入れ方法や頻度とは?

なりたい髭のスタイルと道具が揃ったら、実際に髭を整えていこう。この章では、髭のお手入れ方法や頻度を詳しく解説していこう。

髭のお手入れ方法

  • まずは洗顔をし、コームで髭をブラッシングする。髭のもつれを取り、お手入れに最適な状態に整えよう。
  • バリカンや髭トリマーで全体の長さを整えたりハサミでカットしたりと、デザインを作っていく。一度短くしてしまうと長くはできないため、初めは長めのアタッチメントかた始める方法をおすすめする。口髭は顔の印象を大きく左右するので、慎重に調整するようにしよう。
  • シェービング剤をつけてから、蒸しタオルをあてて髭を柔らかくする。蒸しタオルは濡らしたタオルを電子レンジで加熱すると便利だ。蒸しタオルを数秒当てたら、またシェービング剤をつける。
  • 髭のいらない部分をカミソリやシェーバーで剃っていく。刃が向かう方向とは逆方向に片手で皮膚を伸ばして剃る方法がおすすめ。
  • 最後に保湿をして完了だ。

お手入れの頻度

髭は1日に0.2~0.4㎜伸びると言われている。髭の無い顔を維持するためには、やはり毎日のお手入れが必要だろう。一方、普段から髭を蓄えているのであれば、多少伸びても気にならないかもしれない。

しかし、清潔感のある髭を保ちたいのであれば、3日に一度、少なくとも5日に一度の頻度でお手入れをすることをおすすめする。

結論

髭のデザインやスタイルによって、他人に与える印象が大きく変わる可能性がある。髭を伸ばす場合は、清潔感を保つよう心掛けるようにしよう。そのためには、きちんとお手入れをする必要がある。今回の記事を参考にして、自分に似合う髭スタイルを楽しんでみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ