このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ビジネスマンの腕時計は色・形どれがベスト?革ベルトの色使いも注意

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月 9日

スマートフォンで時間が確認できるといっても、腕時計はビジネスマンの必須アイテムである。たびたび買い替えるものではないので、実用性があって自分に合うものを選びたい。今回はビジネスマンが腕時計を選ぶときのポイントや、革ベルトの色の選び方を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ビジネスマンはスーツに似合うアナログ腕時計を選ぼう

腕時計には大きくアナログ時計とデジタル時計があるが、ビジネスマンはスーツに似合うアナログ腕時計が基本である。ビジネスマンがデジタル腕時計をしていると、カジュアルすぎる印象を持たれる可能性もあるので注意が必要だ。ビジネスシーンにおけるアナログ腕時計は、次の3つが原則といわれている。腕時計を選ぶ際には、この3つを満たすものを選ぶとよいだろう。

黒革ベルト

腕時計のベルトは主に金属製と革ベルトがあるが、革ベルトの方がフォーマルとされている。革ベルトの中では黒が最もフォーマルである。

白文字盤

白の文字盤はシンプルで見やすいので、ビジネス用の腕時計に適している。

3針時計

ビジネスマンの腕時計は、長針・短針・秒針の3針時計が基本である。
また、自分に似合う腕時計を探すには、体型に合わせたケースにするのがよいといわれている。
  • 体が大きい人:ラウンドケース(丸型)
  • 筋肉質な人:スクエアケース(正方形)
  • 痩せ型の人:レクタンギュラーケース(長方形)
ビジネスマンの腕時計は、安っぽいものもふさわしくないが、高級すぎてもよくない。目安としては、スーツの値段に見合うものにするのがよいだろう。スーツに比べて腕時計が極端に高額なものや、スーツは品質がよく高価であるのに安っぽい腕時計ではバランスが取れない。3つの原則を意識して最適なものを選ぼう。

2. ビジネスマンがデジタル腕時計を選ぶ場合の注意点

デジタル腕時計はカジュアルでスポーティーな印象があるので、ビジネスマンはアナログ腕時計を選んだ方が無難である。ビジネスマンの腕時計選びはTPOを考える必要があるのだ。とくに重要な会議やクライアントとの商談時は、アナログ腕時計が基本と考えよう。もしスーツにデジタル腕時計をするのであれば、次のことに気をつけておこう。

デジタル腕時計は色やデザインが豊富であるが、スーツに合わせるなら違和感のない落ち着いた色を選ぶようにしよう。おすすめはスーツに自然になじむ黒だ。間違っても目立ちすぎるビビッドな色を選ぶのは避けよう。

大きさ

デジタル腕時計には、サイズが大きなものも多い。スーツの袖が膨らんでしまうものや、袖に収まらないようなものはNGだ。ビジネスマンの腕時計は、普段袖に隠れていて、時間を確認するときだけ袖口から見えるのが理想的である。

デザイン

デジタル腕時計は、多機能なものになればなるほどデザインが派手になりがちだ。デジタル腕時計をスーツに合わせる場合は、落ち着きのあるシンプルなデザインがいい。ビジネスマンの腕時計は第一印象に影響を与えるのでデザインにはとくに注意したい。

3. ビジネスマンの腕時計のベルトは何色がいい?

ビジネスマンの腕時計のベルトは、革か金属製のどちらかを選ぼう。どちらもビジネスシーンにふさわしいが、革ベルトの方がよりフォーマル感がある。また革ベルトの場合、靴やスーツのベルトの色と合わせるといい。たとえば靴やベルトの色が黒であれば、腕時計の革ベルトも黒にすることで統一感が出てオシャレな印象になる。

腕時計の革ベルト・金属製ベルトにはそれぞれメリットとデメリットがあるので以下に紹介しよう。

革ベルトのメリット・デメリット

革ベルトには、素材や色のバリエーションが豊富というメリットがある。また、軽いことやフォーマルなシーンに似合うことも魅力だ。しかし、汗や水に弱く金属製と比べると耐久性は劣る。さらに、こまめに手入れをしないとひび割れやにおいが発生するというデメリットがある。

金属製ベルトのメリット・デメリット

金属製ベルトのメリットは、汗や水に強く耐久性が高い点だ。汗をかく季節でも、金属ベルトなら安心して使えるだろう。一方、デメリットとしては、革ベルトより重いことや、肌に触れるとき冷たい、金属アレルギーの人が使えない点などがある。

結論

時刻を確認したいとき、腕時計をしていれば手元に目をやるだけで瞬時に時刻がわかる。時間の管理ができなければ信頼を失うビジネスマンにとって、腕時計はなくてはならない存在だ。靴やベルトの色と合わせた革ベルトの腕時計も1本持っておくとオシャレが楽しめるだろう。今回紹介した腕時計の選び方や選ぶ際の注意点などを参考に、ビジネスマンにふさわしい腕時計を選んでほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ