このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
DNSのプロテインとは?目的別の選び方やサプリと効果的に摂取する方法

DNSのプロテインとは?目的別の選び方やサプリと効果的に摂取する方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月21日

引き締まった肉体は年齢問わず男の憧れである。毎日、スポーツジムに通ったり、スポーツを楽しんだりしても、中々、自分が理想とする肉体に辿り着かない人もいるかもしれない。そんな人におすすめなのが、プロテインやサプリメントである。この記事ではDNSのプロテインの目的別の選び方やサプリメントと合わせて効果をアップさせる方法を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. DNSってどんなメーカー?

DNSはプロテインをはじめ、ゼリー・ジェル、サプリメントなどを展開するメーカーである。中でもDNSのプロテインは、アメリカンフットボールやバスケットボールの有名な選手やモデルが愛用している。

また、DNSが展開するゼリー・ジェルの中にはエナジーゼリーがあり、短時間でエネルギーが摂取でき、人間の活動をサポートする成分で構成されている。エナジーゼリー1つで200kcalを摂取でき、アルギニンとシトルリンを組みあわせたVelox®やビタミンB群が配合されている。

2. 目的別、DNSのプロテインの選び方

DNSのプロテインは豊富なラインナップを展開しており、選ぶのに困る人がいるかもしれない。DNSのプロテインを目的別に選び方を紹介する。

目的:身体を素早く作り上げたい

DNSでは身体を素早く作り上げたい人に向けてホエイプロテインSPを展開している。ホエイプロテインSPは、ハイスペックなプロテインで、身体作りに必要な必須アミノ酸がすべて摂取できる。また、アルギニンとシトルリンを組み合わせたNOブースター、身体の分解を抑制するグルタミンなどが配合されている。

目的:身体をより大きくしたい

DNSでは身体をより大きくしたい人に向けてホエイプロテインG+を展開している。DNSのホエイプロテインG+は、日本のアスリートを強くする目的で誕生した。ホエイプロテインG+は、身体作りを補助する成分が配合されているうえ、美味しく飲める。たんぱく質が十分に摂取でき、1食(33g)あたり、アスリートに必要なグルタミンが5,000㎎も配合されている。

目的:美味しくプロテインを飲みたい

DNSでは美味しくプロテインを飲みたい人に向けてプロテインホエイ100を展開している。
DNSのプロテインホエイ100は美味しさにこだわっており、プレミアムチョコレートをはじめ、いちごミルク、抹茶、トロピカルマンゴー、バナナオレ、リッチバニラ、レモン、カフェオレといったフレーバーが用意されている。

DNSのプロテインホエイ100にはホエイたんぱくを100%使用している。ホエイたんぱくとは乳清たんぱくのことで、牛乳に含有するたんぱく質である。小さな分子量となっており、素早く消化や吸収が行われる。DNSのプロテインは健康な牛のグラスフェッド・ホエイを使い、添加物、遺伝子組み換え作物、合成着色料を使わずに作られている。

目的:運動後すぐにプロテインを飲みたい

ゴールデンタイムという言葉をご存じだろうか?プロテインを飲むタイミングは運動後30分間が適しており、ゴールデンタイムといわれている。DNSのプロエックスは運動後すぐに飲めるプロテインドリンクなので、ゴールデンタイムを逃さない。プロエックス350ml中にホエイプロテインを約30gも含んでいる。アップル、マンゴー、ミックスベリーといった3つのフレーバーが用意されており、飲みやすい。

目的:プロテインを初めて飲む

DNSではプロテインを初めて飲む人に向けてACTIVE ホエイプロテインを展開している。生活の中でプロテインを取り入れてもらいたいという願いから、DNSのACTIVE ホエイプロテインは誕生した。ホエイを100%使っているうえ、素早く吸収されるため、体内で優れた利用効率を誇る。8種類のビタミンをはじめ、カルシウム、マグネシウムが配合されており、水と合わせても粉っぽさが残らず、泡立ちも抑制されており、飲みやすい。

3. DNSのサプリメントと一緒に摂取して効果をアップさせよう

DNSのHMB タブレット(サプリメント)は、プロテインホエイ100と一緒に摂取することで効果がUPするので紹介する。HMBとは3-Hydroxy 3-MethylButyrateの略称で、筋たんぱくの合成促進や分解抑制などの機能がある。筋たんぱくの合成促進にはシグナル伝達(信号伝達経路)といった概念があり、HMBが関与している。具体的にはHMBは、筋たんぱく合成の伝達経路・mTORのスイッチをオンにして筋たんぱくの合成促進を行う。

一方、HMBは、筋タンパクの分解を抑制するユビキチン・プロテアソーム系といわれる伝達経路のスイッチをオフにして、筋たんぱくの分解抑制も行う。紹介したようにDNSのHMB タブレットは身体作りをしっかりサポートしてくれる。

結論

DNSはプロテインのメーカーとして有名だが、ゼリーやジェル、サプリメントも充実している。DNSは幅広いラインナップのプロテインを展開しているので、紹介した目的別の選び方を参考にして自分に合ったものを選んで欲しい。中でも、ジムで筋トレする際に、プロテインドリンクであるプロエックスが重宝する。プロテインが苦手という人には、多彩なフレバーが楽しめるプロテインホエイ100を試して欲しい。HMB タブレットとプロテインホエイ100を一緒に摂取すると効果がアップするのでおすすめだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ