このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ブラジリアンワックスはセルフでできる?正しい脱毛方法と注意点

ブラジリアンワックスはセルフでできる?正しい脱毛方法と注意点

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月16日

ブラジリアンワックスとは、ハチミツなどの自然由来の成分を使用した脱毛剤のことである。ブラジリアンワックス専門の脱毛サロンができるほどの人気で注目を集めている。そこで今回は、ブラジリアンワックスでセルフ脱毛する方法や注意点、痛くない脱毛方法のコツについて紹介する。ブラジリアンワックスでキレイに脱毛しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ブラジリアンワックスはセルフでやっても大丈夫?

ブラジリアンワックスをしてみたいけどサロンに行くのは恥ずかしいという方や、サロンに行く時間がないという方にはセルフ脱毛がおすすめだ。ブラジリアンワックスは正しい方法で行えば、セルフで脱毛することもできる。ここでは、ブラジリアンワックスの正しい脱毛方法を紹介する。

1.脱毛する部位をキレイに洗う

肌に汚れや水分が残っていると、ブラジリアンワックスが密着しづらくなったり、すべりやすくなったりするため脱毛効果が半減してしまう。ブラジリアンワックスを使う時は、まず脱毛する部位をキレイに洗い、タオルでしっかりと水分を拭き取っておこう。水分をしっかりと取り除くために、ベビーパウダーを薄く塗るのも効果的だ。

2.ブラジリアンワックスを塗る

肌がキレイになったら、毛の流れと同じ方向にブラジリアンワックスを塗る。ブラジリアンワックスは専用のヘラですくい取り、毛の根本から薄く均一になるように塗るとよい。

3.シートを貼る

ブラジリアンワックスの上に専用のシートを貼り付ける。毛の流れに沿って、押し付けながら撫でるように、シートとブラジリアンワックスをしっかりと密着させるのがポイントだ。

4.シートを剥がす

皮膚がたるまないように片方の手で引っ張り、毛の流れと反対方向に勢いよくシートを剥がす。皮膚がたるんでいると毛が残ってしまったり痛みの原因になったりするので注意が必要だ。

2. ブラジリアンワックスをセルフでやる時の注意点

ブラジリアンワックスは自宅で手軽にセルフ脱毛できるが、方法を間違えると上手に脱毛できなかったり、痛みが出てしまったりすることもある。ここでは、ブラジリアンワックスでセルフ脱毛する時の注意点を紹介する。

肌の状態が悪い場合は使用を避ける

ブラジリアンワックスは肌に直接塗って脱毛する方法なので、肌の状態が悪い時には使用できない。傷がある場所や吹き出物ができている場所、日焼けをしている場所などには使用を控えよう。

少しずつ使用する

ブラジリアンワックスは少しずつ使用するのが正しい方法だ。一気に脱毛したいからといって、一度に広範囲に使用するのは控えよう。目安としては1×2~3cm程度ずつ、細かく脱毛するのがおすすめだ。

ブラジリアンワックスがやわらかすぎると脱毛しづらい

ブラジリアンワックスはハチミツからできているので、保管場所の温度によって固さが変化する。暖かい場所に保管しているとやわらかくなりすぎるので、冷蔵庫などに冷やして固さを調節しよう。逆に固まりすぎてしまった場合は、ホットカーペットの上などで少し温めるとよい。

ブラジリアンワックスが肌に残らないように注意する

脱毛をしている時にブラジリアンワックスが残っていたり汗をかいたりしていると、脱毛効果が最大限に発揮できなくなる。途中で肌が汚れた場合は、一度濡れタオルなどでしっかり拭き取り、ベビーパウダーで水分を取り除くとよい。

痛みが出た場合は冷やす

はじめてブラジリアンワックスを使用する人や肌の弱い人は、使用の際に痛みを感じる場合がある。途中で痛みが出た時は、水で濡らしたタオルや保冷剤などで肌を冷やすとよい。

3. ブラジリアンワックスをセルフでやる時に痛くないコツはある?

ブラジリアンワックスは毛を貼り付けて抜く方法なので、痛みが心配な人も多いのではないだろうか。たしかにブラジリアンワックスでの脱毛は多少の痛みが伴うが、正しい方法で行えば痛みを軽減することができる。とくに毛根が太い人や毛量が多い人は痛みが出やすいので注意しよう。ここでは、ブラジリアンワックスをセルフで行う際に痛くなりにくいコツを紹介する。

外側から脱毛する

腕やすねなど、毛の濃い場所を脱毛する時は、毛の薄い外側から徐々に脱毛していくのがおすすめだ。一度に広範囲に塗るのではなく、外側から少しずつ脱毛すると痛みを感じにくい。

毛の長さは2〜3cmに

ブラジリアンワックスは毛を密着させて脱毛するので、毛の長さが長過ぎても短すぎても上手に抜けない。毛の長さは最低でも1cmは必要で、2〜3cm程度あるとさらに抜きやすくなる。毛が短い場合は伸ばしてから使用しよう。また、毛が長過ぎる場合は絡まってうまく抜けず、痛みを感じやすいので、あらかじめハサミなどで2〜3cmの長さにカットしておくとよい。

剥がし方、向きに注意

ブラジリアンワックスの上に貼ったシートは、毛の流れと反対方向に引っ張って剥がす。痛みが怖いからといってゆっくり剥がしてしまうと、うまく剥がれず、逆に痛みが出てしまうので注意しよう。剥がす時に皮膚が一緒に引っ張られないようにしっかりと押さえ、勢いよく剥がすのがコツだ。

4. ブラジリアンワックスをした後のアフターケアの方法

ブラジリアンワックスをした後は、肌が非常に敏感な状態になっている。そのまま放置していると肌荒れや痛みの原因になってしまうので、脱毛の後はしっかりとアフターケアをしよう。

肌に刺激を与えない

ブラジリアンワックスで脱毛した後は、しばらく毛穴が開いたままの状態になる。非常に敏感な状態なので、プールや海に入って刺激を与えないように注意しよう。また、湯船につかるのも刺激になるので控えておいたほうがよい。

保湿する

脱毛後は、肌を落ち着けるためにしっかりと保湿するとよい。鎮静効果のあるジェルや化粧水などを塗って肌を休めよう。ボディクリームなどは油分が多いので、毛穴が開いている状態の時には適していない。

保湿は脱毛当日だけでなく、毎日行うことで肌の状態を整えることができる。お風呂上がりや寝る前など時間を決めて、しっかり保湿しよう。

肌が落ち着いたらスクラブでケアする

脱毛から一週間程度経つと、肌の状態が落ち着いてくる。毛穴が閉じたら、次の脱毛に備えてスクラブで肌を整えておくとよい。スクラブでマッサージをすることで皮膚がやわらかくなり、次の脱毛で毛が抜けやすくなり、痛みも軽減できる。塩分が入っているスクラブは刺激が強いので、顔用のスクラブや泡タイプなど刺激の弱いものがおすすめだ。

結論

ブラジリアンワックスは毛をキレイに抜ける方法だ。脱毛の仕組みが単純なのでセルフで行うこともできる。ただし、方法を間違えると肌荒れの原因になったり痛みが出たりするおそれがあるので注意が必要だ。ブラジリアンワックスを正しく使用して、自宅で簡単にセルフ脱毛しよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ