このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ビジネスマンの腕時計はアナログがマナー?文字盤や革の色まで解説

ビジネスマンの腕時計はアナログがマナー?文字盤や革の色まで解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月 7日

ビジネスマンにとって腕時計は必需品である。たとえスマホで時刻を確認できるといっても、取引先でスマホを取り出して画面を見るのはマナー違反になるだろう。30代、40代のビジネスマンとして、年齢にふさわしい腕時計を手に入れてはいかがだろうか。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ビジネスマンの時計のマナー

ビジネスマンが腕時計をするのは、ビジネスマナーと考えてよいだろう。ただし、腕時計ならどんなものでもよいというわけではない。マナー違反にならない腕時計とはどのようなものか、紹介していこう。

アナログ時計を選ぶ

ビジネスマンとして腕時計を選ぶときは、アナログ時計を選ぶようにしよう。デジタルの方が見やすいという人もいるだろうが、デジタルの腕時計はカジュアルな印象を与えるので、ビジネスシーンにはふさわしくないといえる。

腕時計のベルトは革か金属

ビジネスマンがつける腕時計のベルトは、革かステンレスなどの金属を選ぶのがマナーだ。革と金属を比べると、革の方がよりフォーマルな印象になる。とくにフォーマルな場面では、黒革ベルトの腕時計がよいだろう。

黒革・白無地の文字盤・3針時計が基本

ビジネスマンの腕時計は、黒革で白無地の文字盤、長針・短針・秒針の3針時計が基本とされている。時計選びに迷ったときは、この基本を守っておくとビジネスマンにふさわしいシンプルな時計が見つかるだろう。ただし、ステンレスのベルトや、黒・青の文字盤もマナー違反ではない。

業種や職種、年齢に合わせて選ぶ

ビジネスマンの腕時計のマナーは業種や職種によっても違う。高級な腕時計を身につけることで顧客に安心感を与える業種もあれば、高級な腕時計が反感を買う業種もある。また、年齢や会社でのポジションに合わせて選ぶことも大切だ。新入社員が上司より高級な腕時計をしていたら、上司の立場がないだろう。年齢が上がるにつれ、時計もランクアップさせていくのがよい。

2. ビジネスマンにふさわしい時計の色

ビジネスマンが仕事中に身につける時計は、自分が好きなものよりも、相手によい印象を与えるものを選ぶべきだ。派手すぎたりカジュアルすぎたりすれば、信頼感を得るのが難しいので、仕事に影響を及ぼす可能性もある。またビジネスマンは、時計の色にも気をつけておきたい。自分の好きな色を選ぶのではなく、スーツに似合い、相手に安心感を与えられる色を選ぶとよいだろう。

腕時計のベルトの色

ビジネスマンの腕時計は、革のベルトなら黒が基本である。黒革ベルトは最もフォーマルなので、一つ持っておくと正式な場に出席するときにも安心だ。しかし、必ずしも黒でなくてもよい。靴やベルトと腕時計のベルトの色を合わせてオシャレを楽しむ人もいるので、茶色の靴やベルトが多い人は、腕時計のベルトも茶色がよいだろう。

腕時計の文字盤の色

ビジネスマンの腕時計の文字盤は白無地が基本である。シンプルな白の文字盤は視認性がよく、清潔感があるため、スーツの袖から見えたときによい印象を持たれるだろう。基本は白であるが、黒や青の文字盤もスーツに似合うため、問題ないとされている。しかし、フォーマルな場では文字盤が白の腕時計を身につけた方がよいので、最初に手に入れる腕時計は文字盤が基本の白のものを選ぶとよいだろう。

3. 30代・40代のビジネスマンにふさわしい時計の選び方

ビジネスマンは、30代以上になると責任のある仕事を任されることが増え、部下を育成する立場にもあるため、20代の頃より腕時計をランクアップしたいものだ。30代・40代になると、そろそろ一生ものといえるブランド時計を手に入れる人も多い。

30代の腕時計は、高級すぎないように気をつけ、高すぎず安すぎない腕時計を選ぶとよいだろう。腕時計がステイタスを表すため、40代になればそろそろ高級時計を手に入れたいものだ。職場の雰囲気や顧客に与える印象を考えて、年齢にふさわしい腕時計を選ぶようにしよう。

30代・40代のビジネスマンが腕時計を選ぶとき、安っぽいものは避けたいものだ。腕時計の価格帯は広く、1万円以下のものもあれば、100万円以上のものもある。腕時計は会社でのポストや年齢に合わせて選ぶとよいが、スーツとのバランスを考えて選ぶと腕時計だけが浮いてしまうこともないだろう。スーツが安物なのに腕時計が高級すぎたり、スーツが高級なのに腕時計が安物だったりすれば、バランスが悪くて違和感を持たれてしまう。スーツとネクタイの格を合わせて、バランスを取るようにしよう。

品質が高い腕時計は、メンテナンスをしながら使えば長く使える。30代以上のビジネスマンとして、長く愛用できる腕時計を手に入れてはいかがだろうか。

結論

ビジネスマンの腕時計は、名刺交換などのときに、さりげなく見られているものだ。高級すぎなくてもよいが、安っぽいものだと相手を不安にさせるかもしれない。30代・40代になったら、ビジネスマンとして年齢と立場にふさわしい腕時計を手に入れておきたいものである。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >