このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
美容院へ通う理想の頻度ってどのくらい?その理由についてご紹介!

美容院へ通う理想の頻度ってどのくらい?その理由についてご紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月 3日

自宅や駅の近くなどさまざまな場所に美容院はあるが、身近にあるからこそどのくらいの頻度で通うべきか迷う方も多いのではないだろうか。髪は、長さや髪型に違いがあるため男女によって通う頻度に差が出る。そこでここでは、髪型の賞味期限や美容院に通う理想の頻度、また髪の伸び方などをご紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 髪型には賞味期限や寿命がある?

髪型によって賞味期限や寿命があるが、同じ髪型でも髪の質や量、クセなど人によって個人差がある。そのため、髪型だけでなくその人の髪質によって賞味期限や寿命にも違いが出てくることが特徴だ。

髪型の賞味期限や寿命の目安

ショートヘア:1ヶ月〜1ヶ月半
ボブやミディアムヘア:1ヶ月〜2ヶ月
ミディアムやロングヘア:1ヶ月〜3ヶ月頃
ロングヘアなど髪が長くなるにつれ、髪の重さが加わるので、間隔が空いてもショートヘアほどは髪型に変化が出にくくなる。逆に、ショートヘアの場合はロングヘアよりも毛先がまとまりにくく、崩れやすくなる。このように、髪が長くなるほど髪型の賞味期限や寿命も長くなるといえる。

ちなみに髪質がいい場合は、美容室へ行く頻度を目安よりも空けて構わない。しかし、カラーリングの繰り返しなどで髪が傷んでいる場合には、目安時期よりも間隔を狭める必要がある。
美容師も1ヶ月先までの髪型を考えながら髪を切っているが、2ヶ月や3ヶ月と月日が経つと、髪が伸びると同時に髪型も大きく変化してしまう。そのため、毛先がはねたりとまとまりにくくなり扱いづらくなる。
自分の髪型の賞味期限や寿命がわからない場合は、美容師に聞くことをおすすめする。髪質を把握した上で、これくらいの頻度で来てくださいと教えてくれるからだ。髪型の賞味期限や寿命を把握して、理想の髪型を手に入れてみてはいかがだろうか。

2. 男性が美容院へ通う頻度は2ヶ月に1度が最適な理由

髪は1ヶ月で約1cm伸びる。2ヶ月経つと2cmほど伸びることになるが、男性の場合、根本だけでなく髪をすいた部分も2cm伸びる。その結果、髪の密度が増し膨らみが出てくるため髪がまとまりにくくなる。3ヶ月経つ頃には髪の膨らみだけでなく耳周りの髪も長くなり見苦しくなってしまう。つまり、2ヶ月が髪がまとまる期間の限度といえる。

髪を伸ばそうと思っていても、2ヶ月を過ぎると髪の膨らみが出てくるため、髪をすいて量を調節するために最低でも2ヶ月に1度は美容院に行くことをおすすめする。

3. 美容院へ通う頻度は3ヶ月以上は空けないほうがいい理由

髪型が大きく変わってしまうため、美容院への頻度は3ヶ月以上は空けないことをおすすめする。先ほど、男性の美容院へ通う頻度を紹介したが、女性に関しても同様のことが言える。男性より髪が長い方が多いため、その分美容院へ通う間隔を空けても問題がない場合が多い。
しかし、カラーリングをしている場合は3ヶ月以上経つと、毛量に加えカラーリングが落ちてくるため、根本のリタッチを行う必要がある。パーマに関してもカールの持ちが徐々に落ちてくるため、2〜3ヶ月を目安にメンテナンスを行うことをおすすめする。ちなみに、男女共通である白髪染めの場合は、1ヶ月経つと根本が目立つようになるため、1ヶ月おきに根本のリタッチを行うことが理想的だ。

4. 髪は1ヶ月でどれくらい伸びる?

新陳代謝の活発な髪は1ヶ月で約1cm伸びるといわれているが、伸びる速さに男女間で違いがあるのも特徴だ。髪が生えてから抜け落ちるまでの周期が、男性では3〜4年、女性では5〜6年ほどであり、男性の方が髪の伸びる速度が早い。これはホルモン分泌が関係している。女性の場合、髪の成長を促す女性ホルモンが分泌されるため、髪の成長期が長くなっている。

また、年齢によっても差が出ることがわかっている。年齢が上がると同時に新陳代謝が落ちてくるため、髪への栄養が行き渡らなくなり髪の成長が遅くなる。女性の場合は先ほど紹介した女性ホルモンの分泌の減少や閉経も重なり、髪の伸びる速度が一気に減速する場合もある。

結論

髪型の賞味期限や寿命、髪の伸び方が関係するため、美容院は最低でも3ヶ月ほどの頻度で行くことが理想的だ。特に男性は髪の伸びが早いため、2ヶ月程度がベストといえる。健康な髪を維持するためにも、髪の特徴を理解し、素敵な髪型で気分の上がる生活を過ごしてみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2020年4月 3日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ