このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
マネークリップのおすすめブランド5選。スマートな大人の魅力を演出

マネークリップのおすすめブランド5選。スマートな大人の魅力を演出

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月30日

マネークリップは、財布よりもコンパクトでスマートに紙幣を持ち運べる、便利な道具だ。さまざまなブランドのマネークリップがあり、ファッションアイテムとしても人気上昇中である。今回は、マネークリップについて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マネークリップとは?

マネークリップとは、紙幣をはさんで収納する道具である。チップの文化がある欧米で、紙幣をまとめて持ち歩くための留め具として使われてきたもので、さまざまなブランドで取り扱いがある。日本でも、ミニマリストブームやキャッシュレス化が進んでいることもあり、注目度が高まっている。一口にマネークリップといっても、形状はさまざまだ。

クリップタイプ

最もオーソドックスなのがクリップタイプ。半分に折った紙幣をクリップではさむという、シンプルな形状である。荷物は最低限にしたい方に人気のマネークリップだ。

カード入れ付きタイプ

カードケースとクリップが一体となったタイプ。紙幣とともに、クレジットカードや免許証などを持ちたい方にはぴったりのマネークリップだ。

小銭入れ付きタイプ

紙幣もコインもという方は、このタイプなら小銭入れを別で持つ必要がなくて便利だ。小銭入れにクリップが付いたものや、二つ折りで間に紙幣を留めるタイプがある。

財布タイプ

小銭入れや数枚分のカードポケットもある財布のようなタイプ。札入れはなく、紙幣は二つ折り部分をクリップで留めるのだ。財布よりも手軽に使いたい方におすすめである。

2. マネークリップのメリット・デメリット

マネークリップを使ってみると、便利なことだけでなく使いづらい面もある。自分に合うかどうかの検討材料として、これは大事な情報だろう。マネークリップのメリット・デメリットを解説しよう。

メリット

マネークリップの最大のメリットは、コンパクトさだろう。財布をポケットに入れるとかさばってふくらんでしまうが、マネークリップならシルエットへの影響が少なく、出し入れもスムーズにできる。また、財布はレシートや不要なカードを入れっぱなしにしがちだが、マネークリップには収納スペースがないので、整理する習慣が身に付くのだ。

デメリット

マネークリップの種類によっては、小銭入れやカードケースを別で持つ必要がある。また、お金がむき出しになってしまうマネークリップは、周囲の方に失礼にあたることもある。ビジネスの場などでは気をつけたいポイントだ。

3. マネークリップの選び方

マネークリップはどうやって選べばよいのだろうか。種類が豊富なマネークリップのなかから自分に合うものを探すため、ポイントを押さえて選ぼう。

使い方で選ぶ

マネークリップは、クリップタイプと二つ折りタイプに分類できる。コインやカードは不要、または小銭入れやカードケースを別で持つことが苦にならないという方は、クリップタイプがおすすめ。クリップタイプは紙幣が丸見えになるが、それが気にならない方にはぴったりだ。

また、お金が見えることに抵抗がある方は、二つ折りタイプがよいだろう。カードポケットや小銭入れ付きもあるので、使い方に合わせて選ぼう。

材質で選ぶ

マネークリップは、金属製や革製のものが多い。クリップタイプに多い金属製は、ステンレスやシルバー、チタンなど、使われている金属の種類はさまざま。シャープな輝きとデザインで、スタイリッシュな印象を与えられるだろう。

二つ折りタイプに多い革製は、大人の雰囲気で落ち着いた印象のマネークリップだ。カラーや型押しなど、デザインも豊富にそろっている。

4. マネークリップのおすすめランキング

マネークリップはいろいろなブランドのものがあり、デザインや機能性もブランドごとにさまざまだ。おしゃれで使いやすく人気があるのは、どのブランドのマネークリップだろうか。マネークリップのおすすめブランドを紹介しよう。

1.STORUS(ストラス)

アメリカのブランド「ストラス」は、実用的でスタイリッシュなデザインのマネークリップで、世界中で人気があるブランドだ。

2.TIFFANY&Co.(ティファニー)

ジュエリーブランドとして人気の高い「ティファニー」は、マネークリップにも純度の高いスターリングシルバーを採用している。

3.GUCCI(グッチ)

イタリアのブランド「グッチ」は、男性にも人気が高いブランド。マネークリップにもおしゃれなGGパターンが施されているデザインのものがある。

4.PORTER(ポーター)

ビジネスバッグで人気の吉田カバンのブランド「ポーター」。機能的でシンプルなマネークリップでビジネスシーンにもおすすめのブランドだ。

5.IL BISONTE(イル ビゾンテ)

イタリア発祥のブランド「イル ビゾンテ」。革へのこだわりはマネークリップにも活かされており、長く愛用できる一品が見つかるブランドだ。

結論

マネークリップは、コンパクトかつおしゃれに紙幣を持ち運べるアイテムである。収納スペースが少ないので、整理する習慣が身につき、ポケットがムダにふくらむこともない。好みのブランドのマネークリップで、スタイリッシュにキメよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ