このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
プロテインのカロリーは低い?ジュースや牛乳で溶かした場合も解説

プロテインのカロリーは低い?ジュースや牛乳で溶かした場合も解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年1月24日

身体を鍛えている人だけではなく、プロテインを飲めば、身体が変わるかもしれないと興味がある人もいるかもしれない。ただ、プロテインはカロリーが高く、太ってしまうのではないか?と心配している人も少なくないようだ。この記事は、プロテインのカロリーや飲み方、タイミングなどを紹介する。プロテインに興味がある人はぜひ読んで欲しい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. プロテインのカロリーは低い?

これからプロテインを飲む人や今プロテインを飲んでいる人にとって、カロリーは気になるポイントだろう。ほかの食べ物よりプロテインはカロリーが高いのでは?と心配する人もいるかもしれない。ここでは、プロテインドリンクのカロリーをほかの飲み物と比較した結果を紹介する。

DNS プロエックス(350ml)は121kcal、缶ビール(普通:350 ml)は140kcal、サイダー(350ml)は143.5kcal、フルーツ飲料(無果汁:350ml)は178.5kcalとなっている。

DNSプロエックスは缶ビールやサイダー、フルーツ飲料と比べてカロリーは低いといえる。プロテインはカロリーが高いというイメージがあったかもしれないが、むしろほかの飲み物より低い場合があり、長期的に摂取しても安心だ。DNSプロエックスは、身体作りに十分な量のホエイプロテインが30gも摂取できる優れものだ。アップルのほか、マンゴー、ミックスベリーといったフレーバーから好みに合わせて選ぶことが可能となっている。DNSプロエックスに含まれる栄養素は、たんぱく質が28.5g(無水物換算値:30.2g)、脂質は0g、炭水化物は 1.1g、食塩相当量は 0gとなっているので、参考にして欲しい。

DNSプロエックスは脂質や食塩相当量が0gであることは、健康志向の人にはありがたい。

2. プロテインのタイプ別 カロリーの違い

プロテインは、主成分の違いからホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインに分かれるのでカロリーの違いを紹介する。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは牛乳を原料にして作られている。各メーカーから販売されているホエイプロテインのカロリーは次の通りである。

DHCプロティンダイエットいちごミルク味:178Kcal/50g

明治 ザバス ホエイプロテイン100ココア味:83Kcal/21g

株式会社 RealStyleビーレジェンド ホエイプロテイン(ベリベリベリー風味):112.5Kcal/29g

カゼインプロテイン

カゼインプロテインはホエイプロテインと同様に牛乳を原料にして作られている。各メーカーから販売されているホエイプロテインのカロリーは次の通りである。

アルプロン カゼインプロテイン プレーン:71kcal/20g

BULKSPORTSビッグカゼインマンゴー味:111kcal/30g

ソイプロテイン

ソイプロテインは大豆を原料にして作られている。各メーカーから販売されているソイプロテインのカロリーは次の通りである。

ファイン AYA'Sセレクション ソイプロテイン: 76.6kcal/20g

明治 ザバス ソイプロテイン100ココア味:79kcal/21g

3. プロテインのタイプ別の最適な飲み方

プロテインは、ホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインに分かれるが、飲むタイミングが異なるので紹介する。

ホエイプロテインを飲むタイミング

ホエイプロテインは吸収が早いので、運動した直後の摂取がおすすめとなっている。

カゼインプロテインやソイプロテインを飲むタイミング

カゼインプロテインやソイプロテインは、ゆっくりした吸収で、持続性もある。そのため、寝る前や起きた後のタイミング、間食の際に摂取することがおすすめとなっている。

各プロテインに合ったタイミングで摂取することで効果がUPする。

4. プロテインは何で溶かすかでカロリーは変わる

粉のプロテインは、水で溶かす場合に比べ、牛乳やジュースで溶かした場合ではカロリーや摂取できる成分、飲みやすさなどに違いがあるので紹介する。

牛乳

プロテインを牛乳に溶かして飲むと、飲みやすくなる。ただ、吸収が穏やかになったり、牛乳のカロリーがプラスになったりすることに注意したい。牛乳のカロリーと主な成分は次の通りとなっているので参考にして欲しい。

牛乳(350g当たり)
エネルギー:235kcal
たんぱく質:11.5g
脂質:13.3g
炭水化物:16.8g
ビタミンC:4 mg
コレステロール:42 mg
単糖当量:16.5g

オレンジジュース

プロテインをオレンジジュースに溶かして飲むと飲みやすくなり、ほかの栄養素も摂取できるが、牛乳と同様に余分なカロリーがプラスになる。オレンジジュースのカロリーと主な成分は次の通りとなっているので参考にして欲しい。

オレンジジュース(350g当たり)
エネルギー:147kcal
たんぱく質:2.8g
炭水化物:38.5g
ビタミンC:77mg
単糖当量:31.5g

プロテインを水で溶かして飲むことが多いと思う。プロテインを水に溶かして飲むと、味を損なうことなくすぐに吸収する。牛乳やオレンジジュースのように余分なカロリーを摂取することがない。

結論

紹介したプロテインドリンクのカロリーは決して高いとはいえず、むしろほかの飲み物よりカロリーが低いので、ダイエットを考えている人でも安心だ。一方、プロテインの種類によってカロリーが異なり、飲むタイミングも違うので選ぶ際の参考にして欲しい。プロテイン以外に余分なカロリーを摂取したくない人は水、飲みやすくほかの栄養も一緒に摂取したい人は牛乳やオレンジジュースがおすすめとなっている。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >