このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

鼻毛処理どうしてる?鼻毛の役割と正しい鼻毛の処理方法を大公開!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月 4日

気になるけれど、なかなか他人には聞けない鼻毛処理の話。話している相手の鼻からチラチラ見える鼻毛が気になった経験は、誰にでもあるだろう。他人の鼻毛を見ると自分の鼻毛も気になってしまう。安心して会話するために、今回は鼻毛処理について解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 鼻毛の処理頻度はどれくらいが最適?

鼻毛を正しく処理するために、鼻毛のことを知ることから始めよう。鼻毛のことがわかれば、鼻毛の処理の仕方もわかってくるはずだ。

鼻毛の役割とは?

イメージはよくない鼻毛だが、なぜ生えているのだろうか。鼻毛には3つの大事な役割があるのだ。
・フィルターの役割
鼻呼吸で体内に空気が入るときに、ホコリやウィルスなどの異物も吸い込んでしまう。その異物が鼻毛に引っかかることで、鼻より奥に侵入することを防げるのだ。

・乾燥を防ぐ役割
鼻の中には粘膜があり、通常は適度に湿っている。空気が乾燥すると粘膜も乾燥するが、鼻毛が湿度を保ち、粘膜の乾燥を防いでくれる。

・においをかぎ分ける役割
鼻毛には、嗅毛(きゅうもう)という種類の毛がある。嗅覚受容体が備わった嗅毛はにおいを判別して脳に伝え、かぎ分けられるのだ。

適切な鼻毛の処理頻度と範囲は?

大事な役割がある鼻毛だが、処理してもいいのだろうか。処理をするのは入り口付近だけにし、奥の鼻毛は残しておけば大丈夫だ。鼻毛が伸びる速度は人によって違い、環境によっても変わるが、一般的には1日で約0.15mm、1カ月では4~5mmほど伸びる。きちんと鼻毛処理していても、4~5mm伸びると鼻の穴から飛び出る可能性が高い。鼻毛の処理頻度は、1カ月に1回を目安するとよいだろう。

2. 鼻毛は抜く派?切る派?どちらが多い?

鼻毛の処理には、大きく分けて「切る」と「抜く」の2つの方法がある。切る方法とは、ハサミや鼻毛カッターで鼻毛を切るというもので、抜く方法とは、毛抜きや手で1本ずつもしくは脱毛ワックスで一気に抜くというものだ。

鼻毛カッターを販売しているパナソニックが20~50代の会社員の男女500名を対象に2018年に実施したアンケート調査(※)では、切る派が72%、抜く派が27%、その他が1%という、切る派が圧倒的に多い結果となった。痛みを感じる「抜く」という方法は、手軽な「切る」方法より人気がないようだ。

(※出典:ビジネスシーンでの「身だしなみ」に関する意識・実態調査|パナソニック株式会社

3. 鼻毛を切っている人はハサミ派?鼻毛カッター派?どっちが多い?

鼻毛は「切る」方法が多数派であるが、切る派の人たちはどんな道具を使うのだろうか。上で紹介したパナソニックのアンケート調査では、切る派と答えた72%のうち、51%が「ハサミで切る」、20%が「鼻毛カッターで切る」と回答している。つまり、抜く派も含めた鼻毛処理をしている人全体のうち、51%という半数以上の人が、ハサミを使っているということだ。

小さくて刃先が丸い鼻毛用のハサミは100均でも販売されており、比較的手ごろな価格で入手できるので、誰でも簡単に使いやすいというメリットがある。まとめて処理することもでき、飛び出た1本をピンポイントで切るのも簡単だ。小さいのでポーチに入れて持ち運べ、外出先でもすぐに鼻毛処理ができるのである。

鼻毛カッターには電動と手動があるが、どちらも刃が直接皮膚に当たらないので安全性が高く、ハサミよりも処理スピードは速い。便利な鼻毛カッターだが、ハサミにくらべて価格が高く、使用後の手入れなどを考えると手を出しにくいというデメリットもある。

4. 鼻毛処理のNG行為と適切な処理の仕方

鼻毛の処理方法を間違えると、体調に影響することもある。鼻毛は正しい方法で処理しよう。

鼻毛処理のNG行為

鼻毛処理には、注意すべきポイントがある。やってはいけないNG行為を解説しよう。

鼻毛を抜くのはNG

鼻の中は粘膜や密集した毛細血管でデリケートにできている。鼻毛を抜くことで、デリケートな鼻の中を傷つけるおそれがあるのだ。炎症や出血、細菌への感染も考えられるので、鼻毛処理は抜くよりも切るほうがおすすめである。

鼻の奥まで処理するのはNG

鼻毛には、体を守ったりにおいをかぎ分けたりする重要な役割がある。見える可能性がある入り口付近のみ処理し、奥の鼻毛は大切に残しておこう。

適切な鼻毛処理方法

鼻毛処理はハサミや鼻毛カッターでの処理がおすすめ。適切な鼻毛の処理手順を紹介しよう。
  • ティッシュや綿棒で鼻の中の汚れや水分を取る。
  • 鼻の穴に道具を入れて鼻毛を切る。
    【ハサミ】鼻に対して刃が並行になるようにして切る。
    【鼻毛カッター】電動の場合はスイッチを入れてから、手動の場合はそのまま、鼻の穴に入れ、刃が鼻毛に当たるように動かして切る。
  • ティッシュや綿棒で鼻の中の切った鼻毛を取る。
  • 鏡で切り残しがないかチェックする。

結論

身だしなみを整えるために、こまめに鼻毛を処理することは大事である。ただし、間違った処理方法では、鼻の中が炎症を起こしたり体調に影響してしまったりすることも。正しいやり方で鼻毛を処理して、好印象を持たれる男を目指そう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ