このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ファスティングダイエットのやり方とは?失敗しない効果的なやり方!

ファスティングダイエットのやり方とは?失敗しない効果的なやり方!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月24日

ファスティングとは、断食を意味する英語である。修行で行なうような断食と違い、一定期間固形物の摂取はしないものの、必要な栄養を取り入れながら内臓を休ませる、プチ断食といえるものだ。今回は、正しいファスティングダイエットのやり方や効果についてを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ダイエットにも効果的?ファスティングの驚くべき効果とは?

ファスティングのやり方は、一定期間食事を制限するものだ。身体によいさまざまな効果が期待できるのである。

デトックス効果

日々の食事で消化・吸収・排出を続けるなかで、排出できずに体内に残った物質が老廃物となり、むくみや肌荒れの原因になるといわれる。ファスティングで摂取量が減ると排出に時間をかけられ、デトックスできるのだ。デトックスにより、むくみも改善されて美肌効果も期待できる。

内臓の機能回復

ファスティングをすると、普段は食事の消化・吸収・排出で働きっぱなしの内臓を休ませることができ、機能が回復する。腸の機能が正常になると、便秘改善にもつながるのだ。

ダイエット効果

ファスティングは摂取カロリーが抑えられ、ダイエットにつながることが考えられる。内臓を休めることで代謝が上がり、脂肪が燃焼しやすい体にもなるのだ。また、便秘が改善されるとぽっこりお腹も改善され、シルエットも変わるだろう。

食習慣の改善

ファスティングをすることで、身体によいものを求めるように、食事に対する意識や身体の反応に変化が生じる。少ない量でも満足できるようになったり、薄味を好むなどの味覚の変化が見られるのだ。

2. 効果のあるファスティングダイエットのやり方

ファスティングは正しいやり方で行なわないと、成果が出ないこともある。正しいファスティングダイエットのやり方を紹介しよう。

ファスティングダイエットのやり方

ファスティングダイエットは3つの期間に分けて行なう。
  • 準備期間:ファスティングに向けて身体を慣らす期間
  • ファスティング期間:酵素ドリンクやスムージー、水などで過ごす期間
  • 回復食期間:少しずつ元の食事に戻す期間

酵素ドリンクの選び方

ファスティング期間に摂る酵素ドリンクは、必要な栄養をサポートし、空腹感も軽減できる。酵素が入っていると思われがちだが、それは間違いで、野菜や果物のエキスを酵母菌などの微生物の働きで発酵させたもので、体内で酵素を作る際の材料となるのだ。

酵素は消化・吸収や代謝など、体内で起こるさまざまな反応に関わる重要なものなので、ファスティング中に酵素ドリンクを摂ることは重要である。酵素ドリンクを選ぶポイントは、人工甘味料や添加物などの余分なものが入っておらず、薄められていないこと。

3. ファスティングダイエットを失敗しない方法

正しいやり方で行なうことが重要なファスティングダイエット。失敗しないために、注意したいポイントを紹介しよう。

計画的に行なう

「期間を決めずにやれるところまでやる」というやり方は、失敗する可能性が高い。仕事などのスケジュールを考えながら、無理のない計画を立てて行おう。

体調変化に注意

好転反応という体調変化が起こることを覚悟しておこう。好転反応とは、ファスティングで排出された毒素によって起こる体調の変化で、頭痛やめまい、吐き気、肩こり、腰痛、肌荒れなど、症状はさまざま。デトックスが好調な証拠ではあるが、あまりにひどいと別の原因も考えられるので注意しよう。

ファスティング後の食事に注意

ファスティング後の身体は内臓の機能が回復し、栄養素を吸収しやすくなっている。脂っこいものを食べたり大量に食べたりしては、リバウンドしてしまうのだ。

4. 準備期間から回復食期間までの流れ

ファスティングダイエットは、準備期間、ファスティング期間、回復食期間に分けられる。それぞれの適切なやり方を紹介しよう。

準備期間(2日間)

急に固形物を摂らなくなると内臓が驚くため、事前に身体に準備をさせる期間。やり方は、通常より量を減らしながら、野菜や穀物などを中心にした消化がよい食事で、体を慣らしていくのだ。

ファスティング期間(1日間~1週間)

固形物を摂ることをストップする期間。やり方は、酵素ドリンクやスムージー、水などで水分と必要な栄養素を摂取するだけ。1日間は手軽にでき、3日間なら本格的に、1週間ならかなり効果が期待できる。

回復食期間(2日間~1週間)

固形物の食事に身体を慣らしていく期間。やり方は、おかゆやスープなどの消化がよいものからスタートし、徐々に元に戻すのだ。ファスティング期間が長いほど回復食期間も長くして、ゆっくりと慣らしていくとよい。

結論

ダイエット法として、さまざまな効果が期待できるファスティングはおすすめだ。ただし、正しいやり方で行なわないと、効果が出ないばかりでなく、体調を崩しかねない。正しいやり方のファスティングで、普段の食生活で身体にたまった悪いものをリセットしよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ