このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
飛行機に乗るときコンタクトはどうする?持ち込み方や機内での注意点

飛行機に乗るときコンタクトはどうする?持ち込み方や機内での注意点

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年1月 2日

旅行で飛行機を利用するとき、コンタクトレンズをどうするか悩む人もいるだろう。普段コンタクトレンズを使っていなくても、旅行のときはコンタクトレンズを使うという人もいる。飛行機への持ち込み方法から、機内で装用するときの注意点まで確認しておこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コンタクトレンズの洗浄液や目薬は飛行機に持ち込める

飛行機には液体の持ち込みルールがあるため、コンタクトレンズの洗浄液や目薬などを機内に持ち込んでもいいのか悩む人もいるだろういるだろう。結論からいえば、国内線・国際線に関わらず、持ち込み可能だ。ただし国内線と国際線の液体持ち込みルールは異なるので確認しておこう。

国内線

国内線ではコンタクトレンズの洗浄液は、化粧品類に分類され1容器あたり0.5Lまたは0.5kgまで機内持ち込み・預かりともに可能である。ほとんどの洗浄液は0.5L以下なので、問題なく持ち込むことができる。また、目薬に関しても同様に持ち込み可能だ。

国際線

国際線の飛行機に液体を持ち込む場合は、100ml以下の容器に入れ、1L以下のジッパーつき透明プラスチック袋に入れておくという決まりがある。ただしコンタクトレンズの洗浄液や目薬は医薬品扱いにすることもでき、検査員に医薬品ということを申し出たら、透明プラスチック袋に入れなくても持ち込み可能だ。注意したいのが、医薬品であることを証明するために、処方箋の写しや、パッケージ、説明書などの提示を求められる場合もあることだ。求められたら直ぐに提示できるよう取り出しやすい場所に用意しておくと安心だ。提示したり、説明するのが面倒な場合は、ほかの液体と一緒にプラスチック袋に入れておくといいだろう。ちなみに持ち込みできるのは機内で必要な量なので、洗浄液などは小さなサイズを準備しておこう。

2. 就寝するときはコンタクトを外しておこう

海外旅行は機内で睡眠をとる人が多いが、就寝する前にはコンタクトを外すことをおすすめする。いつ眠ってしまってもいいように、飛行機に乗ったらコンタクトを外して眼鏡にしておくと安心だ。コンタクトをしたまま就寝すると角膜が酸素不足になり、目にダメージを与えることがあるので注意が必要だ。

角膜には酸素を運ぶ血管がないため、起きているときは涙を介して酸素を取り込んでいる。しかし眠っているときは目を閉じているため、大気中からの酸素供給量が一気に減ってしまう。

目が酸素不足になると角膜のバリア機能が低下し、さまざまな感染症を引き起こすこともあるのだ。就寝中のコンタクトの装用は、目にとって重大なダメージを負うリスクがある。気がついたらコンタクトのまま寝ていたということがないよう十分注意しよう。

3. 旅行にはワンデーコンタクトが便利!飛行機でも使いやすい

旅行時のコンタクトにはワンデータイプが便利である。普段は眼鏡を使い、旅行のときだけコンタクトを使う人にはとくにワンデータイプをおすすめしたい。なんといってもワンデータイプのメリットは、1日で使い捨てるのでレンズをケアする必要がないことだ。ケア用品を購入したり、洗浄・保存などの手間がないので愛用者も多い。さらに毎回新品を使うワンデータイプなら、汚れが蓄積する心配もなく衛生的に使える。一方、デメリットとしては、コストがかかることだ。毎日使う人にとっては割高になるだろう。たまにしか使わない人にとってはコスパがいいのでおすすめだ。

そのほかコンタクトレンズには、長期間使えるタイプや2weekタイプなどがある。長期間使用できるソフトコンタクトレンズなら使用期限として個人差はあるが1~1年半程度といわれている。2weekタイプは開封後2週間経過したら処分しなくてはならない。数回しか使用していない場合でも開封してから2週間経ったら使うことができないので注意しよう。

ワンデーや2weekなどの使い捨てタイプなら、1枚ずつ減菌処理がされているので、未開封状態であれば長期間保管することができる。未開封といっても使用期限は定められているので必ず期限内に使用しよう。

また、ワンデータイプのコンタクトは飛行機内でも便利に活躍する。寝る前にサッと外し、到着前に新しいレンズを自分の席でつけるだけと、とにかく手軽だ。ワンデー以外のコンタクトであると、外すときにケアが必要となり、機内のトイレでコンタクトを洗浄しなくてはならない。手間いらずで、洗浄液もいらないワンデータイプは、荷物も減って旅行にもってこいなのだ。ワンデータイプを使って快適な旅行にしよう。

結論

国内旅行でも海外旅行でも飛行機にコンタクトの洗浄液は持ち込むことができる。レンズケアが面倒な人は、ワンデータイプを利用するといいだろう。また、機内で睡眠をとるときは、目に負担がかからないよう忘れずにコンタクトを外そう。楽しい旅行と快適な空の旅となる最適なコンタクトを選ぼう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >