このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スーツに合うベルトの選び方とは?種類別に詳しく解説!

スーツに合うベルトの選び方とは?種類別に詳しく解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月19日

スーツを着る際、上着に隠れて見えないだろうと、腰回りのオシャレを怠ってはいないだろうか。実はスーツに合わせるベルトはかなり重要なポイントで、どんなものを使っているのかによって相手に与える印象が大きく変わってくる。では周囲にだらしない印象を与えないためには、どんなベルトを合わせればよいのだろうか。今回はスーツに似合うベルトの種類や選び方について解説していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スーツ着用時のベルトの役割

スーツを着用するにあたって、ベルトを使わないという選択肢は論外といえる。というのも、スーツにベルトを合わせるのは、きちんとした意味があるからだ。

ベルトはスラックスがズレ落ちたり、シャツの裾が外に出てきたりするのを防ぐ役割を担っている。つまりこの役割を理解している人に言わせれば、スーツ着用時にベルトを使わないということは、身嗜みに一切気を遣っていないも同然なのだ。周囲にだらしないという印象を持たれてしまわないためにも、スーツを着るときはベルトを必ず合わせよう。

また、ベルトはスラックスやシャツを固定するだけではなく、全体にメリハリをつける役割も果たしている。ここで一旦、ベルトを使わずにスーツを着用している自分の姿を思い浮かべてみよう。全体に締まりがなく、バランスの悪い着こなしをしているように見えてはこないだろうか。せっかく格好いいスーツを持っていても、この着こなし方では台無しだ。やはりスタイリッシュにスーツを着こなすなら、ベルトは必要不可欠といえるだろう。

2. スーツに合うメンズベルトの種類

一言にベルトといっても、種類は実にさまざまだ。ベルトの種類によってはスーツに合わないものもあるので、組み合わせる際は不自然にならないように十分注意しよう。

スーツに合うメンズベルトの種類は、プレーンベルト(ドレスベルト)・2つ穴ベルト(ダブルピンベルト)・メッシュベルト・リングベルトが挙げられる。中でもとくにスーツスタイルにふさわしいのが、王道のプレーンベルトだ。プレーンベルトはシンプルなデザインで、スーツスタイル以外にも合わせやすいのが特徴である。フォーマル・カジュアルに幅広く活用できるので、1本持っておいて損はないだろう。

一方で、スタッズベルト・チェーンベルト・コンチョベルト・ウエスタンベルト・ガチャベルト(GIベルト)など、主張の強いベルトはスーツに似合わないため、組み合わせるのは避けておくのがおすすめだ。

3. シーンに合わせたベルトの選び方

ビジネスシーン

ビジネスシーンにおいてスーツを着用する際は、プレーンベルト一択だ。ほかのベルトはカジュアル感が出てしまうため、商談や会議などのシーンでは組み合わせるのを避けたほうがいいだろう。おすすめは、本革素材でできたシンプルなデザインのプレーンベルトを選ぶことだ。黒またはこげ茶といった落ち着いた色を選んでおくと、ビジネスマンとしてオーソドックスな着こなしをすることができる。また、カジュアル感を抑えたスーツスタイルを目指すのであれば、ベルト幅は3~3.5cmのものを選ぶこともポイントだ。

カジュアルシーン

オフィスカジュアル・結婚式・披露宴・飲み会など、ビジネスシーンほどカチッとしたスーツスタイルをする必要がない場合は、プレーンベルト以外のベルトを選んでもOKだ。春~夏にかけてメッシュベルトで涼しげな印象を与えたり、2つ穴ベルトで個性を出してみたりと、ややカジュアルにスーツを着こなしてみよう。ただし、バックルが大きすぎるものや奇抜な色のベルトなど、明らかにスーツに合わないものは控えること。TPOを守ってオシャレを楽しもう。

4. ベルトと装飾品の合わせ方

スーツをしっかり着こなすためには、ベルトと靴を同じ色で揃えておくことが基本だ。靴が黒ならベルトも黒、茶色なら茶色といった具合に色を統一しておけば、チグハグした印象を与えずにスッキリと見せることができる。また、オシャレ上級者を目指すのであれば、ネクタイや時計など、ほかの装飾品も同系色でまとめておくのがおすすめだ。さらに、ビジネスシーンでスーツを着用する場合は、色だけではなく素材も揃えておくとよりスッキリとしたイメージを与えることができるだろう。

結論

ビジネスシーンとカジュアルシーン、どちらにおいてもスーツを着用する際はベルトが必要不可欠だ。どんな種類のベルトを選ぶかによって、周囲に与える印象をガラリと変えることができる。普段から腰回りのオシャレにも気を遣えば、周囲からのイメージがさらに高くなること間違いなしだ。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ