このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
腕立て伏せの正しいフォームと呼吸法は?厚い胸板を手に入れよう!

腕立て伏せの正しいフォームと呼吸法は?厚い胸板を手に入れよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年1月 5日

家でも気軽に筋肉トレーニングができる「腕立て伏せ」。体を鍛えるために、毎日の習慣にしている方も多いのではないだろうか?腕や胸などを鍛える効果のある腕立て伏せだが、頑張ってやっているのに思うような効果がでないとお悩みの方に、今回は、正しい腕立て伏せの方法や呼吸の仕方などについて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 腕立て伏せではどこが鍛えられる?

腕立て伏せで鍛えることができる筋肉は、主に胸の筋肉である「大胸筋」と肩の筋肉である「三角筋」、腕の裏側の筋肉である「上腕三頭筋」である。そのほかにも体幹などの上半身全体を鍛えることができる。

腕立て伏せで胸の筋肉を鍛えると、男らしい厚い胸板を手に入れることが可能だ。さらに肩や腕などは目立つ部分なので、鍛えがいがあるだろう。腕立て伏せは、手軽にできる筋肉トレーニングでありながらも、上半身の目立つ部分を効率的に鍛えることができるトレーニングなのだ。

2. 腕立て伏せの正しいフォーム

手軽にできて効率的な腕立て伏せだが、正しいフォームで行わないと思うような効果は得られない。腕立て伏せにはいろいろなバリエーションが存在するが、どの腕立て伏せにも共通する正しいフォームを紹介しよう。

腕立て伏せのやり方

  • 足をあまり広げず、うつ伏せで寝る
  • 手を肩幅より少し広めの位置におく
  • 手をついて体をあげる
  • 首からかかとまで、一直線にまっすぐにする
  • 息を吸いながら腕を下ろしていく
  • 腕を下げきったところで少しキープする
  • 息を吐きながら、体をあげる
正しい腕立て伏せのフォームは、首からかかとまでを一直線に、まっすぐな姿勢でキープすることだ。お尻が上がったり、腰を落としてしまったりといった間違ったフォームでは、思うようなトレーニングの結果は得にくい。まっすぐな姿勢を意識してトレーニングを行おう。

3. 腕立て伏せしている時の正しい呼吸のタイミングと方法

腕立て伏せをするときには、呼吸を意識することも大きなポイントだ。腕立て伏せをしていると苦しくなって、ついつい呼吸を止めてしまうことが多い。何故呼吸を止めてしまうのかというと、腕立て伏せをしているとお腹に力が入るため、意識していないとどうしても呼吸が止まりやすくなってしまうからだ。

そのため、しっかりと呼吸することを意識して腕立て伏せを行うことが大切なのである。正しい呼吸のタイミングとは、息を吸いながら体を下ろしていき、息を吐きながら体をあげていく方法だ。

4. 筋トレ時の呼吸が大切な理由

腕立て伏せだけではなく、筋トレする時にはしっかりと意識して呼吸をすることが大切だといわれている。その理由は、筋トレ中に全身に力が入っている状態で呼吸を止めてしまうと、身体は酸素不足になり、血圧も上昇してしまうため、ひどい時には意識がもうろうとしたり、気を失ってしまうこともあるからだ。

このようなことにならないためにも、筋トレ中はしっかりと意識して呼吸をすることが大切なのである。

結論

家で手軽にできる腕立て伏せは、腕や肩、胸の筋肉を鍛えるのにとてもよい筋肉トレーニングであるが、正しいフォームでやらないと思うような結果が得られないこともあるので注意が必要だ。正しいフォームのポイントは、首からかかとまでを一直線にまっすぐ保つことである。お尻が上がったり、腰が落ちたりしないよう、まっすぐな姿勢を意識して腕立て伏せを行おう。また、筋肉トレーニング中の呼吸は非常に大切である。力を入れた状態で息をとめてしまうと酸素不足になり、ひどい時には気を失ってしまうことさえ起こりえるため、呼吸を意識しながら行うよう心がけよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ