このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ミドル脂臭ってどんなニオイ?枕が臭いのはミドル脂臭が原因だった!

ミドル脂臭ってどんなニオイ?枕が臭いのはミドル脂臭が原因だった!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月31日

加齢臭にはまだ早い年齢のはずなのに、若いころとは変わってきた体臭に戸惑う30~40代の男性は多い。その体臭は、加齢臭ではなくミドル脂臭というものだ。汗臭、加齢臭に次ぐ第3のニオイといわれるミドル脂臭について、解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 30~40代の男性が発するミドル脂臭とは?

家族や友達から指摘されて気づくことも多い体臭の変化。ある年齢になると気になるミドル脂臭とは、どんなニオイなのだろうか。

ミドル脂臭とは

ミドル脂臭とは、男性の体臭を研究しているマンダムが発見・命名した体臭のことである。30~40代の男性に多く発生する体臭で、使い古した油のような独特なニオイだ。ミドル世代が発する脂っぽいニオイということで、ミドル脂臭という名になったのである。

男性はミドル脂臭を感じにくいが、女性はとても敏感で、胸がムカムカするような不快なニオイであることから、つわり臭と呼ばれることもある。

ミドル脂臭の原因物質

ミドル脂臭の原因物質は、ジアセチルである。汗に含まれる乳酸やピルビン酸を、皮膚表面の常在菌である黄色ブドウ球菌と表皮ブドウ球菌が代謝することで、乳酸→ピルビン酸→アセトイン→ジアセチルと変化していく。

この最終的に作り出されたジアセチルがミドル脂臭の原因となる物質で、微量でもニオイが強く感じられ、拡散もしやすいという特徴がある。ジアセチルの発生量がピークの30代後半から40代が、ミドル脂臭のピークでもあるのだ。

2. ミドル脂臭の正体と発生しやすい身体の部位は?

ミドル脂臭は、汗から生成されるジアセチルと、皮脂が分解されてできる中鎖脂肪酸が混ざり合うことで発生する。ミドル脂臭が発生しやすい部位はずばり頭部だ。頭部は汗をかきやすく、頭髪があってムレやすい。さらに、皮脂腺が多く皮脂の分泌量も多いうえ、ミドル世代の頭皮脂は若いころよりもねっとりとかたくなってくる。

頭部ではジアセチルも中鎖脂肪酸も作られやすいため、ミドル脂臭を発生しやすくなるのだ。頭部のなかでも、とくに後頭部と頭頂部がニオイが強い。

奥様から、枕のニオイや枕カバーの洗濯の大変さを指摘された男性は、結構多いのではないだろうか。枕から強烈なニオイがするのは、後頭部で発生したミドル脂臭が、枕カバーに染み込んでしまうからなのだ。

3. ミドル脂臭対策の4つの方法!丁寧なシャンプーで予防しよう

周りに迷惑をかけないためにも、ミドル脂臭を予防したいものである。ミドル脂臭対策におすすめの方法を紹介しよう。

シャンプーで頭皮を清潔にする

【シャンプーの選び方】
ミドル脂臭対策用のシャンプーを使うことが効果的だ。ジアセチルを発生させる菌の殺菌や代謝抑制ができ、ねっとりした頭皮脂も落とせる。

【シャンプーの方法】
1.洗髪前に髪をブラッシングする
ブラッシングで、髪についたホコリなどを取り除き、髪や頭皮の汚れを浮き上がらせて落としやすくしておく。

2.お湯で汚れを洗い流す
シャンプーをつける前に、お湯で汚れや整髪料などを洗い流しておく。頭皮に対して90度の角度でシャワーを当てると、毛穴の汚れも落としやすくなる。

3.シャンプーを泡立てる
シャンプーを手に取って水を足し、手のひらで泡立てる。泡立てることで、頭皮や髪への負担が減り、シャンプーを広範囲に行き渡らせやすくなる。

4.シャンプーで洗う
頭を下げて下を向き、襟足→側頭部(もみあげ含む)→前頭部(生え際)→後頭部→頭頂部の順で、指の腹を使ってやさしく入念に頭皮を洗う。

5.シャンプーを洗い流す
すすぎ残しがないように、頭部全体をしっかりとお湯で洗い流す。洗髪時と同じ順序で、指の腹を小刻みに動かしてマッサージしながらよくすすぐ。

6.2度洗いをする
洗髪時のシャンプーの泡立ちが悪い場合は、皮脂汚れが多く1度では洗いきれてない可能性が高いため、2度洗いがおすすめだ。

7.髪と頭皮を乾かす
タオルで髪と頭皮の水分をふき取る。頭にタオルを乗せ、タオルの上から指を立てて、やさしく頭皮をふいていく。

ミドル脂臭用のデオドラント剤を使う

ミドル脂臭を発見したマンダムでは、ジアセチルを抑制する成分も発見している。それがフラボノイド含有植物エキスである。その成分が配合されたデオドラント剤は、ミドル脂臭に効果的といえるだろう。

アルカリ性食品を摂取する

ジアセチルの元である乳酸は、体内が酸性傾向にあると生じやすい。肉類などの酸性食品は控えめにし、アルカリ性食品である梅干しや海藻類、緑黄色野菜などを積極的に摂取しよう。

汗腺を鍛えて質のよい汗をかく

長めの入浴や適度な有酸素運動で汗をかき、汗腺を鍛えることが大事だ。日ごろから汗をかいていれば、質のよいサラサラの汗をかけるので、ベタベタの汗よりもニオイに変わることが少ないのである。

結論

30~40代の男性に多いミドル脂臭は、男性は感じにくいのに、女性にとってはかなり不快なニオイである。家族や職場の人など、周囲の人たちに迷惑をかけないよう、適切な対策でミドル脂臭を軽減していこう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >