このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
会社での爪のマナー!長さや整え方などをチェック

会社での爪のマナー!長さや整え方などをチェック

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月25日

職場で気をつけたいのが爪のマナーである。爪の手入れが不十分だと不潔な印象を与えてしまうだろう。最近は女性だけでなく、男性も爪に気を遣う人が増えている。爪の手入れを怠らないようにして、清潔感のある爪を目指そう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 伸びた爪はマナー違反!週に1度の頻度で爪切りを

ビジネスの場で爪のマナーは意外と見られている。名刺交換のときや書類を渡すとき、メモを取るときなど、相手の指先は目につくものだ。もし初対面で相手の爪がマナー違反といえるほど伸びていれば、不潔な印象を持ってしまうだろう。身だしなみが整っていなければ、信頼度も下がってしまう。

爪が伸びている社会人は、身だしなみに気を遣っていないとみなされる。だらしない印象を持たれては、仕事に支障をきたす可能性もあるだろう。しかし、爪は短ければいいというわけでもない。短く切りすぎて深爪になってしまうと、爪を噛んでいると思われてしまうこともある。このように爪は長くてもいけないが、短すぎても印象が悪い。

爪の長さの適切な長さがわからないという人もいるだろう。爪の長さは指先からはみ出ない程度にしておこう。男性の場合は爪の先の白い部分が少し見えるくらいがちょうどよいだろう。常に適切な長さに整えておくには、爪切りの頻度にも気をつけておくべきだ。爪は1日に0.1mmほど伸びる。10日で約1mm伸びてしまうので、週に1度の頻度で爪を切る習慣をつけておくと、常に清潔感のある爪でいられるだろう。

マナー違反と思われないように、適度な頻度で爪を切り、自分の手に自信が持てるようにしておこう。


2. 切るだけじゃない!メンズの爪を整える方法

最近はメンズ用ネイルサロンがあるほど、爪のケアに熱心な男性も増えている。メンズの爪の身だしなみは、長さを短くすればいいというわけではない。爪がガタガタでは、だらしない印象を与えてしまう。爪が乾燥していたり、ささくれができていたりすれば、手のケアをする余裕もないと思われかねない。爪を切りそろえるだけでなく、もう一歩先のネイルケアをしてみてはいかがだろうか。

メンズのネイルケア手順

1.爪の形を整える
爪切りで切った後、爪やすりを使って形を整える。爪を切るのはお風呂上がりの爪が柔らかくなったタイミングがベストだ。

2.甘皮の処理
甘皮とは爪の根元の薄皮のことである。お湯に指をつけて甘皮をふやかしたら、余分な部分をカットしよう。

3.爪を磨く
爪の表面の凹凸や縦線が気になるなら、バッファーで爪の表面を滑らかにしよう。やりすぎると爪が薄くなるので注意が必要だ。

4.保湿する
仕上げにハンドクリームで保湿をしておこう。乾燥が目立つ手より、潤った手や爪の方が清潔感がある。メンズも手肌のケアをすることを心がけよう。

3. 女性のネイルは身だしなみ!?爪のマナーは会社によって異なる

女性は仕事中でも爪のオシャレをしたい人が多いだろうが、会社によってはネイル禁止のところもある。しかしシンプルで薄い色のネイルなら、身だしなみの範疇とみなされる会社も多いようだ。ネイルしたい女性は身だしなみの範囲で、薄くて目立たない色や透明のネイルを楽しむのがよいだろう。

会社の爪のマナーは業種によっても差があり、ファッションや理美容など、オシャレに敏感な業界ではネイルに寛容な傾向がある。一方、ネイル禁止が多いのは、飲食や医療など衛生的であることが求められる業種だ。清潔感がなくてはならない業種なので、仕事中は爪のオシャレを我慢した方がよいだろう。幅広い世代の人と接する流通・小売業も爪のマナーには厳しいようだ。

また、営業職の女性はネイルに関して厳しい目で見られることも多いので、注意が必要である。取引先にはネイルに不快感を持っている人がいるかもしれない。ベージュや薄いピンクなど控えめな色にしておいた方がよいだろう。

また、剥げかけのネイルは見苦しくてマナー違反になるので注意すべきだ。身だしなみとしてネイルをするなら、常にきれいな状態をキープしておく必要がある。剥げかけたネイルは清潔感がないため、だらしない印象を与えてしまうことがある。そうなると、身だしなみどころではないので、剥げかけたネイルを放置しないように注意しておこう。

結論

爪は毎日少しずつ伸びているので、週に1回は手入れをするようにしたい。こまめに手入れをする習慣をつけることで、身だしなみに自信が持てるようになるだろう。会社での爪のマナーを守り、清潔感のある爪をキープできるように心がけよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ