このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
結婚式のネクタイのマナーとは?色やスーツとのコーディネートも解説

結婚式のネクタイのマナーとは?色やスーツとのコーディネートも解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月30日

結婚式に出席するときのファッションはブラックスーツに白ネクタイが正式だが、最近はカジュアルウェディングなども増えており、必ずしもブラックスーツに白ネクタイでなくても許容されるケースが多い。式場の雰囲気や新郎新婦との関係性によっても着こなしのマナーは異なるので、今一度確認しておこう。今回は結婚式に招かれたときのネクタイの色や柄、スーツとのおすすめコーディネートなどについて解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 招かれた結婚式のネクタイの色は何がいい?

結婚式にゲストとして招かれたときのネクタイの色は、正式には白とされている。格式の高い結婚式場での挙式や、親族として招かれた場合には、白を着用するのがふさわしいだろう。しかし最近では、白のネクタイを着けているのは年配の方が多いという印象で、光沢のある明るいシルバーのネクタイも結婚式の定番となっている。

新郎新婦との関係性や結婚式の雰囲気、参列者などによってもネクタイの色のマナーは異なる。最近増えているレストランウェディングやカフェウエディングなど、比較的カジュアルな結婚式に出席するときにはカラーネクタイでもマナー違反にはならない。また、新郎新婦の友人として出席する場合なども、明るい華やかな色のネクタイを選ぶのはおすすめである。薄いピンクや水色、イエローなどのパステルカラーは、結婚式の華やかな雰囲気を引き立てることができるので喜ばれることだろう。

反対にフォーマルな場だからといって黒のネクタイを着けるのは、弔事を連想させるので絶対に避けるべきである。

2. 柄物のネクタイでも大丈夫?

結婚式に招かれたときに着けるネクタイは、正式には白やシルバーの無地とされているが、格式の高い結婚式場での挙式や、親戚として出席するのでなければ、多少柄が入ったネクタイを選んでもマナー違反にはならない。
ただし、いくらカジュアルウェディングだとしても、大きなドットや花柄などの派手すぎる柄は避けたほうが懸命だ。細かいドットやストライプなどの定番の柄がさりげなく入ったものを選ぶと失敗がないだろう。ヒョウ柄などのアニマル柄も、フォーマルなシーンではマナー違反とされているので気を付けよう。

ほかの人とはちょっと違うオシャレがしたいという方は、ネクタイの色や柄ではなく結び方で工夫をしたり、ネクタイピンやカフスなどでフォーマルな雰囲気をプラスしたりするのがおすすめだ。あくまでも主役は新郎新婦なので、引き立て役としてふさわしいファッションを心がける必要があるだろう。

3. ネクタイとスーツとのおすすめコーディネート

格式の高い結婚式場での挙式や、親族、上司として式に参列する場合の服装は、ブラックスーツに無地の白シャツ、白かシルバーのネクタイを合わせるコーディネートが正式である。参列者に年配の方が多い場合にもフォーマルな装いを心がけたほうが失敗がないだろう。

新郎新婦の友人として出席する場合には、グレーやネイビーなどのダークカラーのスーツであれば、黒でなくてもマナー違反にはならない。とはいえお祝いの席なので、ビジネス用のスーツをそのまま着ていくのではなく、ベストをプラスしたりチーフを合わせたりしてフォーマルな装いになるよう心がけるのがおすすめだ。

Yシャツとネクタイも、さりげなく柄が入ったものや、明るいパステルカラーのものであれば問題ない。くれぐれも新婦の衣装とかぶるような、白や白に近い明るい色のスーツは避けるようにしよう。

4. 蝶ネクタイでも大丈夫?

蝶ネクタイは本来タキシードに合わせるフォーマルなネクタイである。タキシードは夜の正装のため、夕方以降に行われる結婚式であれば着用しても問題ない。人とは違う上級者ファッションに挑戦したい方に蝶ネクタイはおすすめである。

普通のネクタイと同じように、結婚式で着けるなら白、シルバー、パステルカラーなどの光沢のあるものを選ぶとよい。柄もドットやストライプなどの定番の柄をセレクトし、派手すぎる柄やアニマル柄は避けるようにしよう。

普通のネクタイの場合、結婚式で黒はNGとされているが、蝶ネクタイの場合は黒を着用してもOKだ。蝶ネクタイと相性のいいベストと合わせたり、ポケットチーフのカラーと合わせたりするとオシャレな印象の着こなしができるだろう。

結論

今回は結婚式にゲストとして招かれたときの服装のマナーについて解説した。格式の高いホテル挙式に出席する際や、親族、上司という立場で出席する場合には、ブラックのスーツに白かシルバーのネクタイを合わせる正式なスタイルがよいだろう。レストランやカフェなどで行われるカジュアルウェディングに出席する際や、友人として招かれている場合には、そこまで正式なスタイルにこだわらなくてもいいので、ダークスーツにパステルカラーのネクタイなどを合わせて、華やかに装うのもおすすめである。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >