このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
正しく選んで毎日を快適に!コンタクトレンズと洗浄液の選び方

正しく選んで毎日を快適に!コンタクトレンズと洗浄液の選び方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月28日

近年、視力の矯正のためにコンタクトレンズを使用している方が増えている。使い捨てなどさまざまな種類が販売され、今やとても身近となったコンタクトレンズ。しかし正しい装着の仕方をし、洗浄液できちんとお手入れをしないと大切な瞳を傷つけてしまうこともある。今回は、コンタクトレンズについて基本的な知識をご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 意外と知らない!?コンタクトレンズの役割とは

コンタクトレンズは、瞳の角膜に装着させて視力の補正をする役割がある医療機器だ。眼鏡とは違い、装着すればまるで自分の目の一部のように、裸眼と同じ広い範囲の視野が得られる。スポーツやダンスをする際にもレンズがずれにくいうえ、食事やマスクをした際にも眼鏡のようにレンズが曇ることがないので、快適に過ごすことができる。

ただし、たくさんのメリットがあるコンタクトレンズには正しい装着脱と、洗浄液でのお手入れをする必要があるため、きちんと知識を身につけたうえで使用するようにしてほしい。便利なコンタクトレンズだが、どのような仕組みで視力を矯正しているのだろうか。コンタクトレンズの役割をご説明しよう。

目で物を見るためには、光が角膜や水晶体を通るときに屈折をして網膜上に焦点を合わせる必要がある。しかし、屈折に異常があると、網膜上で焦点が合わなくなり、物が見えづらくなるのだ。近視の場合は網膜の手前で焦点を結ぶために、物がぼやけて見えてしまう。反対に遠視は網膜の後ろで焦点を結ぶことをいう。さらに網膜の手前にも後ろにも焦点が結ばれないことを乱視という。

コンタクトレンズには、装着することによって焦点が合うようにピントを調節してくれる役割があるのだ。

2. 用途別で探そう!コンタクトレンズの選び方

コンタクトレンズには、ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズがある。コンタクトレンズを購入する場合に、選び方がわからないという方は少なくないだろう。ソフトもハードもそれぞれメリット・デメリットがある。両方の特徴を把握することで、自分に合ったコンタクトレンズの選び方の参考にしてほしい。

ソフトコンタクトレンズ

ソフトレンズは、柔らかい素材でできており、水分を多く含んでいる。そのため装着しても違和感が少なく、初めてコンタクトレンズを使う方でも慣れやすいのが特徴だ。また、レンズは黒目よりもひと回り大きく作られており、瞳から外れたりずれたりしにくくなっている。そのためスポーツなどをする際にもとても適している。

しかし、水分を多く含んでいることで、レンズ内の水分が不足すると目の水分を奪ってしまうため、目が乾きやすくなるデメリットがある。さらにハードレンズに比べて酸素透過性が低いので、長時間装着するには注意が必要だ。また、お手入れには水道水は使用できず、専用の洗浄液できちんとメンテナンスをする必要がある。

ソフトレンズには常用タイプと使い捨て・交換タイプがある。使い捨て・交換タイプは1日、2週間、1ヶ月などの種類があるので、生活スタイルに合わせたレンズの選び方をしよう。

ハードコンタクトレンズ

ハードレンズは、硬い素材でできている。ソフトレンズとは違い、水分を含んでおらず装着した際には異物感を感じやすい方が多い。目の異物感に慣れるまでに時間がかかる場合がある。しかし、レンズ自体は目の水分を奪うことがないので、目が乾きにくいといったメリットがある。

ハードレンズは黒目より少し小さめの大きさだ。そのためソフトレンズに比べて酸素透過性が高く角膜に酸素が届きやすい。また、レンズが硬いために視力矯正効果が高く、乱視の矯正に非常に優れている。

3. コンタクトレンズのケアの仕方(こすり洗い・つけおき洗い)

コンタクトレンズは、装着しているうちに涙に含まれるタンパク質、脂肪、カルシウムなどの成分や化粧品などの外部からの汚れがレンズに付着していく。汚れをそのままにしておくと、レンズの見え方や装着感が悪くなるだけでなく、目のトラブルの原因にもなってしまう。毎日きちんとお手入れをして清潔な状態を保ち、大切な瞳をトラブルから守るようにしよう。

コンタクトレンズにはそれぞれ専用のケア用品とケア方法がある。そこで今回は、種類別にコンタクトレンズのケアの仕方(こすり洗い・つけおき洗い)をご紹介しよう。

ソフトレンズのケアの仕方(こすり洗い・つけおき洗い)

ソフトコンタクトレンズは、ケアをする際に水道水の使用ができないため、必ず専用の洗浄液を準備するようにしよう。

ソフトレンズは、こすり洗い洗浄でケアする方法が一般的だ。一つの液で洗浄、すすぎ、保存、消毒のすべてのケアを行えるケア用品のことをマルチパーパスソリューションという。マルチパーパスソリューションを使ってケアする場合は、レンズを指でこすり洗いをし、同じ液でレンズの両面をすすぎ洗いする。すすぎが終わったら、レンズケースにマルチパーパスソリューションを満たし、一定時間以上浸してつけおきをする。こすり洗いによって洗浄と除菌をし、保存中に雑菌を消毒してくれる効果があるのだ。

ハードレンズのケアの仕方(こすり洗い・つけおき洗い)

ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズの洗浄の仕方の大きな違いとして、こすり洗いの際に水道水が使用できる点がある。こすり洗いとすすぎが終わったら、ソフトレンズ同様に保存液をレンズケースに満たしてつけおきをする。一定時間以上つけおきをすれば、汚れを分解し消毒してくれる効果が期待できる。

結論

身近に購入できるようになったコンタクトレンズだが、大切な目を守るためには、正しい使用方法とケアをする必要がある。コンタクトレンズの種類に合った洗浄液をきちんと選び、常に清潔な状態を保つようにしてほしい。今回の記事を参考にして、快適なコンタクトレンズの着用を続けてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ