このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
度付きサングラスはどこで買う?購入する前に知っておきたいこと

度付きサングラスはどこで買う?購入する前に知っておきたいこと

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月25日

普段、メガネを愛用している方がサングラスを使用する場合は、度付きレンズが装着されたサングラスが必要になるだろう。度付きサングラスは日差しや風を遮ってくれるので、視界がよくなり自動車や自転車に乗る時に便利である。とくにスポーツで使える度付きサングラスを装着して自転車に乗る姿は、見た目にもスタイリッシュでかっこいいものだ。この記事では機能や見た目に優れている度付きサングラスについて紹介するので、参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 度付きサングラスはどこで買える?

度付きサングラスはたいていの眼鏡店で購入することができるがどんな眼鏡店で度付きサングラスを購入してよいか迷ってしまうことがあるかもしれない。眼鏡店を選ぶ際のポイントは、認定眼鏡士がいるかどうかが重要だ。眼鏡店の中には認定眼鏡士が在籍していることを信頼の証としてホームページに掲載しているところもある。

認定眼鏡士とは(社)日本眼鏡技術者協会の認定眼鏡士制度における能力資格者のことだ。認定眼鏡士制度ではメガネの販売を生業とする人が持っている知識や技術を審査し認定する。認定眼鏡士制度には視力測定に加え、使用目的などに合ったレンズやフレームを選んだり、フイッティングを調整したりする技術を一般の人に理解しやすくする目的がある。

認定眼鏡士はS級、SS級、SSS級に分けられており、資格有効期間は3年間のみとなっている。認定眼鏡士はSS級が標準資格となっており、S級に進級のためには講習や試験が必要になる。この資格を維持するためには教育受講の回数が決まっており、規定回数を満たさないと資格を喪失してしまう。このように、認定眼鏡士がいる眼鏡店であれば、安心して度付きサングラスを購入できそうだ。

2. 度付きサングラスの価格はどれくらい?

度付きサングラスを購入する際に気になるのが価格である。サングラスの価格は有名ブランドのサングラスとメガネ量販店で売られているサングラスで異なる。たとえば、ネットショップで売られている度付きレンズに対応する有名ブランドのサングラスの価格帯は12,000~20,000円程度が中心となっている。

一方、メガネ量販店で売られている度付きレンズに対応するサングラスの価格帯は8,000~14,000円程度が中心となっている。通常のレンズから度付きレンズに変更し、度付きサングラスにするには、さらに費用がかかる。。普通のサングラスを買うよりも、度付きサングラスの購入は割高になると考えておこう。

3. 度付きサングラスにはどんなレンズ色がある?

度付きサングラスのレンズは色によって見え方が異なることはご存知だろうか?度付サングラスのレンズの色には、グレー系をはじめ、ブラウン系、イエロー系、グリーン系などがあるのでそれぞれ詳しく紹介する。

グレー系のレンズ

グレー系は、自然な見え方をするレンズで、スポーツにも適している。

ブラウン系のレンズ

ブラウン系はコントラスト効果があり、物が鮮明に見えるレンズである。ゴルフなどスポーツに適している。

イエロー系のレンズ

イエロー系は、薄暗い場所で明るい視界を確保してくれるレンズである。雨天などで視界が悪い場合におすすめである。

グリーン系のレンズ

グリーン系は自然な見え方がする使いやすいレンズである。

度付きサングラスを使用する環境を考慮してレンズの色を合わせれば、状況に応じた快適な視野になりやすいのでぜひ試してほしい。

4. スポーツで使える度付きサングラスが買えるお店

スポーツで使える度付きサングラスが買えるお店はいくつかあるが、サングラス、メガネなどを展開する「メガネの愛眼」というお店はご存知だろうか?メガネの愛眼とは眼鏡の大手チェーン店で、スポーツで使えるサングラス特有のハイカーブフレームの調整システムを導入している。

ハイカーブフレームとはスポーツサングラス独自のカーブで視力の状態や見え方を調整する必要があるのだが、フレームに度入れする際に発生するユレやユガミ、映像の位置ズレといった問題が発生することがある。この問題を軽減したのが、メガネの愛眼のA.R.T. (AIGAN REVISION TECH)ハイカーブフレーム度入加工システムなのだ。

このシステムでは専用のアプリを使い度数値、フレーム(各部位)、カーブ(数値)、スポーツ(種類、目的)がチェックでき、ハードタイプ(視力重視)とソフトタイプ(視野重視)のどちらかが選べ、ハイカーブフレームがカスタマイズできる。

さらに、細かい個別のデータを入力した後に、ハイカーブフレーム専用の度数が出力され、テストフレームが完成。テストフレームを顧客が体験し、度数を補正した見え方を確認できるので、仕上がったハイカーブフレームの度付きサングラスに発生する見え方のギャップが分かる。

スポーツサングラスをより自分に合ったものへカスタマイズしたい場合などに、利用してみてはいかがだろうか。

結論

度付きサングラスを購入する際は、認定眼鏡士がいる眼鏡店がおすすめである。中でもレンズの色は重要で、自分が度付きサングラスをどんなシチュエーションで使うかによってレンズの色が変わるので、しっかり相談して選ぶ必要がある。さらに、度付きサングラスを購入する際は、度付きレンズに対応したサングラスを選び、通常のレンズから度付きレンズに交換することが多いので、価格が高い傾向にあることも知っておこう。ハイカーブフレームの度付きサングラスに発生するユレやユガミ、映像の位置ズレを軽減するシステムを導入したお店もあるので利用してみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ