このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
乳液の正しい使い方や量などノウハウを伝授!自分に合った乳液とは?

乳液の正しい使い方や量などノウハウを伝授!自分に合った乳液とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年1月20日

いまやスキンケアの基本といわれるのが、化粧水や乳液などでの保湿だ。肌を潤すことは、乾燥や肌トラブルを防ぐ意味合いが大きい。しかし中には、化粧水だけで保湿効果は十分だと勘違いしている方も多いだろう。そこで今回は、乳液の役割や正しい使い方など、乳液について詳しく解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 乳液って何?

乳液は化粧水と並び、スキンケアの基本となるアイテムである。なぜ乳液が欠かせないのかというと、化粧水では水分を与えるだけで、閉じ込める作用がないためだ。化粧水のほとんどが水分であり、塗ったまま放置しておくと、水分は肌からどんどん蒸発してしまう。

乳液には、水分のほかに油分も含まれているため、潤いが逃げないよう膜をはる働きがあるのだ。2つを併せて使用することで、水分や美容成分を閉じ込め、みずみずしい肌を保ってくれるだろう。

また、乳液と一言でいってもさまざまなタイプがある。最もオーソドックスなタイプで水分の蒸発を抑えてくれる保湿乳液、紫外線をカットする成分を含んだUV乳液、化粧下地の作用と乳液の効果を併せもつティント乳液の主に3つだ。

肌荒れや乾燥した肌は、見た目にもあまり清潔感があるとはいえない。乳液の効果をしっかりと理解し、潤いのある肌づくりに役立てよう。

2. 正しい乳液の使用量と使い方

乳液の効果を得るには、正しい使い方と適正な量が必須だ。使い方はとくに難しいことはなく、順序を守れば、誰でも簡単にスキンケアが実践できる。乳液の正しい使い方の手順と使用量について解説していこう。
  • 1円玉~10円玉サイズの乳液を手に取り、手の平で温めるようにして広げる。
  • 手の平全体で顔を優しく包み、中心から外側に向かって乳液を塗る。
  • 乾燥しやすい口元や目の周りは、指で重ねづけする。
使い方は至って簡単だが、手を使って優しく包むように塗ることがポイントだ。まずは手の平で乳液を温め、より肌に浸透しやすい温度に調整しよう。乳液は、中心から外側に伸ばし、ムラにならないよう優しく広げてほしい。

また、乳液の適正量は、あくまで1円玉~10円玉サイズとなる。ただし、テカリが気になるおでこや鼻筋などは、薄くつけるとよいだろう。乾燥が気になる部分は重ねるなど、乾燥の度合いによって塗る厚さを調整してほしい。

そして、乳液で潤いやハリを与えるには、使い方と同様につける順序も重要となる。とくに気をつけたいのが、乳液は必ず化粧水の後につけるという点だ。乳液の油分を先につけてしまうと、化粧水の水分が浸透しにくくなってしまう。乳液の正しい使い方と適正量を守り、効果を最大限体感してほしい。

3. 乳液をつける時の注意点

正しい使い方と並行して注目してほしいのが、使用上の注意点だ。早速、乳液をつける際の注意点を解説していこう。

つけるのは化粧水が十分馴染んでから

乳液は、化粧水の後というのが正しい使い方である。しかし、化粧水をつけた直後に乳液を使用すると、せっかくの水分が肌に浸透しきらず、潤い効果が半減してしまうのだ。乳液は水分を弾く油分であるため、しっかりと化粧水を浸透させてからつけるように心がけよう。

何度も重ね塗りしない

なんとなく乳液をたっぷり塗った方が潤うのでないかと思いがちだが、何度も重ねる使い方はNGである。油分を含む乳液を1日に何度も重ねると、毛穴詰まりや肌トラブルの原因ともなりかねない。乳液は、洗顔後の化粧水をつけた後のみとし、適量と正しい使い方を順守しよう。

肌をこすらない

乳液に限らずスキンケア全般にいえることだが、肌を扱う際はゴシゴシとこすってはいけない。肌に刺激が加わり、傷付ける可能性もある。成分を浸透させるのに力は必要なく、手で優しく馴染ませる程度で十分だ。乳液をつける際は、染み込ませるような気持ちで、優しく塗り広げるとよいだろう。

4. 自分に合った乳液の選び方

ドラッグストアなどで乳液コーナーを見ると、実にさまざまな種類が並んでいる。その中で一体どれが自分に合うのか、判断するのは難しいだろう。乳液を選ぶコツは、まず自分の肌質が乾燥肌、混合肌、脂性肌のどれに該当するか見極めることだ。

乾燥肌の場合は、アルコール不使用で保湿成分が高いタイプがおすすめだ。部位によって乾燥やてかりが気になる混合肌は、高保湿の乳液を選び、部分によって塗る量を調整するとよい。また脂性肌の方は、油分が少ないさっぱりタイプを選ぼう。

また、デリケートな敏感肌には、保湿力があり無添加の低刺激タイプがおすすめだ。保湿力を求めるなら、セラミドが配合されているかどうかを見るとよいだろう。大人ニキビに悩んでいる方は、ニキビを抑制する成分が配合されている乳液を選んでほしい。

そのほかにも、オイリーになりやすい夏はさっぱりタイプ、乾燥しがちな冬はしっとりタイプなど、季節ごとに変える使い方もある。まずは自分の肌質や季節による変化を認識し、最も合った乳液を選ぶとよいだろう。

結論

肌の水分を逃がさないためには、乳液の油分が必要である。水分の蒸発を防ぎ、乾燥や肌トラブル対策に有効なのだ。ただし、乳液の効果を体感するには、正しい使い方と適正な量を守ることが重要となる。自分の肌にどのタイプが合うのか判断し、最適な乳液を選んでほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >