このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
1日だけ断食のやり方とは?断食の効果や注意すべき点について解説

1日だけ断食のやり方とは?断食の効果や注意すべき点について解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月26日

外食が多く最近太った、胃腸の調子も悪いという人は、断食をしてみてはいかがだろうか。何日間も食事を経つのは難しいが、1日だけの断食であれば比較的ストレスなくチャレンジすることができる。断食で内臓を休ませてあげると健康面でのメリットが大きく、さらに食生活が改善されてダイエットにもつながるだろう。今回は1日断食のやり方や効果について解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 1日だけ断食のやり方

「断食」とは食べ物や飲み物を一定の期間断つことをいう。水しか口にしない本格的なやり方から、固形物を控えてドリンクを摂取する方法など、断食の仕方もさまざまだ。断食を行う期間も、3日間や1週間などいろいろだが、普段の生活の中で何日間も食事ができないというのはなかなかつらい。

そこでおすすめしたいのが、週末の1日で行う「1日断食」である。休日なら仕事のパフォーマンスに支障が出ることもなく、外出して気を紛らわせることもできるので、比較的ストレスなく断食を行うことができるだろう。まずは1日断食のやり方から解説していく。

週末の1日は固形物を食べない

土日休みの方は土日のどちらかを断食日とし、その日は丸1日水かお茶だけで生活をする。水分はたっぷりと1日2リットル以上摂取するように心がけよう。何も口にしないのが耐えられなければ、フルーツを絞ったジュースや酵素ドリンクなどを飲みながら行う方法もある。断食初心者の方はまずはドリンクOKの断食からはじめてみるのもおすすめだ。

準備食と回復食の期間を作る

1日だけの断食といっても、思い立ったらすぐにはじめてよいわけではなく、事前に準備が必要である。急に食事を摂らなくなると、身体は飢餓状態なのだと勘違いをして脂肪を溜め込んでしまう性質があるからだ。1日断食を行う前日は準備食の期間を設けよう。糖分の多いものや脂っこいものなど高カロリーな食事は避けるようにし、ヘルシーな和食を心がけるようにする。アルコールの摂取も控えたほうがよいだろう。

また、断食が終わった翌日に急に食事を始めると身体に負担がかかってしまうため、回復食の期間を設けよう。1食目は汁物、その次はおかゆ、その次は普段より少なめのご飯、というように、液体からだんだん固形の食べ物に移行させていく。食べる量も少しずつ増やしていき、胃腸に負担がかからないようにすることが大切だ。

準備食の期間も回復食の期間も、和食の基本である「まごわやさしい」の食材を中心に、ヘルシーな食事を心がけるとよいだろう。

2. 1日断食どんな効果がある?

断食やファスティングと聞くとダイエットを連想する方も多いと思うが、本来断食とは内臓を休ませるために行うものである。では、内臓を休ませることにはどのような効果があるのだろうか。

内臓の働きが活性化する

私たちは普段、ファストフードやコンビニのお弁当など、添加物が多く高カロリーの食事を摂りすぎている傾向がある。消化に関わる臓器は常にフル稼働している状態で疲れが溜まっているのだ。食事を1日断つことで内臓を休ませれば、内臓の調子が整い、機能を活性化させることができる。

便秘解消にも効果的

1日断食を行うことで、いつも消化や吸収に使われていたエネルギーを排泄に回すことができるようになるため、身体に溜まった毒素や老廃物が排出される。身体から悪いものがデトックスされることで便秘が解消されたり、肌の調子がよくなったりする効果も期待できるだろう。

食生活が改善される

1日食事を休むと、添加物や濃い味付けで麻痺していた感覚がリセットされるのも、断食のメリットである。断食の後は、味の薄い食事や少ない量でも満足できるようになるので、定期的に断食を行うと食生活の改善につながるだろう。

3. 1日断食は痩せるの?

断食の主な目的はダイエットではなく内臓を休ませることにあると解説したが、1日食事を断つことで摂取カロリーを減らすことができるので、当然体重は減少する。しかし断食後にまた元の食生活に戻すと体重も元に戻るので、1日断食で痩せられるとはいえないだろう。

ただし、しばらく食事を休むことで脳の満腹中枢がリセットされるので、少ない食事量でも満足感を感じられるようになる。断食後に暴飲暴飲を止めて、ヘルシーな食生活に改善することができれば、結果的に痩せることにつながるだろう。

また、1日断食で身体に溜まっていた老廃物が排出されると、新陳代謝が活発になる。新陳代謝が活発になることで脂肪を燃焼しやすい身体になるという効果も期待できる。

4. 1日断食の注意点

気軽に行えるのが魅力の1日断食だが、やり方を間違えると思ったような効果が出なかったり、体調を崩したりすることもある。最後に1日断食を行う際の注意点を確認しよう。

準備と回復の期間を設ける

スポーツをする前のウォーミングアップ、後のクールダウンが大切なように、1日断食の前日の準備期間と翌日の回復期間もとても大切だ。前もって断食をする日にちを決めて計画的に行うようにしよう。

水分をたっぷり摂取する

脱水症状にならないよう、水分は2リットル以上摂取するようにしよう。のどが渇いたと感じる前にこまめに飲むことがポイントだ。

好転反応に注意

1日断食をはじめると頭痛や身体のだるさ、めまい、肌荒れなどの症状が出てくる場合がある。これは好転反応といい、身体から老廃物が排出されている証拠なので、驚いてすぐに中止するのではなく、少し様子をみるのがよいだろう。症状がひどければ断食を中止する。

結論

今回は1日断食の方法や効果、注意点などについて解説した。断食はダイエット目的で行うというよりは、身体に溜まった悪いものを出して、体調を改善するために行うものだ。しかし断食することで健康的な食生活に改善することができれば、ダイエットの効果も十分期待できるだろう。週末1日の断食であれば仕事への影響もなく行えるので、ぜひチャレンジしてみてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ