このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ネクタイも洗濯できる!?コツを押さえて定期的にお手入れしよう

ネクタイも洗濯できる!?コツを押さえて定期的にお手入れしよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月29日

最近、水洗いができるスーツが人気を集めているが、実はネクタイも素材によっては自宅で洗濯ができるということをご存知だろうか。ネクタイはスーツ以上にシワや型崩れ、毛羽立ちを起こしやすいため、洗濯する際はいくつかのポイントに気をつけなくてはならない。そこで今回は、ネクタイの洗濯で失敗しないためのコツを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗濯できるネクタイとは

ポリエステル素材のネクタイは洗濯可能

洗濯できるネクタイは、素材にポリエステルを使っているものが多く見られる。ポリエステル100%はもちろん、ポリエステルとシルクを混紡して作られているネクタイも、洗えるネクタイとして販売されているようだ。ポリエステルはシワや型崩れの心配が少ない上に、色落ちしにくいという特徴があることから、基本的には水洗いしても問題ないと言える。ただし、洗い方次第では生地を傷めてしまうこともあるため、取扱いには注意が必要だ。

ポリエステル素材のネクタイ以外は洗濯ができない?

洋服の青山で販売されている「NON(ノン) IRONMAX(アイロンマックス)純綿クレリックネクタイ」は、本来水洗いにあまり適していない綿素材で作られているが、自宅で洗濯することができる。なぜなら生地に特殊な加工が施されているからだ。このように、ポリエステルを使っていないネクタイでも、素材によっては自宅で洗える場合があるため、洗濯する際は素材だけではなく、洗濯表示も確認したほうがいい。自宅での洗濯禁止マーク(桶のイラストにバツ印が付いているマーク)が載っていなければ、基本的にはポリエステル以外の素材でも自宅で洗うことができる。

2. ネクタイを洗濯する方法

ネクタイは洗濯機で洗うことも可能だが、どちらかといえば力加減を調整できる手洗いのほうがおすすめといえる。洗濯機でのお手入れは刺激が強く、ネクタイの生地を傷めてしまう可能性が高いので、使わないネクタイなどで試してから実践するのがおすすめだ。

手洗いでネクタイを洗濯する方法

用意するもの

  • おしゃれ着用洗剤(エマールやアクロンなど)
  • 洗面器
  • バスタオル

手順

  • 洗面器に40℃以下のぬるま湯を溜める。
  • ぬるま湯の量に合わせておしゃれ着用洗剤を入れ、しっかりと溶かす。
  • 洗面器に入るサイズにネクタイを畳み、全体を洗剤液に漬けこむ。
  • 5分程つけ置きする。
  • 素材を傷めないように優しく洗う。
  • 洗面器の水を入れ替えて、洗剤が落ちるまでしっかりとネクタイをすすぐ。
  • 洗剤が落ちたら、ネクタイをバスタオルで挟み、優しく脱水をする。
ネクタイを手洗いする際は、最初から最後まで優しく扱うのがポイントだ。洗う時とすすぐ時は叩いたり擦ったりせず、揺さぶるぐらいでOK。また、脱水する時も力を入れず、ソフトに水分を抜いていこう。

洗濯機でネクタイを洗う方法

用意するもの

  • おしゃれ着用洗剤(エマールやアクロンなど)
  • ネクタイ専用の洗濯ネット(なければ小さいサイズの洗濯ネット)

手順

  • 専用の洗濯ネットにネクタイを入れ、洗濯機の中へ入れる。
  • 洗濯機の電源を入れて、ドライモード(または手洗いコース・おうちクリーニングコースなど)を選ぶ。
  • おしゃれ着用洗剤を入れて、スタートボタンを押す。
  • すすぎが終わったら脱水をかけずに洗濯機からネクタイを取り出し、タオルドライで水分を抜く。

3. 洗濯したネクタイを干す方法と洗濯頻度

ネクタイを干す時はシワを無理に伸ばさない

洗濯が終わったら、なるべく風通しのよい日陰でネクタイを乾かそう。ネクタイを乾かす時はシワを無理に伸ばさず、ハンガーに掛けるだけでOK。ある程度乾いたら、その後はアイロンでシワを伸ばしていこう。

ネクタイにアイロンをかける際は当て布を置いて、スチーム機能でシワを伸ばしていくことがポイントだ。特にポリエステル素材は熱に弱く、アイロンを直接当てると生地が溶けてしまうことがあるので注意してほしい。

ネクタイの洗濯頻度は素材や使うペースで異なる

ネクタイは素材によって傷みやすさが違うため、何日に1回のペースで洗濯するのがいいかは特に決まっていない。形状記憶性が高く、丈夫な素材で作られたネクタイなら頻繁に洗っても問題ないが、デリケートな素材で作られたネクタイは3ヵ月に1回程度でいいだろう。

また、洗濯の頻度は同じネクタイをどのぐらいのペースで使うかによっても異なる。毎日同じネクタイを使っている方は毎週末に、週に5本のネクタイをローテーションして使っている方は1ヵ月に1回といったように個人差があるため、自分の使う頻度に合わせて洗濯を行うのがおすすめだ。

結論

ネクタイのクリーニング代の相場は大体500円前後だが、頻繁にクリーニングに出すとなるとやはり経済的な負担が大きい。そのため、水洗いできる素材のネクタイであれば、自宅で洗濯してお手入れを行うのがおすすめだ。ネクタイはスーツと同じぐらい、日々の汚れやニオイが蓄積されやすいので、定期的に洗濯をしてきれいな状態を保っていこう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ