このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
キャンバス生地トートバッグは丈夫で水にも強い!選ぶときのポイント

キャンバス生地トートバッグは丈夫で水にも強い!選ぶときのポイント

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月23日

幅広い年代に愛用されているキャンバス生地のトートバッグ。容量が大きく荷物を出し入れしやすい上に、頑丈で気軽に使える点も魅力だ。この記事ではトートバッグの由来や特徴、選び方などを紹介する。仕事用としても使いやすいので、キャンバス生地トートバッグの魅力を再確認してほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. トートバッグの由来とは?

トートバッグの「トート」とは、アメリカの俗語「tote」で運ぶ・背負うという意味がある。冷蔵庫がなかった時代、氷や水を運搬するために使われていた丈夫なバッグがトートバッグの由来である。

トートバッグを広めたのは、日本でも知名度が高いL.L.BEANである。1944年に発売した「Bean's Ice Carrier」は、氷が解けても染みてこないキャンバス生地の丈夫なトートバッグだが、頑丈なのでアウトドアやレジャーでも使われるようになった。

現在では性別や年代に関係なくファッションアイテムとして、又はビジネス用、通学用として、幅広く愛用されている。

2. キャンバス生地トートバッグの特徴

キャンバス生地トートバッグには、次のような特徴がある。

頑丈である

キャンバス生地とは、撚り合わせた糸を平織りで織った丈夫な生地である。生地が厚く、頑丈なので、重い荷物を持ち運びやすい。

耐水性が高い

キャンバス生地は、高密度に織られているため水に強い。船の帆や画布にも使われる耐水性が高い素材であり、急な雨で濡れてしまっても中身を守ってくれるので安心である。

小さな汚れは消しゴムで落とせる

縫い目にホコリがたまることもあるので、日常のお手入れはブラシをかけておくとよい。小さな汚れは消しゴムでこすれば落ちることもある。強くこすると生地を傷める可能性があるので軽くこすって落とそう。消しゴムで落ちないときは、その部分だけ中性洗剤をつけたブラシで洗うとよいだろう。

3. キャンバス生地トートバッグの選び方

キャンバス生地トートバッグを選ぶときのポイントを紹介しよう。

大きさで選ぶ

キャンバス生地のトートバッグには、小型のものから大容量のものまで、さまざまなサイズがある。仕事で使うのであれば、A4サイズの書類やパソコンが入るサイズを選ぶとよいだろう。ビジネス以外でも、アウトドア用やエコバッグとしてなど、さまざまなシーンで使えるので、目的に合った大きさを選ぶとよいだろう。

持ち手の長さで選ぶ

キャンバス生地のトートバッグは、持ち手の長さが長いものと短いものがある。手に持って使うなら短いタイプを、肩からかけて使うなら持ち手が長いものを選ぶとよいだろう。

生地の厚さで選ぶ

キャンバス生地は、厚みの単位にオンスが使われる。トートバッグは10~14オンスが一般的であり、数字が大きいほど重くて厚みがある。ちなみにトートバッグを広めたL.L.Beanのトートバッグは24オンスである。

ポケットの有無を確認

内ポケットや外ポケットがあれば、中身を整理しながら使いやすい。とくにファザーズバッグとして使う場合は、取り出したいものがすぐ見つかるように、ポケットの有無や数をチェックして選ぶとよいだろう。

4. 男性に人気のトートバッグランキング

キャンバス生地のトートバッグはシンプルなデザイン、ベーシックなカラーのものが多い。男女兼用として家族で使いやすいものも多いが、とくに男性におすすめのキャンバス生地トートバッグベスト3を紹介しよう。

第3位 TEMBEA│BRIEF CASE

シンプルなデザインが魅力のTEMBEA。キャンバス生地は耐水性が高いが、TEMBEAのトートバッグはパラフィン加工されているため、さらに耐水性が高い。
TEMBEAはさまざまなタイプのトートバッグが揃っているので、用途に合わせて選びたい。「BRIEF CASE」は書類やパソコンを持ち運ぶのに向いているトートバッグで、開閉部にファスナー、外側には大きなポケットがついているので仕事用のバッグとしても使いやすいだろう。

第2位 パロットキャンバス│ミディアムトートバッグ

1982年にアメリカで創業したパロットキャンバスの定番トートバッグである。シンプルで飽きのこないデザインなので、どんなファッションにも似合うだろう。フロントには小物を出し入れしやすいポケットがついているので日常使いにも便利だ。容量が大きいのでレジャーにも使いやすいだろう。

第1位 L.L.Bean│Boat and Tote

トートバッグを広めたL.L.Beanのキャンバス生地トートバッグは、現在でも大変人気が高い。24オンスの丈夫なトートバッグは、アメリカの自社工場で手作りされている。サイズや持ち手のカラーが豊富なので、お気に入りを見つけてはいかがだろうか。

結論

頑丈なキャンバス生地のトートバッグは、荷物が多い方にとって使いやすいアイテムだ。リュックも便利だが、トートバッグなら取り出したいものを片手ですぐに取り出せる。気軽に使いやすいバッグを探している方は、仕事用としてもレジャー用としても使いやすい男性向けのキャンバス生地トートバッグを選んではいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ