このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ビジネスマン必見!髪型の身だしなみは整髪料の使い方で決まる

ビジネスマン必見!髪型の身だしなみは整髪料の使い方で決まる

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月 6日

ビジネスマンは身だしなみを整えておくことが大切だが、髪の毛のセットは寝癖を直すだけで終わっていないだろうか?きちんとした印象を与えるためにも、整髪料を使ったスタイリングで1日中整った髪をキープしよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ビジネスマンが整髪料をつけないとどんな印象になる?

身だしなみとして髪型に気を付けているビジネスマンは多いだろうが、整髪料が苦手でつけない人もいるようだ。その理由として、べたつくことや、セットの仕方がわからないなどが挙げられるが、髪質や髪型に合った整髪料を選ぶことで苦手意識は軽減されるだろう。

ビジネスマンが整髪料をつけない場合、髪が広がりすぎたりボリュームがなさすぎたりするため、身だしなみを整えていない印象を持たれることがある。また、髪がパサついて見え、清潔感がないと思われることもあるだろう。整髪料をつければきちんとした印象になり、ビジネスマンにふさわしい大人っぽい髪型に整えられる。ワックス等のべたつきが苦手という人は、つけすぎている可能性もある。以下で、正しいつけ方を説明しよう。

ワックスの使い方

  • まずは髪をしっかり濡らす
  • ドライヤーで半乾きにし、髪をセットする
  • ワックスを少量(10円玉大)手に取り、手のひら全体に伸ばす
  • バック、サイド、トップの順でつける
  • 全体のバランスを見て整える

ワックスをつけるときのポイント

ワックスをつけすぎるとべたつきの原因になるので、一度にたくさんつけないようにしよう。少量ずつ手に取り、足りなければ少しずつ足していくのがポイントだ。手のひらに伸ばしてからつけることで、1ヵ所につきすぎることを防げる。また、頭皮につくとべたつきやニオイの原因になるので注意しておこう。

2. 営業職のビジネスマンは整髪料でセットしておこう

取引先と顔を合わせる営業職のビジネスマンは、身だしなみを整えるために自分の髪型や髪質に合った整髪料を使って整えておこう。整髪料は種類が多くてどれを使ったらよいか迷うビジネスマンも多いだろう。主な整髪料の種類と特徴を紹介するので、自分に合ったものを見つけてほしい。

整髪料の種類

ワックス

ワックスにはハードタイプやソフトタイプ、マットタイプやファイバー入りなど、さまざまなタイプがある。髪が硬い人はハードタイプや油分が多いファイバータイプ、柔らかい人はソフトタイプや軽いマットタイプが向いている。

ジェルタイプ

ジェルは濡れたような質感を出せる整髪料で、ワックスよりもホールド力が強く崩れにくい。短髪で髪を固めたいビジネスマンに向いている。

ポマード

オールバックの営業マンにおすすめの整髪料がポマードだ。ポマードはホールド力が強く、艶を出すこともできる。ホールド力が強いといってもワックスやジェルのように固まらないという特徴がある。ポマードには油性と水性があるが、水性ポマードは伸びがよく、グリースとほぼ同じ特徴を持っている。

ヘアムース

容器から泡状で出てくるヘアムースはハード系やソフト系、ウェット系など、仕上がりのタイプを選べる。髪になじませやすく、パーマヘアの営業マンも使いやすいだろう。

3. オフィスワークのビジネスマンの髪型は?整髪料の香りに注意

オフィスワークのビジネスマンは、営業職ほど社外の人と会う機会が多くないので、髪型にあまり気を使わなくてもよいと考える人もいるだろう。しかし、オフィスワークのビジネスマンであっても営業職のように黒髪の短髪で、おでこを出したスタイルはさわやかで好感度が高い。オフィスワークといっても、周りとコミュニケーションを取りながら仕事をするものなので、ビジネスマンらしく清潔感のある髪型を意識しておきたいものだ。服装や髪型の自由度が高い職場もあるだろうが、ビジネスマンにふさわしい髪型にしておくのがよいだろう。

オフィスワークのビジネスマンでも整髪料を使ってスタイリングをすれば、スーツに似合う髪型を1日中キープできる。身だしなみを整えておくときちんとした印象を与えるので、どの年代からも好感を持たれ、信頼感を得ることができるだろう。

ただし、整髪料のニオイにだけは注意しておいた方がよい。オフィスワークはデスクの位置が固定なので、ニオイが強い整髪料を使うと隣の席の人が迷惑する可能性がある。自分ではいい香りと思っていても、ほかの人が同じように感じるとは限らない。香りに敏感な方もいるので、ニオイで迷惑をかけないために、香りが強くないタイプや無香タイプを選んだ方がよいだろう。

結論

身だしなみが信頼にもつながるビジネスマンは、整髪料を使って毎朝髪型をセットしておきたい。ワックスなどの整髪料は一度にたくさんつけるとべたつく原因になってしまうので、少しずつ手に取ってつけすぎないように気をつけよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >