このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
メンズの白髪染めの方法!白髪の原因や初めての時に気を付けることは

メンズの白髪染めの方法!白髪の原因や初めての時に気を付けることは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月18日

30代後半にさしかかると多くの人が気になりはじめる白髪。そのまま放置すると、若々しく見られなくなったり、不潔な印象を与えたりすることもあるので注意が必要だ。今回は白髪になる原因や、初めて白髪染めをする時の注意点などを解説する。自宅での白髪染め方法や市販のメンズ白髪染めの選び方も紹介するのでぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 白髪になる原因とは?

そもそも、なぜ歳をとると白髪になるのだろうか。髪の毛の色はメラニン色素によって決められている。髪の毛を作っている「毛母細胞」のまわりには「メラノサイト」という細胞があり、メラノサイトがメラニン色素を作ることで髪の毛は黒くなっているのだ。メラニン色素の生成には「チロシナーゼ」という酵素が必要だ。

このチロシナーゼは加齢によって徐々に減少していくと考えられていて、そうするとメラノサイトがメラニン色素を作れなくなり、色が付いていない状態で生えてくる髪の毛がだんだん増えてくる。白髪が始まる年齢には個人差があり、遺伝的な要素が大きいといわれている。

白髪は加齢以外にも、ストレスや栄養不足などが原因になっていることもある。加齢による白髪を黒髪に戻すことはなかなか難しいが、ストレスや栄養不足による白髪は、ストレスを軽減したり、食生活を改善したりすることによって自然と黒髪に戻る場合も多い。

2. 初めて白髪染めをする時に気を付けること【メンズ編】

「美容院で白髪染めをすると高くつくので、市販のメンズカラー剤を使って自宅で白髪染めをしたい」と考える方も多いだろう。ここではセルフで白髪染めをする時の注意点について解説する。

明るい色を選ぶ

初めての白髪染めで失敗しがちなのは、不自然に黒く染めすぎてしまうことだ。真っ黒に染めてしまうと、後から明るい髪色に戻すのは難しいので、カラー選びに迷った時には明るめのカラーを選ぶとよいだろう。

伸びた部分だけ白髪染めをする

市販のメンズカラー剤はどんな髪質でもしっかりと染まるように、強い薬剤が使われているものが多い。髪へのダメージが大きいので、毎回全体を染めるのではなく、生え際の伸びた部分だけ染めるようにしよう。美容院ではその人の髪質や状態に合わせてカラー剤を調合してくれるので、ダメージを最小限に抑えて染めることができるのがメリットだ。頭皮や髪の毛のダメージが気になる方は、値段が高くついてもプロにお願いしたほうがいいだろう。

事前にパッチテストを行う

メンズ白髪染めにはアレルギー症状を引き起こす物質が含まれていることがあるため、初めてのセルフカラーの時は必ずパッチテストを行おう。メンズ白髪染めの薬剤を少量混ぜ合わせて綿棒で腕の内側に薄く塗る。その後48時間経過してもかゆみやかぶれ、湿疹などの症状が出なかったら白髪染めを行おう。

3. 自宅で白髪染めをする方法【メンズ編】

次に、市販のメンズ白髪染めを使って自宅で白髪を染める時の方法について解説する。

メンズ白髪染めの前の準備

美容院で使うようなケープがあれば理想だが、なければ汚れてもいい服を着て、首のまわりにタオルを巻こう。洋服は前あきのものにすると洗い流す時に脱ぎやすいだろう。床や壁に薬剤が付いてしまうと落ちにくいので、新聞紙を敷いてガードするとよい。

皮膚に薬剤が付いてもすぐ落とせるよう、髪の生え際に1周ぐるりと油性クリームを塗り、手にはビニールの手袋をはめる。

メンズ白髪染めの手順

2つの薬剤を混ぜて使うタイプのメンズ白髪染めは直前に混ぜよう。まずはおでこの髪の生え際、白髪が目立つ根本部分から塗っていく。次に髪の分け目の部分を塗り、前髪とサイドも塗ろう。髪の毛の多い方は髪を分けながら内側と外側両方から付けるようにするといいだろう。

次に耳の後ろや襟足、後頭部を塗っていく。後頭部も髪の量が多ければ少しずつ分けながら塗るとムラなく染めることができる。最後に根元を塗ったら、仕上げにクシで全体をいろいろな方向からとかそう。とくに白髪の気になる部分には最後に重ね付けしておくと安心だ。白髪染めの説明書に記載されている時間放置したら、薬剤が残らないようにたっぷりのお湯ですすぐ。

4. 白髪染めの選び方【メンズ編】

最後に、市販のメンズ白髪染めを購入する時の選び方について解説する。メンズ白髪染めは大きく分類すると3種類あるので、自分に合ったものをセレクトしよう。

メンズ白髪染めヘアカラー

最もしっかりと白髪を染められるのが白髪染めヘアカラーである。髪の毛内部に色素を浸透させるため、髪へのダメージは大きいが、しっかりと色が入るので色持ちがよく、カラーバリエーションも豊富だ。明るい色にしっかり染めたい方におすすめである。

メンズ白髪染めヘアマニキュア

白髪染めヘアマニキュアは髪の毛の表面に色を付けるタイプの白髪染めだ。ヘアカラーに比べ髪の毛が傷みにくいうえに、ツヤを出す効果も期待できる。ただし、カラーバリエーションは少なく、明るい色に染めるのは難しい。色落ちが早いのも特徴である。髪のダメージが気になる方にはヘアマニキュアを選ぶとよいだろう。

カラーシャンプー・トリートメント

入浴時に気軽に使えるのがカラーシャンプーとカラートリートメントだ。数日間いつものシャンプーとトリートメントの代わりに使うだけで、徐々に白髪を染めることができる。髪の毛や頭皮へのダメージは少ないが、使うのを止めると髪の色も元に戻る。手軽に白髪染めをしたい方におすすめだ。

結論

今回は白髪が生える原因や白髪染めの方法について解説した。市販のヘアカラーは髪の毛を傷めてしまうリスクもあるため、ダメージを最小限に抑えて白髪染めをしたい方は美容院で染めてもらったほうがいいだろう。できるだけお金をかけずに白髪染めをしたい方は、ドラッグストアなどで市販の白髪染めを購入して自分で染めるのがおすすめだが、メンズ白髪染めには3つの種類があるので、メリットとデメリットを考慮したうえでセレクトしよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >