このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
爪切りの頻度はどれくらいがベスト?大人と子供でも違う?

爪切りの頻度はどれくらいがベスト?大人と子供でも違う?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月11日

爪が伸びていると印象が悪いので、適切な頻度で爪切りをしておきたいものだ。自分の爪に合った道具を選び、爪に負担がかからないように切っておきたい。大人と子供の爪切りの頻度や爪を切るのにベストな時間を知っておこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 爪切りの道具は何を選べばいい?

爪は長いと不潔に思われてしまい、短すぎると深爪になってしまう。爪の長さや形、ツヤなどは意外と見られているものだ。爪切りや爪をキレイにする道具を揃えて、清潔感があるワンランク上の爪を目指そう。

クリッパー型爪切り

一般的な爪切りの道具といえば、上下の刃で挟んで爪を切るクリッパー型の爪切りだ。爪切りを使うときは、一気に広範囲を切ってしまうと爪が割れる原因になってしまう。爪の端から数回に分けて細かく切っていこう。爪切りは古くなると切れ味が落ちて爪が割れることがあるので、古くなったものは買い替えることをおすすめする。

爪やすり

爪やすりも持っておいた方がいい道具だ。爪切りで切っただけでは尖った部分があるだろうから、爪やすりで滑らかに整えておこう。爪やすりは往復させず、一定方向に動かすのがポイントだ。

ハサミ型爪切り

薄くて柔らかい爪の人は、爪への負担が少ないハサミ型爪切りがよい。赤ちゃん用の爪切りもハサミ型で、先が丸くなっている。

爪ブラシ

爪を短く清潔に切りそろえても、爪の間が汚れていたら台無しだ。爪と指の間に汚れをためないよう、爪ブラシを使って丁寧に洗っておこう。

ハンドクリーム

最後は手指や爪をハンドクリームで保湿しておこう。乾燥を防ぐことで、手や爪が清潔な印象になる。男性用のハンドクリームもあるので、爪切りの仕上げに保湿しておこう。

2. 爪切りの頻度やベストな時間

爪は1日に約0.1mm伸びるといわれている。わずかなようだが、爪は少し伸びても目立つものだ。個人差もあるが、だいたい1mmくらい伸びてくると見た目にも不潔感が出てくるため、1週間~10日に1回くらいの頻度では爪切りをしておくようにしよう。爪が伸びるスピードは季節によっても違い、冬より夏の方が伸びるのが早いといわれている。爪が伸びているとだらしない印象を持たれてしまうので、自分にとって適度な頻度を見極めて、爪が伸びすぎる前に切っておこう。

また、足の爪は手の爪より伸びるのが遅く、1日に0.05mm程度だ。爪切りの頻度は2週間に1回程度がちょうどよいだろう。足の爪は人に見られる機会も少ないため、油断する人もいるかもしれない。しかし足の爪が伸びすぎると、靴下に穴があく原因になってしまうので注意しよう。

また、爪を切る時間は、お風呂上がりがベストだ。お風呂に入ると爪は柔らかくなるので、乾燥した状態の爪を切るよりも負担がない。逆に爪切りを避けておいた方がいい時間は、お風呂に入る前だ。お風呂の前に爪切りをして、わずかでも皮膚が傷つくと、そこから雑菌が入ることがある。浴室はカビが発生しやすいので、傷からカビが入ると大変だ。このような理由で、爪を切るのはお風呂上がりがよい。手の爪も足の爪もお風呂上がりの柔らかくなっている時間に切っておこう。

3. 子供の爪切りの頻度は?大人より伸びるのが早いので注意が必要

子供は新陳代謝が活発なので、大人よりも爪が伸びるのが早い。爪切りの頻度は週に1回が目安だが、伸びていないか大人がこまめにチェックしておこう。幼児の場合は爪が伸びていると、思わぬケガにつながることがある。遊んでいて友達をひっかいてしまったり、何かに爪をひっかけて割れてしまったりする恐れもあるだろう。自分をかきむしってしまうこともあるので、爪が伸びすぎないように気を付けておきたい。

赤ちゃんなら週に1~2回の頻度で爪切りするようにしよう。赤ちゃんが手を動かすと危ないので、起きているときは爪を切りにくい。お昼寝しているときか、授乳中のタイミングで爪切りするのがいいだろう。赤ちゃんは爪が伸びていると自分の顔をひっかく可能性があるので、大人より高い頻度で爪切りをして、伸びすぎないように気を付けておきたい。

また、大人は風呂上がりのタイミングで爪を切るのがベストだが、小さな子供の場合は違う。赤ちゃんや幼児の爪は柔らかいため、お風呂上りは水分を含んでさらに柔らかくなっている。そのようなタイミングで爪を切ると、深爪になってしまうかもしれない。そのため小さな子供の爪を切るときは、お風呂上がり直後は避けておこう。

結論

爪は毎日少しずつ伸びていくので、週に1回の頻度で爪切りしておきたい。とくに小さな子供や赤ちゃんは、爪が伸びていると自分で肌を傷つけてしまう危険がある。安全のためにも子供の爪はこまめに切るようにしておこう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >