このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スーツの洗い方は意外と簡単!洗濯機と手洗いの方法をそれぞれ解説

スーツの洗い方は意外と簡単!洗濯機と手洗いの方法をそれぞれ解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月 9日

ビジネスマンたるもの、スーツはいつでも清潔な状態を保っていたいものだ。しかし現実的には汚れやニオイが気になっても、「時間がない」「経済的な負担が大きい」などの理由で、スーツをクリーニングに出せていない方が多いことだろう。そんな方は、是非この機会に自宅でスーツを洗ってみてはいかがだろうか。今回はスーツの洗い方の手順や注意点について解説していこう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 自宅で洗えるスーツとは

自宅で洗えるスーツは一般的にウォッシャブルスーツと呼ばれるものを指す。ウォッシャブルスーツはウールとポリエステルを半々に混紡した素材、もしくは特殊加工を施したウールで作られているスーツで、水洗いできるのが特徴だ。一般的なスーツに比べて縮みや型崩れを起こしにくいので、自宅で気軽に洗うことができる。

ウォッシャブルスーツ以外はタグを確認しよう

ウォッシャブルスーツ以外は素材によって洗えないものもあるため、事前にタグを確認しておくことが必要だ。カシミヤやシルクなど、デリケートな素材で作られているスーツは、自宅で洗うよりもクリーニングに出すほうがおすすめといえるだろう。

デリケートな素材かどうかわからない場合は、タグに記載されている洗濯表示を確認しよう。洗濯表示とは、できる洗い方とできない洗い方が一目で分かるマークのことだ。基本的に水洗い不可のマーク(桶のイラストにバツ印が付いているマーク)が記載されていなければ、ウォッシャブルスーツ以外のスーツでも自宅で洗うことができる。ただし、洗い方によっては型崩れを起こしたり、色が落ちたりしてしまうことがあるので注意が必要だ。

2. スーツを洗濯機で洗う方法

用意するもの

  • おしゃれ着用洗剤(エマール、アクロンなど)
  • 洗濯ネット(大判サイズ)

洗い方の手順

  • スーツのジャケットとパンツを畳む。パンツはファスナー・ホック・ボタンを閉めて2つ折りまたは3つ折りに、ジャケットは畳んだパンツを前身頃に重ねて内側に2つ折りにする。
  • 形を崩さないように注意しながら、スーツを洗濯ネットに入れる。
  • スーツを洗濯機に入れ、手洗いコース(もしくはドライコース・おうちクリーニングコース・ソフトコースなど。メーカーによって異なる。)に設定する。なお、洗うときの水温は40℃以下にしておこう。
  • あとはスタートボタンを押して、洗濯が終われば完了だ。

洗い方のポイントや注意点

ジャケットとパンツは、別々に洗濯していると色の違いが出てくることがあるため、基本的には上下セットで洗うのがポイントだ。1つの洗濯ネットにジャケットとスーツの両方が入らない場合は、別々に分けて入れてもOK。その場合、ジャケットは前身頃に袖を重ねてから内側に折り畳み、スラックスは3つ折りに畳んでそれぞれ洗濯ネットに納めよう。

また、洗濯機でスーツを洗う場合は、脱水時間を最短に設定しておくことも大事なポイントだ。脱水が足りずに水が落ちてくる場合は、乾いたタオルで水分を抜こう。乾燥機は縮みやシワの原因になるため、絶対に使わないように注意してほしい。

3. スーツを手洗いで洗う方法

用意するもの

  • おしゃれ着用洗剤(エマール、アクロンなど)
  • 洗濯桶(大きめのもの)
  • タオル

洗い方の手順

  • ジャケットとパンツのボタンを全て閉め、洗濯桶に入るサイズに畳む。
  • 洗濯桶に40℃以下の水を溜めて、おしゃれ着用洗剤をしっかり溶かす。
  • 洗剤が溶けたらスーツを入れて、形が崩れないように優しく洗う。洗い方は押し洗いのみがおすすめだ。浮かせて落とす作業を繰り返し行おう。
  • 数回押し洗いをしたら、その後10分程、スーツをつけ置きする。
  • 水を何度か替えながらすすぎを行う。このときも洗い方は押し洗いがおすすめだ。洗剤が出てこなくなるまで丁寧にすすいでいこう。
  • すすぎ後は絞らず、タオルドライで水分を抜く。なかなか水分が抜けないときは洗濯機で10秒程脱水をかけてもOKだ。

洗い方のポイントや注意点

手洗いでスーツを洗う際は、ジャケットやパンツをコンパクトに折り畳みすぎないように注意することが大切だ。折り畳みすぎると変なシワが付きやすくなるので、洗濯桶いっぱいになるサイズにふんわりと畳むことを意識しよう。

また、洗濯機で洗うときと同様に、手洗いの場合も上下セットで洗うことと、脱水時間に注意することがポイントだ。特に手洗いは洗濯機を使うときよりも洗ったあとに水がボタボタ落ちてくるので、うっかり絞ってしまわないように注意してほしい。

4. スーツを洗った後の正しい干し方

ジャケットの干し方

ジャケットを干す時は型崩れを防ぐため、専用のハンガーまたは肩の部分に厚みがあるハンガーを使うのがおすすめだ。どちらも持っていない場合は肩部分にタオルを巻いて厚みを出してもいいだろう。ハンガーにジャケットを掛けたら、軽く叩いてシワを伸ばしていこう。

パンツの干し方

パンツは履くときのフォルムで干すと仕上がりがきれいになるため、クリップのついたハンガーで筒干しするのがおすすめだ。干す際は洗濯時に閉めたボタンやファスナーを全て開けて、変なシワがつかないようにしておこう。

ジャケットもパンツも、基本的には風通しのよい日陰に干すのが鉄則だ。生乾きの状態でハンガーから外してしまうと後からニオイが発生する可能性が高いため、完全に乾くまでは別のスーツを着用してほしい。

結論

洗えるスーツの見分け方や正しい洗い方をマスターできれば、いつでも清潔な状態を保てる上に、クリーニング代も浮かすことができて一石二鳥だ。最初はシワや型崩れが心配だが、コツと注意点さえ意識すればキレイに仕上げることができるので、是非挑戦してほしい。
  • 更新日:

    2020年4月 9日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ