このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
足の臭いを消す方法まとめ。人前で靴を脱げるようになる10の対策

足の臭いを消す方法まとめ。人前で靴を脱げるようになる10の対策

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年6月 4日

ビジネスマンは革靴を履く機会が多いため、どうしても足が蒸れて臭いが発生しやすい。しかし、座敷のお店で接待や食事会をする際、足の臭いが気になるからといって、靴を脱がないというわけにもいかないだろう。そこで今回は、足の臭いを消す効果的な方法について紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 足の臭いを消す方法を実践する前に原因を知ろう

足の臭いには「イソ吉草酸」と呼ばれる原因物質が大きく関係している。イソ吉草酸は皮膚の常在細菌が汗や皮脂を分解することによって作り出される物質で、納豆のような刺激臭を発することが特徴だ。汗腺が集中している足の裏はほかの部位に比べて汗をかきやすく、なおかつ靴やソックスで覆われているため、高温多湿で細菌が繁殖しやすい。おまけに足は爪垢や角質など、細菌の栄養源になるものが豊富にある。細菌にとってはまさに絶好の棲み処といえるのだ。

また、足の臭いは疲労臭が関係していることもある。疲労臭とは尿と一緒に排出されるはずだった体内のアンモニアが、疲れや睡眠不足によって汗と一緒に出てきてしまう時の臭いだ。ツンとした酸っぱい臭いがするのが特徴で、アルコールの飲みすぎなどによっても発生することがある。

2. 足の臭いを消す10の対策方法

足の臭いを消すための5つの予防方法

足の臭い物質は爪や角質の奥深くにまで入りこんでいるため、1日ですぐに消すことはなかなか難しい。しかし、日頃から足の臭いを消すための予防対策を取り入れることで悪臭はかなり抑えることができる。まずは今日からできる足の臭いの予防方法を解説していこう。

1.正しい足の洗い方を実践しよう

足を洗う時は、肌が傷つかないように手を使って丁寧に洗うのが基本だ。石鹸をよく泡立てて、指の間や爪の部分など細かい部分も忘れずに洗っていこう。汚れを落としたら、石鹸のヌメりがなくなるまで十分に洗い流す。お風呂から上がった後は、雑菌の繁殖を防ぐために素早くタオルで足の水分を拭き取ろう。

2.古い角質は定期的にケアをする

足の裏の皮が厚くなってきたと感じたら、やすりや軽石を使って削って古い角質を落としていこう。ただし強くこすったり、頻繁に角質を除去したりするのはNGだ。肌が傷つかない程度にやさしく角質をケアしてほしい。

3.同じ靴を続けて履かない

靴に染みついた汗を一夜で除湿するのは困難だ。とくに革靴やゴム素材の靴は通気性が悪く、連日履き続けていると、雑菌が繁殖して臭いを消すことができない。足の臭いを消したいなら、1日履いた靴は数日間休ませてから履いたほうがいいだろう。

4.通気性の高い靴や靴下を選ぶ

オフィスカジュアルで服装が限定されない時は、靴やソックスを通気性の高いものに変えてみるのもひとつの手だ。アッパー部分がメッシュになっている靴や、綿素材でできているソックスなどを履いて、なるべく足が蒸れないように工夫してみよう。

5.疲れやストレスを溜めすぎない

足の臭い予防は外側のケアだけではなく、内側のケアも重要だ。疲れが溜まっている方は、湯船にゆったり浸かってリラックスしたり、睡眠を十分にとったり、少しでも休める時間をつくるように心がけよう。また、ストレスを感じやすい方は、趣味に打ち込んだり、適度な運動を取り入れたりするのがおすすめだ。たばこは体臭を強める原因となるので、ストレスがあってもなるべく喫煙を控え、別の方法で発散するようにしてほしい。

身近なもので足の臭いを消す5つの方法

大事な接待や食事会がお座敷の店で行われる時や、彼女の家に遊びに行く時など、人前で靴を脱ぐ機会がある場合はいつもよりさらに足の臭い対策を行っておきたいものだ。そこでおすすめしたいのが以下の方法だ。

1.デオドラント製品で足の臭いを消す方法

手っ取り早く足の臭いを消したいのであれば、制汗・抗菌・消臭作用の高いデオドラント製品がおすすめだ。肌との密着性が高いクリームタイプは、成分の浸透性が高く、効果も長続きするため、自宅で事前に塗っておけば外出先で足の臭いに困る心配も少ない。出先で足の臭いをケアする際は、サッと汗を拭き取れるシートタイプや靴にも使えるスプレータイプが便利だ。

2.ミョウバンで足の臭いを消す方法

雑菌の繁殖を抑制する効果を持つミョウバンは、足の臭いケアにぴったりのアイテムだ。水で希釈してスプレーボトルに入れておけば、足だけではなく、靴の消臭にも活用することができる。なお、ミョウバン水の作り方は簡単で、ミョウバン1gに対し、30mlの水を加えるだけ。ただし肌が弱い場合は刺激を感じることもあるので、心配な方は使う際にさらに10倍に希釈して使うといいだろう。

3.重曹で足の臭いを消す方法

足の臭いの原因物質であるイソ吉草酸は酸性であるため、アルカリ性の重曹を使うと、中和して臭いを消すことができる。使う際は洗面器などにお湯を貼り、大さじ2程度の重曹を加えればOK。10~20分足を浸す作業を数日行えば、不快な臭いをあっという間に消すことができる。

4.酢やレモンで足の臭いを消す方法

アルカリ性は中和で足の臭いを消すことができる一方で、酸性は雑菌の繁殖を抑えて臭いを防ぐことが可能だ。お酢やレモンが自宅にある場合は、ぜひ水で薄めて足の消毒をしてみてほしい。お酢の場合は大さじ2杯程度、レモンの場合は1/2個ぐらいの絞り汁を洗面器に張ったお湯に加える。足をつける時間は重曹と同様、10~20分が目安だ。

5.アルコールで足の臭いを消す方法

外出先で足の臭いをケアしたい時はアルコールが非常に役立つ。足に使う場合は、肌に直接擦り込めるジェルタイプや拭き取るだけで臭いを消せるシートタイプのアルコールがおすすめだ。一方、靴の消臭に使う場合はスプレータイプが適している。アルコールは殺菌作用が強く、瞬時に足の臭いを消すことができるため、普段から持ち歩くことをおすすめしたい。ただし、大量に使うと皮膚への負担が心配なため、注意しよう。

3. 足の臭いを消す方法を実践しても解決しない時は?

足の臭いを消す方法を実践しているのに、いつまで経っても手応えを感じない。そんな時は、思い切って病院を受診してみよう。というのも、足の臭いは水虫や多汗症などの疾患で起こるケースもあるからだ。病院で足の臭いについて相談する時は、「いつ頃から臭いがしているか」「痒みや赤みなどの皮膚症状は見られるか」「足以外にも臭いを感じることはあるか」など、詳しく話すと原因を早く突き止めることができる。

結論

足の臭いを消す方法はたくさんあるが、一気にすべてを実践するのはやや難しい。毎日丁寧に洗うことは絶対条件だが、あとは自分が試しやすいものから取り入れていくといいだろう。足の臭い対策は1日実践した程度では効果がなかなか実感できないものなので、気付いたらこまめに行うように努めてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ