このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
大人ニキビ対策の鍵は洗顔にアリ!洗顔料の選び方と洗顔方法を解説!

大人ニキビ対策の鍵は洗顔にアリ!洗顔料の選び方と洗顔方法を解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月26日

ニキビといえば10代の若いころにできるものという印象があるが、大人になってもできるニキビがある。いわゆる大人ニキビと呼ばれるものだ。今回は、大人ニキビの悩みを解消できるよう、適切な洗顔方法やおすすめの洗顔料を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 大人ニキビとは?原因と対策を知ろう

大人ニキビの改善には、大人ニキビができる原因を知ることが大事だ。大人ニキビについて解説しよう。

大人ニキビとは

皮脂で毛穴が詰まって炎症を起こす皮膚疾患をニキビという。皮脂の分泌が盛んな思春期にできるものを思春期ニキビ、思春期を過ぎてできるものを大人ニキビという。大人ニキビは吹き出物とも呼ばれる。

大人ニキビの原因と対策

思春期ニキビの原因は皮脂の過剰分泌だが、大人ニキビの場合は主に肌の乾燥が原因だ。肌の角層の機能にはバリア機能と保湿機能があるが、その機能が低下すると角層を厚くして肌を守ろうとし、毛穴がふさがってニキビができやすくなる。角層の機能低下は肌の乾燥によっても起こるのだ。肌の乾燥自体は、紫外線や加齢、間違ったスキンケアなどが原因である。

また、乱れた食生活や過度な飲酒、睡眠不足、ストレスなどで肌のターンオーバーが乱れると、古い角質がはがれずニキビの発症につながる。充分に保湿をして肌の潤いをキープし、生活習慣を改善することが、大人ニキビ対策になるのだ。

2. 大人ニキビ用の洗顔料とは?選ぶポイントとおすすめの洗顔料

大人ニキビ対策は、肌を清潔にし、乾燥させないことが重要である。保湿成分が含まれ、肌への刺激が少ない洗顔料で洗顔することが、大人ニキビ対策のポイントなのだ。また、女性と男性では皮脂量などに違いがあるので、メンズ洗顔料を使うのがおすすめである。ドラッグストアでも購入できるおすすめのメンズ洗顔料を、タイプ別に紹介しよう。

泡タイプ洗顔料

ポンプを押すと泡が出る泡タイプ洗顔料は、泡立てる手間がいらないので忙しい朝にも便利だ。きめ細かい泡で肌を包み込むようにやさしく洗顔できる。
  • MEN's Biore(メンズビオレ)「泡タイプディープモイスト洗顔」
    もふもふ泡で肌の潤いを保ちながらやさしく洗顔できる。美容成分が40%配合されていて、乾燥肌もしっとりもちもちに。

フォームタイプ洗顔料

低価格のものも多く、種類が豊富で自分に合うものを選びやすいのがフォームタイプ洗顔料だ。チューブ容器は適量を出しやすく、持ち運びにも便利である。
  • GATSBY(ギャツビー)「フェイシャルウォッシュ モイスチャーフォーム」
    抜群の泡立ちで、濃密泡が汚れをスッキリ落とす。2種のヒアルロン酸とモイスチャー成分30%で、潤いのある肌に。

ジェルタイプ洗顔料

ジェルタイプ洗顔料は、泡立てて使うものとそのまま肌に塗って使うものがある。泡立てタイプは洗浄力が高くオイリー肌向き、塗るタイプは美容成分が豊富で乾燥肌向きだ。
  • uno(ウーノ)「ホットジェルクレンズ」
    肌になじませて洗い流すだけの、塗るタイプの洗顔料。保湿剤たっぷりの温感ジェルで、しっとりした洗い上がりに。

3. 大人ニキビを改善したいなら正しい洗顔方法を知ろう

洗顔方法が間違っていると肌の状態を悪化させてしまうことがある。では、正しい洗顔の手順を紹介しよう。
  • 手を洗う
    洗顔前に手の雑菌を落としておくことが大切だ。ハンドソープで手を洗っておこう。
  • ぬるま湯で顔を洗う
    ぬるま湯でやさしく洗い、肌表面の汚れをすすぎ落としておく。ぬるま湯を使うことで、毛穴が開いて汚れが落ちやすくなる。
  • 洗顔料を泡立てる
    泡立てる必要がある洗顔料は、水分を含ませてしっかり泡立てる。手でも泡立つが、泡立てネットを使うと簡単にふんわりとした泡が作れる。
  • 泡で顔を洗う
    皮脂が多いおでこや鼻から洗い、頬とあご、目や口の周りなどの細かい部分を洗う。指先でクルクルと円を描くように、泡の力でやさしく洗うこと。
  • ぬるま湯で顔をすすぐ
    すすぎ残しがないように丁寧にぬるま湯で洗い流す。体温に近いぬるま湯が、肌への刺激が少なくておすすめだ。
  • タオルで顔の水気をふく
    清潔でやわらかいタオルを使おう。摩擦刺激を少なくするため、タオルに顔を押し当てるようにふくとよい。

4. 大人ニキビを作らないための洗顔時の注意点とは?

洗顔には注意しておきたいポイントがある。洗顔時の注意点を解説しよう。

雑菌に注意

毛穴の炎症であるニキビを防ぐには、雑菌に注意したい。手やタオルに雑菌がついていると、大人ニキビを悪化させることもあるのだ。

刺激に注意

肌への刺激が肌の機能を低下させ、乾燥肌につながってしまう。洗顔時もタオルでのふき取り時も、ゴシゴシこすって肌に刺激を与えるのは避けよう。

洗い過ぎに注意

清潔にしようと何度も洗顔するのは、かえって肌を乾燥させることになる。朝と夜、1日2回の洗顔で充分だ。

乾燥に注意

洗顔後の肌は水分が蒸発しやすく、すぐに乾燥してしまう。洗顔後はできるだけ早く、化粧水や乳液を使って保湿をしよう。

結論

大人になってもニキビに悩まされるのは辛いことだ。しかし大人ニキビは、洗顔料の選び方や洗顔のやり方で改善や予防ができることもある。大人ニキビに合う洗顔料を使った正しい洗顔方法で、美しい肌を手に入れよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >