このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

マッサージのやり方を知りたい!働く男に効くマッサージを徹底伝授

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年1月29日

身体が重いとこぼしたとき、マッサージを勧められたことがある方は多いだろう。しかし、マッサージにはどれほどの効果があるのか、マッサージに対して懐疑心を抱いている方もいるのではないだろうか。そこで、今回はマッサージの効果について解説し、働く男性の多くが疲労を感じやすい腰と足のマッサージ方法、さらには、セルフでできるマッサージの方法を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マッサージの効果とは?

マッサージがどのようなものかはなんとなく知っていても、マッサージの具体的な効果についてはよく知らないという方もいるだろう。実は、マッサージの歴史は長く、その起源は古代中国に遡る。歴史が長い分、マッサージの効果についても多くの研究が重ねられ、多くの効果が実証されている。以下に、マッサージに期待できるとされている主な効果を列挙しよう。

1.筋肉の疲労を和らげる

マッサージの効果としてよく知られているのが筋肉の疲労を和らげることだろう。肩をもめば肩こりが和らぐことを多くの方が知っていると思うが、肩こりとは肩の筋肉が硬くなっている状態であり、肩をもむことはマッサージの一種である。肩の筋肉以外にも、全身のあらゆる筋肉をマッサージでほぐすことができるので、筋肉の疲労に悩まされている方はマッサージを受けてみよう。

2.血液やリンパの流れを整える

マッサージには血液やリンパの流れを整える効果も期待できる。血液やリンパの流れがよくなれば、新陳代謝がよくなったりむくみが改善したりする。また、免疫力の向上も期待できる。体調不良が気になる方はマッサージで身体をほぐしてみてはいかがだろうか。

3.自律神経を整える

なんとなく身体がだるかったり、イライラしやすかったりすることに悩まされてはいないだろうか。そのような場合は、自律神経が乱れてしまっている可能性がある。マッサージには自律神経を整える効果も期待できるため、マッサージでリラックスして自律神経を整え、身体だけでなく心の健康もケアよう。

4.ストレスを解消する

ストレスを受けると体内でコルチゾールというホルモンが分泌され、焦りや怒りが生じやすくなるが、マッサージを受けることによりコルチゾールを減らすことができるとされている。なんだかむしゃくしゃするなと感じている方はマッサージを受けてリフレッシュしてみるのも一つの手かもしれない。

2. 腰のマッサージの方法

デスクワークに従事している方のなかには腰痛に悩まされている方も多いだろう。その場合は腰にある「志室」というツボを刺激するマッサージを受けてみるとよい。志室は腰に両手を当てるように指示された際、腰をつかんだ両手の親指が触れる場所にあるツボだ。このツボを親指で背骨の方に向かってゆっくり押すようにマッサージすると、腰痛が和らぐ。自分でもマッサージすることはできるが、パートナーに頼んでマッサージをしてもらってもよいだろう。

3. 足のマッサージの方法

立ち仕事に従事していて足の疲れやむくみ、痛みに悩まされている方は、足裏からふくらはぎにかけてのマッサージをしてみよう。足裏のつま先からかかとまで指の腹や拳でさすったり押したりすると、足のむくみや痛みを解消できる。また、ふくらはぎについては、下から上に向かって両手でもんだり、雑巾を絞るようにもんだりするとむくみがとれ、疲れが和らぐ。

4. セルフでできるマッサージの方法

いつでも誰かにマッサージをしてもらえればよいが、なかなかそうもいかないことが多いだろう。その場合、セルフマッサージをすることになるのだが、手が届く腰や足であればともかく、手が届かない肩や背中のマッサージは難しい。しかし、手が届かないからといってあきらめることはない。手が届かない肩や背中もテニスボールが1つあれば簡単にマッサージをすることができる。テニスボールを使ったセルフマッサージの方法は以下の通りなので、試してみよう。
  • 仰向けになり、ほぐしたい箇所と床の間にテニスボールを挟みこむ
  • 肩を大きく3回内回しする
  • 肩を大きく3回外回しする

結論

マッサージには「筋肉の疲労を和らげる」「血液やリンパの流れを整える」「自律神経を整える」「ストレスを解消する」という4つの効果が期待できる。そのため、心身ともに疲労を感じている方は、今回紹介したマッサージの方法を参考にしながら積極的にマッサージを行ってほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ